Loading…

聖地巡礼5 『一福 まちなか店』@高松

Posted by Wakky on 18.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 高松市
こんばんは

讃岐うどん旅が楽しい理由のひとつとして
香川県はクルマでの移動が快適なことも一因だと個人的には思うのです
都会ですとどうしても渋滞が激しかったりで、
運転しててもうんざりするのを経験されている方も多いはず
次に行く予定のお店は、香川県の中でも都市部といえる高松市の中心部…
田舎道のようにスイスイと走れる保証もなく、
そんな気はないのですが、どこかに「避けていた」気持ちがあるかもしれません
しかしそんな都市部ですが、今回運転されているえて吉さんに
果敢に攻めることを決意させたお店があるのでした (^^)

IMG20160618001_2017061120355306d.jpg
ことでんの瓦町駅といえば、同社の3線が合流する一大ジャンクション
その瓦町から西に延びる菊池寛通りにある駐車場にクルマを停め
そこから徒歩で向かうことになりました (^^)
しばらく歩いて南新町商店街を南に入ってすぐの場所に

IMG20160618002_20170611203556b97.jpg
目的の『一福』はありました (^^)
このあたりは『さか枝 南新町店』をはじめ、有名うどん店の激戦地になりつつあるのですが
そんな中に『一福』さんは勝機ありとにらんでか、敢えてお店を出されたようです (^^)

IMG20160618003_2017061120355564f.jpg
私は国分寺にある本店のメニューの値段は覚えてないのですが
多説によると、なんでも本店より値段を下げているらしいのですから
その覚悟の大きさが伺えます
ここもセルフ方式ですので順序よくオーダーしていったのですが
幸か不幸か私の前で麺切れとなってしまいました (>_<)
と書くと悲しむ方もいらっしゃるかもしれませんが
ことうどん屋での話となると、これが逆でめちゃくちゃラッキ~♪ 
\(^O^)/
「数分お待ちいただけますか?」と言われたお店のスタッフの顔を見てみると
あれ?国分寺の本店の大将ですやん
「向こうのお店の前を通って来たんですよ」と切り出すと
「午前中はあっちで(明日の)仕込みしてました」とのこと
今日は本店は定休日なのに仕込みでこっちのお店…
明日は逆にこっちは休みで国分寺の本店で…というお話を伺い
「じゃ、いつ休むんですか?」と尋ねると
「私に休みはありません」とのこと
お疲れさまです m(_ _)m
特に自営業の方、身体は資本です。どうぞご自愛ください

IMG20160618004_20170611213827756.jpg
そんなこんなでしばらく会話をしていると
麺が茹で上ったようです
私のオーダーは「ひやかけ」
大将は待たせて申し訳ないと思ってサービスしてくれたのか、
はたまたこれが普通の量なのか「これで小?」と思うほどの大盛り!
他店では大ですやん
しかも今日5軒目で、お腹は臨界(笑)に達しつつあるのです
細いながらもしっかりとコシがある麺は本店ゆずりでさすが♪


(゚Д゚)ウマー!


IMG20160618006_20170611213831c9a.jpg
嫁は「ざる」
麺のエッジやコシはこっちの方がよくわかりますが
量の多さもハッキリわかってしまいました(笑)
でも美味しいなぁ
この辺りは本当に激戦区になりつつありますが
食べる側といたしましては、色々試してみることもできますし
選択肢としては多い方が良いかもしれません
この近所にオフィスがある人が羨ましいと思いながらも帰路につきました


『一福 まちなか店 』
香川県高松市南新町8-3
087-863-6110
10:00~15:00
土曜日定休


これにて今回の讃岐うどん巡礼はおしまいとなりましたが
今回もいろいろと「次は…」と思うような事が重なり、
次回以降の宿題が増えてしまいました 
また行かなあかんなぁ


聖地巡礼4 『純手打ちうどん 山とも』@丸亀

Posted by Wakky on 16.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 丸亀市
こんばんは

3軒目の『山よし』さんで、見事なまでに先入観を打ち砕かれた私でしたが
次なる目的地は丸亀まで移動して『山とも』さんとのこと♪
いつもなら途中のマルナカで買い物をするのですが
この日はスルーとなり

IMG20160616001.jpg
無事に到着~♪
丸亀市の『山とも』さんで、こちらはishさんの
「藤原屋のゲソ天が食べたい~」との希望からチョイスされたもの
初訪問の人もいたようですが、私は2回目になります♪
のれんだけ見れば「もと山」と読めなくもない…っていうか
「もと山」だと思ってらっしゃる人も多いのでは?と思うんですが…

IMG20160616003.jpg
こちらは仲南のやまうちうどんで修行されて独立されたお店、
メニュー表の形はやまうちうどんとウリふたつだ♪

IMG20160616004.jpg
しかし湯だめはなく、カレーやぶっかけ等のメニューがあるようです
私は「ひやあつ」と「しょうゆ」をオーダーいたしましたが
すでにお昼のピークを過ぎた時間でしたので麺がなく
今から茹でますけど時間大丈夫ですか?と尋ねられました
けど全然大丈夫です♪
本日2回目のラッキー \(^O^)/
ちなみに藤原屋さんのゲソ天目当てに行ったishさんでしたが
ほとんど売切れ…
でも最後の方に残っていたのを無事にゲットできたようです (^^)

IMG20160616006.jpg
いつの日にか藤原屋さんへも行ってみねばなるまい…
※藤原屋とは、うどん屋等に天ぷらを卸している天ぷら屋さんで
 ゲソ天が根強い人気を誇る

そんなこんなしている間にうどんが茹で上ったようで呼ばれます

IMG20160616007.jpg
「かけ(ひやあつ)」
私の記憶が確かなら、以前はもう少し太くてネジレも少なかったように思うのですが
こんなんだったっけなぁ?
「やまうち」ご出身とのことですが、なんだか「なかむら」系に近いように思いました
食べてみると、やはり舌がねじれを感じ程よいコシがあのグミ系うどんを彷彿とさせます
ダシは「やまうち」に近いのか、少し強めに塩分を感じさせるのですが
ねじれ麺がこのダシとよく絡んでマッチするのです♪


(゚Д゚)ウマー!


IMG20160616011.jpg
「しょうゆ」
冷たいダシが無い麺ですと、そのねじれ感やグミ感が引き立ちます
こっちの方が好みですねぇ♪
ぶっかけうどんも美味しいかも?

食べながら「やまうちうどん」とは少し違うかなと感じましたが
「やまうち」で修行したからといって必ずしもそれに似せなければならない必要性はなく
独立開業されたのだから独自の方向へ歩み出しても良いと思うのです
今後もいろんな事を試され、さらなる進化を願うばかりです (^^)


『純手打ちうどん 山とも』
香川県丸亀市土器町東9-194
080-1992-3716
9:00~14:00
日曜定休


聖地巡礼3 『山よし』@多度津

Posted by Wakky on 14.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :多度津町 讃岐うどん
こんばんは

琴平で絶品のうどんをいただき、
駐車場まで歩いて戻ってクルマが無事にあることを確認し(笑 ←その場に居た人にしかわかりませんが)
再び走り始めます
今回は仲南の産直市(道の駅)はパスとのことで全員の意見が一致♪
ということで次なる目的地の『山よし』へ向かいます

IMG20170614006.jpg
よく知らない道を走って、案外あっけなく到着しました♪
今回の讃岐うどん巡りに発つ前に、
えて吉さんから訪問店の候補として数店舗リストアップしていただいたんですが
実はその中で一番興味がわかなかったのがこのお店…
理由は、地図やネットで見る限り
「海沿いの工場地域の中にある、普通のセルフ店」
にしか見えませんでしたし…
ネガティブな先入観が私にはあったのでした

IMG20170614002.jpg
ということで、このお店は何がウリなのか?まったく予習ができていませんでした (+_+)
私のいつものパターンですと、「かけ」と「ぶっかけ」
この2つを頼むと温かい麺と冷たい麺の両方を試すことができますので、
それで行こう!と思っていたら

IMG20170614003.jpg
「ひやかけおろし」
しかも「かけ」の¥20アップでおろし(大根おろし)が付いてくるとなりゃ
一気に魅力5倍増です
もうひとつは、他店であまり見ない「温玉しょうゆ」を頼んでみるか…

基本的にセルフの店ですのでオーダーを済ませ、
うどんを受け取り会計をして、薬味を乗せて自席へと向かいます
実はその時に周囲(近所の工場勤務と思われる)の人が食べていた、
ただの「かけうどん」がこの上なく美味しそうに見えてしまったのです

IMG20170614005.jpg
「ひやかけおろし」
このひは暑く、ひやかけに限らず冷たいうどんが欲しくなるような陽気でしたのでピッタリです
また大根おろしは消化を助ける作用があるらしいので、
うどん巡りには最適♪
麺は適度に締まり、重すぎないコシがあって


(゚Д゚)ウマー!


ムッチムチのうどんでしたぞ (^^)
これは旨い!

IMG20170614004.jpg
「温玉しょうゆ」
しょうゆうどんに温泉玉子を乗せてあるのです
実は私、うどんに玉子を乗せる時は釜あげ麺に限り、
俗にいう「釜玉」でしか食べないので冷たい麺+玉子は初めてですが
モチモチの麺に適度なコシと相まってなかなか美味しいやないの♪


(゚Д゚)ウマー!


おそらくガイドブックにも載ってないでしょうし
ネット上でも(たぶん)超人気店でもない同店ですが
それでもこの美味しさったら、讃岐うどん界の裾野の広さに加え奥行の深さを改めて実感♪
その実力や恐るべし!と思いながらズルズルといただきました (^^)
でも天かすもかなり美味しそうだったし温かい「かけ」、食べてみたいなぁ


『山よし 』
香川県仲多度郡多度津町西港町69
0877-32-0511
平 日 6:00~15:00
土日祝 10:00~15:00
年中無休

聖地巡礼2 『こんぴらうどん 工場併設店』@琴平

Posted by Wakky on 12.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 琴平町
こんばんは

『須崎食料品店』で素晴らしいうどんをいただいた私たちは
琴平町へと向かいました
普段なら参拝客で混雑する琴平町内を避けるように移動するのですが
今回は駅前の町営駐車場にクルマを置き、徒歩で向かうことになりました (^^)

IMG20160612009.jpg
ええ景色ですなぁ♪
今から行くお店は、琴平と言っても参道とか観光地ゾーンではなく
住宅街の真ん中にあるようで、えて吉さんの大きなクルマで行って
もし停めるスペースがなかったら困るのでこういう措置となったのですが、歩くのも良いもんですよ♪
しかし路地に半ば迷いながら(笑)、それでも徒歩ならではの機動力(小回り)を最大限生かして

IMG20160612003.jpg
到着~♪
駐車場、ありましたね(爆)
でもこの前の道はメンバーの誰も通ったことが無いので、
来てみるまでは状況がわからなかったのです
次からは大丈夫です♪

IMG20160612007.jpg
工場併設店という店名から想像するに、
もっと騒がしく、機械が動いている側で食べるのかな?と思っていたのですが
案外普通のセルフっぽいです
それでも奥の広いスペースでは、さぞたくさんのうどんが作られるんだろうなと思わせる施設でした (^^)
行った時は製造もほぼ終わりなのか、のんびりとしたムードが漂っていました

IMG20160612004.jpg
さすが工場ならではの価格帯ですね
昔は1玉¥100かそれ以下みたいなのも讃岐うどんの魅力でしたが
原材料の値上げ等で今では¥200くらいになってしまっています
(それでも安いのですが)
ここでは「かけ 大」を頼んでも¥220!しょうゆ大なら¥200!
丸亀製麺の並より安いんですから安いですよねぇ (^^)

IMG20160612005.jpg
「しょうゆ 小」
工場ならではの新鮮さを味わうならコレだろうと思ってオーダー♪
コシは固すぎず柔らかすぎずでちょうど良い塩梅♪


(゚Д゚)ウマー!


やっぱり麺、美味いなぁ♪
やっぱうどんは麺だなと思いながらも「かけ」も食べてみたんです

IMG20160612006.jpg
「かけ 小」
このお店(工場)はたしかに麺を製造販売されていますが
ダシはそれほど本気で作っているワケではないだろうと勝手に思ってたら
このダシが予想外の美味しさで、麺と見事にマッチ☆


(゚Д゚)ウマー!



これが予想外の美味しさでビックリ (゚o゚)
琴平とはいえ、観光客なぞまず来ない場所での営業だけあって
毎日食べても飽きない麺&ダシの美味しさに脱帽です


『こんぴらうどん 工場併設店』
香川県仲多度郡琴平町680
0877-73-3128
平 日  8:00~17:00
土日休 7:30~17:00
火曜日定休

聖地巡礼1 『須崎食料品店』@三豊市

Posted by Wakky on 10.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 三豊市
こんばんは

うどんツアーをご一緒する機会が多いishさんから
「久しぶりに行きませんか?」というありがたいお誘いを頂戴し、
日程を調整した結果、某金曜日に行くことになりました (^^)
メンバーはいつものとおりのishさんにクルマを出してくれたえて吉さん、
そしてmyblackmamaさんに私たち夫婦という陣容♪
行程はえて吉さんが組んでくれるのですが、事前に希望を伝えておくと
ある程度は聞いてくれるとのこと
私も事前に要望を伝え
当日の朝、兵庫駅付近に集合し、いざ讃岐へ!
(途中の写真がないなぁと帰ってから気付く orz)

クルマは快調に走り、三豊鳥坂ICで降りて怪しい道を走ります
カーナビによっては国道へ出るよう案内する機種もあるようですが
幸いにもえて吉さんのクルマは最短(と思われる)ルートを通って…

IMG20170610001.jpg
私の希望だった『須崎食料品店』、
来るのは久しぶりです
土日にはかなり行列しているという話ですが
平日ですと余裕ですね☆
どう見ても田舎のよろず屋のような外観は変化ないように思いますが
「すざき」とガラスに貼られた紙が目新しいです(笑)
到着後、みんな思い思いに写真をパチパチ撮っていたらお店の方が
「食べられますか?ならちょうど今茹で上がりましたよ~♪」と声をかけてくださいました♪
到着早々、茹でたてが食べられるとは今日はツイているのでしょうか (^^)

IMG20170610002.jpg
この付近も物置のようだったと思うのですが、薬味&玉子置きになっていました
さらに奥へ進んでオーダーです

IMG20170610007.jpg
「熱い」+玉子=釜たまうどんに「冷たい」のをいただきました
最近細い麺が多くなってきたなと感じている私ですが
久しぶりに見るふっというどん♪
しかも茹でたてですのでエッジもシャープですね☆
釜玉の方の麺も熱いはずなんですが崩れていません
食べてみると、小麦の香りがホワンとして、うどん本来の美味しさが広がります


(゚Д゚)ウマー!


口の中で暴れるうどんは久しぶりです (^^)
うどんのコシ=固いものと思われている方も少なくないと思われますが
固いだけがコシではないというのがここのうどんを食べればハッキリします♪
とにかく旨い! \(^O^)/
個人的にはS級だな

IMG20170610009.jpg
向かいにあった倉庫(?)は新しくなったような気がします
現代風になったかな?

IMG20170610008.jpg
でもここではこういう光景がお似合いのように思います
いつまでも残したい、残って欲しいお店です (^^)


『須崎食料品店』
香川県三豊市高瀬町上麻3778
0875-74-6245
9:00~11:30頃(麺切れ終了)
水曜日はうどんは休み

『田舎そば みゆき食堂』@南京町

Posted by Wakky on 07.2017 そば   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

平日のある日、仕事が終わってから人と会うことになったのですが
ガッツリ飲む予定でもないし、軽~く夕食かな?と思って
それなりのお店をリストアップして定休日や営業時間もキッチリ調べ
「よっしゃ、すべてOK!」となってその人を案内して行ってみたら臨時休業だったという
まるでマテオがサヨナラヒットを打たれて逆転負けしたような悪夢の夕方、
すがるような思いで行ったのが

IMG20170607008.jpg
南京町にある『みゆき』さん♪
お昼には何度か伺ったことがあり、いつも賑わっていますが、
夕方は初めてです

IMG20170607001.jpg

IMG20170607002.jpg
中華街で有名な南京町にありますが、純和風のうどん・そば屋さん♪
この辺りは会社も多く、そこで働くサラリーマンやOLさんの要望に応えるべく
用意されたこの豊富なメニューには頭が下がります

IMG20170607003.jpg
「いらっしゃいませ♪何にしなすか~?」と店員さんがお茶を持ってきてくれたのですが
こっちは約束の時間に間に合わせようと必死で仕事したものですから
喉か乾いてるんです
ということで「生ビールと板わさ♪」
実は他人が食べているのはよく見ますが自分で頼むのは初めて♪
なかなか美味しいものですね☆

IMG20170607004.jpg
「あ、もろきゅうも追加でお願いしま~す」
私たちが飲むモードになったなと察した店員さん、
「お茶は食事の時でよろしいですね?その時に新しいのを入れますから」
と一旦さげてくれたのは嬉しい配慮でした (^^)
そんなこんなで用件も終わり、食事モードに突入♪

IMG20170607005.jpg
私は壁の貼り紙に書いてあった「すきやき丼セット」を温かいそばで♪
素のそばかな?と思っていたらアゲが乗った「たぬき」でした (^^)
またすきやき丼は、私が作るのはもっと味が濃いのでその味を想像していましたが
さすがに飲食店でそれをやると苦情を言われるかもしれませんので
絶妙の味付け♪


(゚Д゚)ウマー!


味付けってこれくらいのレベルで良いのかもしれないなと勉強♪

IMG20170607007.jpg
嫁は「雪わり」という、大根おろしやイクラが乗った豪華な一品♪
ぶっかけスタイルでいただくのですが、美味しかったようです (^^)

さすがに夕方は昼間ほど混雑していませんでしたが
お昼の混雑を知っている私は、のんびり過ごせてよかったです (^^)
蕎麦というのは高級店で背筋を伸ばして食べるだけではなく
(当たり前のことですが)こういう庶民的なものもあるんだなと再認識♪
用事も無事に終わって何よりな夕方でした (^^)


『田舎そば みゆき』
神戸市中央区栄町通2-10-10 第一防災ビル
078-331-5952
11:00~20:30
年中無休

広東料理『林仔』@舞子

Posted by Wakky on 03.2017 中華   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市垂水区
こんばんは

もうかなり前になるのですが
たしか舞子の方でリーズナブルで美味しい中華料理を食べたような記憶があるのですが
詳細はほとんど覚えていないのです (>_<)アチャー
でも思い出せないままなのも気持ち悪いので、
再度行って確かめることにしたんです (^^)

IMG20170603002.jpg
場所は舞子のダイエーの少し北にあり
お店の正面に駐車場が5台分くらいあります♪

IMG20170603004.jpg
少し小さいですが、ランチメニューです
Bセットの内容が
・スープ
・揚げ物
・14種類から選べるメインの料理
・ライスor中華粥
・ザーサイ
・デザート
という内容で¥756、
Aセットはさらに
・オードブル
・蒸し物
が付いて¥950という内容です (^^)
あとは海鮮あんかけ焼きそばや海鮮あんかけライス(共に¥756)があるようです
私たちはAセットとBセットをひとつづつオーダーしてみました♪

IMG20170603003.jpg
これはAセットの、左上から時計まわりに蒸し物、揚げ物、お粥、ザーサイ、オードブルです
どれも少量ずつですので色んな料理を楽しめます (^^)
私はお粥でオーダーしたんですが、白米ももちろん可
しかもどちらもおかわりOKという太っ腹さが嬉しい (^^)

IMG20170603008.jpg
「スープ」
くどい味ではないのですが、水くさくもない絶妙の味♪
個人的には高得点だ \(^O^)/

IMG20170603007.jpg
メインの「酢豚」
HPによるとシェフはポートピアホテルの開業から10年間修業されたらしく
このあたりの料理は本当にソツが無いというか非がない


(゚Д゚)ウマー!


IMG20170603006.jpg
嫁は「五目野菜炒め」をオーダーしてました 
色んな野菜が彩りも華やかに盛られていて美味しそ~♪
ホテル出身というだけあって、本当にソツがなく
ひとつひとつの料理のレベルが高いように感じました
奇をてらっりインパクトのある…とは無縁のような
高いレベルで基本に忠実な料理だなと思います
それがランチとはいえこの値段でいただけることに感謝♪
あ~、満足♪

IMG20170603009.jpg
さ、帰ろうかなと思っていたら
杏仁豆腐のデザートがあるのを忘れていました(汗)
これも美味いっ!
この料理でデザートまで付いて¥1,000以下で食べられるのは幸せ♪
また来たいなと思います (^^)


『広東料理 林仔(ラムチャイ)』
神戸市垂水区西舞子2-12-54 フォーエバー林1F
078-781-3963
11:30~14:30
17:30~20:30
火曜日定休

  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR