Loading…

聖地巡礼2 『こんぴらうどん 工場併設店』@琴平

Posted by Wakky on 12.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 琴平町
こんばんは

『須崎食料品店』で素晴らしいうどんをいただいた私たちは
琴平町へと向かいました
普段なら参拝客で混雑する琴平町内を避けるように移動するのですが
今回は駅前の町営駐車場にクルマを置き、徒歩で向かうことになりました (^^)

IMG20160612009.jpg
ええ景色ですなぁ♪
今から行くお店は、琴平と言っても参道とか観光地ゾーンではなく
住宅街の真ん中にあるようで、えて吉さんの大きなクルマで行って
もし停めるスペースがなかったら困るのでこういう措置となったのですが、歩くのも良いもんですよ♪
しかし路地に半ば迷いながら(笑)、それでも徒歩ならではの機動力(小回り)を最大限生かして

IMG20160612003.jpg
到着~♪
駐車場、ありましたね(爆)
でもこの前の道はメンバーの誰も通ったことが無いので、
来てみるまでは状況がわからなかったのです
次からは大丈夫です♪

IMG20160612007.jpg
工場併設店という店名から想像するに、
もっと騒がしく、機械が動いている側で食べるのかな?と思っていたのですが
案外普通のセルフっぽいです
それでも奥の広いスペースでは、さぞたくさんのうどんが作られるんだろうなと思わせる施設でした (^^)
行った時は製造もほぼ終わりなのか、のんびりとしたムードが漂っていました

IMG20160612004.jpg
さすが工場ならではの価格帯ですね
昔は1玉¥100かそれ以下みたいなのも讃岐うどんの魅力でしたが
原材料の値上げ等で今では¥200くらいになってしまっています
(それでも安いのですが)
ここでは「かけ 大」を頼んでも¥220!しょうゆ大なら¥200!
丸亀製麺の並より安いんですから安いですよねぇ (^^)

IMG20160612005.jpg
「しょうゆ 小」
工場ならではの新鮮さを味わうならコレだろうと思ってオーダー♪
コシは固すぎず柔らかすぎずでちょうど良い塩梅♪


(゚Д゚)ウマー!


やっぱり麺、美味いなぁ♪
やっぱうどんは麺だなと思いながらも「かけ」も食べてみたんです

IMG20160612006.jpg
「かけ 小」
このお店(工場)はたしかに麺を製造販売されていますが
ダシはそれほど本気で作っているワケではないだろうと勝手に思ってたら
このダシが予想外の美味しさで、麺と見事にマッチ☆


(゚Д゚)ウマー!



これが予想外の美味しさでビックリ (゚o゚)
琴平とはいえ、観光客なぞまず来ない場所での営業だけあって
毎日食べても飽きない麺&ダシの美味しさに脱帽です


『こんぴらうどん 工場併設店』
香川県仲多度郡琴平町680
0877-73-3128
平 日  8:00~17:00
土日休 7:30~17:00
火曜日定休

聖地巡礼1 『須崎食料品店』@三豊市

Posted by Wakky on 10.2017 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 三豊市
こんばんは

うどんツアーをご一緒する機会が多いishさんから
「久しぶりに行きませんか?」というありがたいお誘いを頂戴し、
日程を調整した結果、某金曜日に行くことになりました (^^)
メンバーはいつものとおりのishさんにクルマを出してくれたえて吉さん、
そしてmyblackmamaさんに私たち夫婦という陣容♪
行程はえて吉さんが組んでくれるのですが、事前に希望を伝えておくと
ある程度は聞いてくれるとのこと
私も事前に要望を伝え
当日の朝、兵庫駅付近に集合し、いざ讃岐へ!
(途中の写真がないなぁと帰ってから気付く orz)

クルマは快調に走り、三豊鳥坂ICで降りて怪しい道を走ります
カーナビによっては国道へ出るよう案内する機種もあるようですが
幸いにもえて吉さんのクルマは最短(と思われる)ルートを通って…

IMG20170610001.jpg
私の希望だった『須崎食料品店』、
来るのは久しぶりです
土日にはかなり行列しているという話ですが
平日ですと余裕ですね☆
どう見ても田舎のよろず屋のような外観は変化ないように思いますが
「すざき」とガラスに貼られた紙が目新しいです(笑)
到着後、みんな思い思いに写真をパチパチ撮っていたらお店の方が
「食べられますか?ならちょうど今茹で上がりましたよ~♪」と声をかけてくださいました♪
到着早々、茹でたてが食べられるとは今日はツイているのでしょうか (^^)

IMG20170610002.jpg
この付近も物置のようだったと思うのですが、薬味&玉子置きになっていました
さらに奥へ進んでオーダーです

IMG20170610007.jpg
「熱い」+玉子=釜たまうどんに「冷たい」のをいただきました
最近細い麺が多くなってきたなと感じている私ですが
久しぶりに見るふっというどん♪
しかも茹でたてですのでエッジもシャープですね☆
釜玉の方の麺も熱いはずなんですが崩れていません
食べてみると、小麦の香りがホワンとして、うどん本来の美味しさが広がります


(゚Д゚)ウマー!


口の中で暴れるうどんは久しぶりです (^^)
うどんのコシ=固いものと思われている方も少なくないと思われますが
固いだけがコシではないというのがここのうどんを食べればハッキリします♪
とにかく旨い! \(^O^)/
個人的にはS級だな

IMG20170610009.jpg
向かいにあった倉庫(?)は新しくなったような気がします
現代風になったかな?

IMG20170610008.jpg
でもここではこういう光景がお似合いのように思います
いつまでも残したい、残って欲しいお店です (^^)


『須崎食料品店』
香川県三豊市高瀬町上麻3778
0875-74-6245
9:00~11:30頃(麺切れ終了)
水曜日はうどんは休み

『田舎そば みゆき食堂』@南京町

Posted by Wakky on 07.2017 そば   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

平日のある日、仕事が終わってから人と会うことになったのですが
ガッツリ飲む予定でもないし、軽~く夕食かな?と思って
それなりのお店をリストアップして定休日や営業時間もキッチリ調べ
「よっしゃ、すべてOK!」となってその人を案内して行ってみたら臨時休業だったという
まるでマテオがサヨナラヒットを打たれて逆転負けしたような悪夢の夕方、
すがるような思いで行ったのが

IMG20170607008.jpg
南京町にある『みゆき』さん♪
お昼には何度か伺ったことがあり、いつも賑わっていますが、
夕方は初めてです

IMG20170607001.jpg

IMG20170607002.jpg
中華街で有名な南京町にありますが、純和風のうどん・そば屋さん♪
この辺りは会社も多く、そこで働くサラリーマンやOLさんの要望に応えるべく
用意されたこの豊富なメニューには頭が下がります

IMG20170607003.jpg
「いらっしゃいませ♪何にしなすか~?」と店員さんがお茶を持ってきてくれたのですが
こっちは約束の時間に間に合わせようと必死で仕事したものですから
喉か乾いてるんです
ということで「生ビールと板わさ♪」
実は他人が食べているのはよく見ますが自分で頼むのは初めて♪
なかなか美味しいものですね☆

IMG20170607004.jpg
「あ、もろきゅうも追加でお願いしま~す」
私たちが飲むモードになったなと察した店員さん、
「お茶は食事の時でよろしいですね?その時に新しいのを入れますから」
と一旦さげてくれたのは嬉しい配慮でした (^^)
そんなこんなで用件も終わり、食事モードに突入♪

IMG20170607005.jpg
私は壁の貼り紙に書いてあった「すきやき丼セット」を温かいそばで♪
素のそばかな?と思っていたらアゲが乗った「たぬき」でした (^^)
またすきやき丼は、私が作るのはもっと味が濃いのでその味を想像していましたが
さすがに飲食店でそれをやると苦情を言われるかもしれませんので
絶妙の味付け♪


(゚Д゚)ウマー!


味付けってこれくらいのレベルで良いのかもしれないなと勉強♪

IMG20170607007.jpg
嫁は「雪わり」という、大根おろしやイクラが乗った豪華な一品♪
ぶっかけスタイルでいただくのですが、美味しかったようです (^^)

さすがに夕方は昼間ほど混雑していませんでしたが
お昼の混雑を知っている私は、のんびり過ごせてよかったです (^^)
蕎麦というのは高級店で背筋を伸ばして食べるだけではなく
(当たり前のことですが)こういう庶民的なものもあるんだなと再認識♪
用事も無事に終わって何よりな夕方でした (^^)


『田舎そば みゆき』
神戸市中央区栄町通2-10-10 第一防災ビル
078-331-5952
11:00~20:30
年中無休

広東料理『林仔』@舞子

Posted by Wakky on 03.2017 中華   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市垂水区
こんばんは

もうかなり前になるのですが
たしか舞子の方でリーズナブルで美味しい中華料理を食べたような記憶があるのですが
詳細はほとんど覚えていないのです (>_<)アチャー
でも思い出せないままなのも気持ち悪いので、
再度行って確かめることにしたんです (^^)

IMG20170603002.jpg
場所は舞子のダイエーの少し北にあり
お店の正面に駐車場が5台分くらいあります♪

IMG20170603004.jpg
少し小さいですが、ランチメニューです
Bセットの内容が
・スープ
・揚げ物
・14種類から選べるメインの料理
・ライスor中華粥
・ザーサイ
・デザート
という内容で¥756、
Aセットはさらに
・オードブル
・蒸し物
が付いて¥950という内容です (^^)
あとは海鮮あんかけ焼きそばや海鮮あんかけライス(共に¥756)があるようです
私たちはAセットとBセットをひとつづつオーダーしてみました♪

IMG20170603003.jpg
これはAセットの、左上から時計まわりに蒸し物、揚げ物、お粥、ザーサイ、オードブルです
どれも少量ずつですので色んな料理を楽しめます (^^)
私はお粥でオーダーしたんですが、白米ももちろん可
しかもどちらもおかわりOKという太っ腹さが嬉しい (^^)

IMG20170603008.jpg
「スープ」
くどい味ではないのですが、水くさくもない絶妙の味♪
個人的には高得点だ \(^O^)/

IMG20170603007.jpg
メインの「酢豚」
HPによるとシェフはポートピアホテルの開業から10年間修業されたらしく
このあたりの料理は本当にソツが無いというか非がない


(゚Д゚)ウマー!


IMG20170603006.jpg
嫁は「五目野菜炒め」をオーダーしてました 
色んな野菜が彩りも華やかに盛られていて美味しそ~♪
ホテル出身というだけあって、本当にソツがなく
ひとつひとつの料理のレベルが高いように感じました
奇をてらっりインパクトのある…とは無縁のような
高いレベルで基本に忠実な料理だなと思います
それがランチとはいえこの値段でいただけることに感謝♪
あ~、満足♪

IMG20170603009.jpg
さ、帰ろうかなと思っていたら
杏仁豆腐のデザートがあるのを忘れていました(汗)
これも美味いっ!
この料理でデザートまで付いて¥1,000以下で食べられるのは幸せ♪
また来たいなと思います (^^)


『広東料理 林仔(ラムチャイ)』
神戸市垂水区西舞子2-12-54 フォーエバー林1F
078-781-3963
11:30~14:30
17:30~20:30
火曜日定休

熟成十割そばと土鍋ごはん 『あずみの庵』@玉津

Posted by Wakky on 31.2017 そば   0 comments   0 trackback
こんばんは

十割そばというとその名のとおり
つなぎ(小麦粉)を使用せず純粋に蕎麦粉だけで打った蕎麦のことを指すのですが
食べると二八と比べて香りは豊かなのですが、
そのぶんなかなか良い値段だったりします
なかなか給料前には食せない(笑)十割そばですが
玉津の方にリーズナブルなお店があるようです
その店名には
「十割熟成そばと土鍋ごはん」とありますが、熟成そばとは?
という疑問もわいてきましたので、行ってみることにしたんです

IMG20170531011.jpg
場所は『和食 さと』の少し北の国道175号の神戸信用金庫から西へ入ったところ…
店の前には簡単に到着できるのですが

IMG20170531007.jpg
駐車場が点在しているので、どこが空いているのかわからん orz
お店の方に断りを入れて、店の前に停めさせてもらってる人もいたし…
この辺りはコインパーキングも少ない(っていうか無い?!)ので
駐車に苦労されてる人もいました (^^;)

ようやくクルマを停めて店に着くと、すでに行列 orz
地元ではすでに有名なようです
私たちも列に並び、ようやく順番がまわってきました♪

IMG20170531001.jpg
「熟成十割そば ¥650」
税別とはいえ、十割そばがこの値段なのは軽いショックです(笑)

IMG20170531004.jpg

IMG20170531005.jpg

IMG20170531006.jpg
セット(定食)物も充実しています
この中から私は「熟成十割そばとオレンジ有精卵のトロトロ親子丼セット」を大盛で、
嫁は「熟成十割冷製おろしそば」をオーダーです (^^)

IMG20170531008.jpg
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!
なるほど、玉子の黄身の黄色さが際立っていますね
気になっていた熟成そばですが
二種類の蕎麦を独自の配合でブレンドし
打った蕎麦を低温で保存(熟成)しているのでしょうか?
このあたりは牛肉と同じみたいですね☆
さて、その蕎麦は熟成のせいなのかどうかはハッキリわかりませんが
蕎麦の香り、食感ともに


(゚Д゚)ウマー!


だたボリューム的にかなり上品(笑)で、大盛でも写真の量…
そばツユの他に岩塩等で食べられるようにと出してくれていますが
ワサビのみ、岩塩、そばツユで食べるともう麺が無い…(苦笑)
このあたりに低価格で提供できる秘訣があるのかな?と感じました (^^)

IMG20170531009.jpg
嫁のおろしそば
カツオブシの香りが際立ちます♪
大根おろしは辛味大根ではないようでしたので、
鼻を殴られたような強烈な辛さ(笑)は感じませんでした
でも美味しいです♪ (^^) 


『土鍋ごはんと熟成十割そば あずみの庵』
神戸市西区王塚台7-82 クローバーズマンション店舗102
050-5592-4178 (予約専用番号)
078-915-7224 (お問い合わせ専用番号)
11:30~15:00(LO)
17:00~22:00(LO)
水曜日と第一火曜日定休

尾張~美濃の旅 2

Posted by Wakky on 28.2017 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

疲れていたせいかいつの間にか眠ってしまい、気がついたら朝でした

IMG20170519035.jpg
この日も良い天気との予報です (^^)
ただ天気が良すぎて暑くなりそうなので熱中症に気をつけよとテレビで言ってました
シャワーを浴びて朝食を食べに行くことにします♪

IMG20170519039.jpg
ホテルでの朝食ですので、当然のようにビュッフェ形式ですが
このホテルの朝食は

IMG20170519040.jpg
「名古屋めしコーナー」というのがあり、
きしめんやひつまぶし、小倉あんトースト等のご当地グルメがあるのが
旅行者には嬉しいですね☆

IMG20170519038.jpg
私もきしめんやひつまぶし・ミソカツを取り、さらに好きなおかずを取るとご覧のありさま (゚o゚)
実はボリューム的には昼ごはんより多いのではないでしょうか? (^^;)
個人的にはグレープフルーツジュースが美味しかった♪

IMG20170519041.jpg
出発までに腹ごなしを兼ねて近所を散歩してみます
近所にスーパーがあり、地元でしか売ってないようなものを見たかったのですが
残念ながらまだ営業時間前でした (+_+)
そして名残惜しいのですがホテルを出発、
この日の最初の目的地へ向かいます

IMG20170519125.jpg
写真だけでは何のこっちゃわかりませんが、ここはトヨタ博物館です
トヨタ車に限らず、歴史的に価値あるクルマを展示してあり
私もだいぶ前に来たきりで久しぶりの訪問です (^^)

※ここから長くなります、ゴメンナサイ

IMG20170519126.jpg
私が幼いころは、まだこんなボンネットバスがかろうじて残っていました
車掌さんも乗っており、手動でドアを開け閉めしたり料金の収受を行なっていました
バスを降りる時は車掌さんに「降ります」と言わないと通過されてしまいます
私も何度か経験があり、次のバス亭からトボトボ引き返した記憶があります(笑)
若い方には信じられないかもしれませんね

IMG20170519127.jpg
もちろん冷房なんて無い時代で床は木製、
車内は向い合せのロングシートです
たぶんサスペンションは板バネだったでしょうから、よく揺れたものです

IMG20170519044.jpg
受付でチケットを買い求めて館内へ入ると
まず出迎えてくれたのが「1936年製 トヨダAA型」
トヨタ自動車(乗用車)の始祖ともいえるモデルで
まだ「トヨタ」ではなく「トヨダ」と「タ」の発音が濁る頃のモデルです

IMG20170519048.jpg
「1910年製ロールスロイス シルバーゴースト」
さすがにロールスロイスは昔から豪華なクルマですね

IMG20170519049.jpg
「1909年製 T型フォード」
初めてクルマを「量産する」ことに成功したクルマで
なんと1,500万台も生産されたらしいです (゚o゚)

IMG20170519050.jpg
「1931年製 キャデラック」
このクルマに限らず、多くのクラッシックカーのサイドステップあたりに
小箱や引き出しが付いているのに気付いたんですが

IMG20170519051.jpg
何を入れていたんだろう???

IMG20170519052.jpg
「1926年製 ブガッティ」

IMG20170519053.jpg
「1922年製 モーガンエアロ」
バイク用のエンジンをボディ最前部に搭載した3輪車で、
チェーンを介して後輪を駆動するというバイクとクルマのあいのこみたいな乗り物で
個性のかたまりです (゚o゚)
が、ボンネット内には何が入ってるんだ???

IMG20170519059.jpg
「1937年製 ロールスロイス ファンタムⅲ」
なんとも巨大で圧倒的な存在感を誇るクルマでした

IMG20170519060.jpg
「1939年製 パッカード トゥエルヴ ルーズヴェルト専用車」
なんと大統領専用車そのものなんだそうで
防弾ガラスや各部の補強は装甲車並なんだそうです

IMG20170519067.jpg
「1955年製 メルセデスベンツ 300SL」
あの力道山や石原裕次郎も所有していたらしい、当時のスーパースポーツクーペ
ドアの開き方が珍しいですね

IMG20170519071.jpg
私が一番面白いなと思った「1959年製 キャデラック エルドラド  ビアリッツ」
6mに迫ろうかという長いボディに対して前のドアしかない2ドア(笑)
そしてなんと言っても特徴的なのが

IMG20170519072.jpg
この時代にアメリカで流行ったテールフィン
おそらくロケットを連想させる意図だったんでしょうけど、今となっては…(笑)
しかもプラスチックのエンピツの芯状のもの(ウインカー?)や
巨大なメッキバンパーに組み込まれたテールランプ
遊園地の乗り物のようですが、こんなのが実際に走っていたとは信じがたい

IMG20170519073.jpg
フロントだって4灯ヘッドライトの下に同数のフォグランプ(?)
(ウィンカーかコーナーリングランプかもしれません)
上下二段に分かれたラジエーターグリル
こういうクルマを設計、作成→販売したその意図に脱帽です

IMG20170519077.jpg
「1955年製 メッサーシュミット」
バイクのように前後に2人乗るタイプ

IMG20170519078.jpg
「1959年製 BMWイセッタ」
このクルマのドアは横になく前面がドアになるという珍しさ (゚o゚)
これも三輪車でバイク用のエンジンで走ります
(四輪車もあったようです)
ちなみに当時のBMWは経営が苦しかったそうですが
このクルマのヒットで以降は良いクルマを開発できるようになったらしいです

IMG20170519082.jpg
「1963年製 トヨペットクラウン」
この型のクラウン、高松の某うどん店の近所に放置してあるの見たぞ
拾いに行こうか(笑)

IMG20170519086.jpg
そしていよいよレジェンド2台の登場ですね

IMG20170519088.jpg
「1968年製 トヨタ2000GT」
言わずと知れた名車トヨタ2000GT
まだ日本の自動車がヨチヨチ歩きで、走るのがやっとの時代に
本気で世界に立ち向かうために作成されたクルマ
生産台数わずか337台で現存する個体はもっと少ないはず
ということで今や1億円でも買えないかもしれません
もっとも当時でも大卒初任給の約100か月分という高価なクルマでしたが

IMG20170519087.jpg
「1965年製 トヨタ スポーツ800」
こちらは2000GTと違って大衆車のパブリカをベースにスポーツカーにしたもの
軽量でよく走ったそうです (^^)

IMG20170519097.jpg
「1979年製 フェラーリ512BB」
有名なスーパーカーですよね
でもね

IMG20170519099.jpg
装着してあるタイヤのサイズが215/70VR15と案外おとなしいんです(笑)
これだけの大パワー車で70扁平って…
時代なんでしょうねぇ
今では軽四でももっとペッタンコのタイヤですし、
タイヤだけなら我が家のクルマの勝ちだ(笑)←だからどうだってんだ

IMG20170519100.jpg
「1984年製 マツダ ファミリア」
これ、私もかつて所有してました (^^)
一時は猫も杓子も…みたいな感じで大ヒットしたクルマですよねぇ

IMG20170519103.jpg
「1981年製 アウディ クワトロ」
当時の四輪駆動車は悪路か雪道で使用というのが半ば常識だったのですが
乾いたオンロードや高速道路でも安定してめっぽう速い!というのを証明したクルマです
したがってラリーで強かったですねぇ

IMG20170519102.jpg
「1981年製 トヨタ ソアラ2800GT」
当時の最高級グランツーリスモで憧れましたねぇ
2800ccのツインカムエンジン、デジタルメーター等
時代の最先端をいってたクルマでした (^^)

今までみて回ったのが本館で、そこから新館に移動してみると

IMG20170519106.jpg
アンビリーバボゥーな光景が飛び込んできました!
あのトヨタ2000GTが4台も並んでいます! (゚o゚)

IMG20170519109.jpg
これはマイナーチェンジ前のオリジナルデザイン

IMG20170519108.jpg
こちらはマイナーチェンジ後のモデルで
ヘッドライト(正確にはフォグライトで、リトラクタブルのライトがヘッドライトになる)の枠と
ラジエーターグリルのラインが一直線になっていますね

IMG20170519110.jpg
映画007シリーズに使用された「ボンド・カー」
屋根はオープンでワイヤーホイールが特徴です

IMG20170519111.jpg
いろんな世界記録に挑戦したクルマ
これだけの2000GTを一度に見れたなんて感激です (T_T)

いや~、堪能いたしました
興味のない方には苦痛だったかもしれませんね
そんなワケで博物館見学は終わり、そろそろお昼前なんですが
前日渋滞してて食べに行けなかったお店へ行くことになりました
この日は空いてる高速道路を飛ばして着いたのは

IMG20170519150.jpg
JR中央本線・多治見駅近くにある『信濃屋』さんというお店です
とっても歴史を感じさせる建物です
まだお昼前なのに行列ができていますね

IMG20170519134.jpg
駐車場は2か所あります
店舗がある建物の線路よりに4台分、
お店の西にある「天の湯」の表示があるマンションのさらに西に9台だったと思います

IMG20170519136.jpg
お店のキャパが小さいのか、なかなか列が進みません
暑い日の行列はなかなかツライものがありますが
近所の自販機で冷たいドリンクを買って、耐えて並びます
しかしようやく順番が回ってきました \(^O^)/

IMG20170519146.jpg
メニューはこの3種類だけ
っていうか、何て書いてあるのか読めませんがな(笑)
右から
「香露(ころ)うどん」(冷たいうどん)
「香露(ころ)かけ」(温かいうどん)
「支那そば」
なんだと思うんですが、せっかく来たし次いつ来れるかわかりませんので
全部いっときましょう(笑)

IMG20170519141.jpg
「ころうどん」
冷たいうどんなんですが、このダシの色からしてさぞ醤油辛いんだろうなぁと思われるでしょ?
ところがそうでもないんです (゚o゚)
たしかに醤油味なんですが、全然くどくなく全部飲み干せるんですから不思議~
麺は長時間茹でるんだそうで、コシを求めるのなら絶望的
でもこれ


(゚Д゚)ウマー!


IMG20170519138.jpg
「ころかけ」
麺のコシのことは言うまい
口の中に入れると、舌と上あごだけでじゅうぶん食べられるレベルですが
麺自体に味があるのだろうか?
それともふやけたような麺がこの濃い出汁を吸うのだろうか
讃岐うどんとは似ても似つかないうどんですが
これまはこれで違う美味しさがあった

IMG20170519144.jpg
「支那そば」
これはうどんとは違って、ピョンピョンと勢いよく跳ねる麺♪
ヘタするとシャツにスープが飛ぶ恐れがでてきたので注意深く食べることにします
コシが強いのか、はたまた名古屋の味噌煮込みうどんにも通じる、「半煮え」が当地のやり方なのか
最初、関西人には少し違和感を感じましたがすぐに慣れます


(゚Д゚)ウマー!


「うどんマニアが最後にたどり着くと言われる聖地」と書かれているサイトもありますが
私ゃまだ最後にしたくありません(笑)
個人的には讃岐はもちろん、稲庭や水沢等各地のうどんをもっと食べ歩いてみたいです
そうすると最後にはもう一度ここへ戻ってくるのでしょうか?


『信濃屋 』
岐阜県多治見市上野町3-46
0572-22-1984
11:30~売切れ次第終了(14:00頃が多いそう)
日曜、月曜、火曜、水曜定休(散髪屋の友人は一生行けない)


ということで前日行けなくて少し後悔してたのですが
これで納得です (^^)
その後は

IMG20170519151.jpg
再び道の駅をのぞいて陶器を買い求めたり

IMG20170519154.jpg

IMG20170519152.jpg
瀬戸市駅付近にある『瀬戸蔵』というショップ&ミュージアムを見学したり
お土産用の陶磁器もここで買いましたっけ
前日からたくさん買いましたので、いよいよ帰路につくことにします
しかしこのまま帰るのももったいないので…

IMG20170519155.jpg
滋賀県に入り、少しだけ北陸道を走って木之本のパン屋さんへ♪

IMG20170519157.jpg
夕方でしたが、まだサラダパンは売っていました \(^O^)/
もちろん晩ごはん用に買い求めます
個人的には丸いパンにハムをはさんでマヨネーズを塗った「サンドイッチ」がドストライクだ

IMG20170519156.jpg
インター近くのスーパーにもありましたね
再び高速に乗って神戸を目指します
この日は集中工事はありませんので、快調です♪

IMG20170519159.jpg
途中、多賀SAで休憩を取りましたが
腹がへってきましたので、ここで食べることに♪

IMG20170519158.jpg


(゚Д゚)ウマー!


お腹も満たされましたし、さらにクルマを走らせていると

IMG20170519160-001.jpg
きれいな夕陽でした
こうして大満足のままクルマはさらに西へ西へ…
そして無事に帰ってこれました (^^)
往路は渋滞に巻き込まれ、時間的に初日はほとんど何もできませんでしたが
二日目はトヨタ博物館や昼食の信濃屋等、充実していて
もう少し時間が欲しい感じでした (^^)
次に名古屋へ行く機会があれば手羽先やスガキヤのラーメンを試してみたいと思います (^^)


※長文のおつきあい、ありがとうございました


尾張~美濃の旅 1

Posted by Wakky on 26.2017 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

ある週末、金曜日に休暇をいただいて
名古屋周辺を旅してきましたので、その様子を書こうと思います (^^)

「どこかへ行きたいな」と思いながらも
どうしても〇〇へ行きたい!というほど強い希望もなく
漠然とどこかへ行きたいなと思っていたら
ネットでやりとりしていた名古屋在住の旧友と会おうという話になり
久しぶりに名古屋へ向かうことになりました (^^)
ホテルの予約もOK!観光地のチェックもOK!
さぁ出発!と思っていたら、なんと名神高速が集中工事期間中ですか…
トホホ…
まぁどうにかなるやろと思って家を出たものの

IMG20170519003.jpg
一車線に規制だけなら、遅くても多少は進むはず…
しかしなぜか10分ほど停まって200mほど進み、また10分停まる…の繰り返し
トホホ…
道路情報によるとどの道路を使っても普段の3倍くらいの時間を要するようでした
そこで京都から琵琶湖を西まわりで行ったのですが、それでもかなり時間がかかりましたなぁ(泣)
おかげで予定していたお店での昼食は諦めて

IMG20170519001.jpg
途中のサービスエリアできしめんを食べて空腹をしのいだのでした (^^;)
これはこれで美味しかった♪
しかしそこからはまた渋滞との格闘…
そこで途中で諦めて地道で行くことにしたのです
(あれだけ混んで高速で走れないのに料金を払うのには疑問があるので)
その方がストレスなく走れました

IMG20170519006.jpg
ということで到着予定時刻を大幅に超えて最初の目的地である
多治見市美濃焼ミュージアムに到着したのが、もうすぐ夕方という時刻 (>_<)

IMG20170519004.jpg

IMG20170519005.jpg
しかしここでは美しい陶磁器を見せてもらえて満足です (^^)

IMG20170519009.jpg
そして次の目的地は「道の駅  志野・織部」
ここは面白かったです (^^)

IMG20170519011.jpg
ピンボケの写真で申し訳ないのですが
普通、道の駅ゆうたら地元の農産物とかお菓子等のお土産を主に販売している所が多いのですが
この道の駅は陶器がメインでお菓子やお饅頭の類は見当たりません(笑)
奥の方に置いてあるのかな?

IMG20170519007.jpg
しかもハンパなく安い掘り出し物があるのはさすが地元です
実はここへ来る道沿いには陶器製造と思われる会社や工場がたくさんあったのでした
私たちもここで何点か購入♪
(もちろん安い物ばっかりです 笑)

IMG20170519013.jpg
思いのほか道の駅の印象が良かったので
近くにある別の道の駅に立ち寄ってみることにいたしました (^^)
ここは「道の駅 土岐美濃焼街道 どんぶり会館」という場所で
やはり野菜や饅頭より陶磁器がメインの道の駅でした(笑)
ここでも掘り出し物を購入です
おかげで渋滞の憂鬱も疲れもふっ飛びましたが
もう夕方ですがな…
そろそろ名古屋市内へ入り、ホテルへチェックインしなければなりません
ということで一路名古屋市内へ♪

IMG20170519033.jpg
この日、お世話になったのは「メルパルク名古屋」というホテルです
日本郵便系のホテルで、千種駅からほぼ直結というアクセスの良さ♪
目の前にはセブンイレブンもあるし言うことなし♪

IMG20170519031.jpg
中も立派なホテルでとてもキレイです

IMG20170519014.jpg
私たちはツインの部屋を予約しましたが、都会のホテルにしては広いです♪
また洗面所とバストイレが別の部屋なのもポイント高し☆
いったん荷物を置いて、再びでかけます

IMG20170519016.jpg
地下鉄の千種駅から電車に乗ることにしました
5分間隔くらいでひっきりなしに電車が来るのには
神戸電鉄の15分間隔に慣れた身には驚きです(笑)

IMG20170519029.jpg
わずか一駅だけ電車に乗って今池駅で降り、
徒歩で向かったのがこの『味仙 今池本店』という中華料理屋さん♪
前回来た時に食べた激辛の台湾ラーメンに魅せられてしまい
もう一度足を運ぶことになりました
名古屋在住の旧友ともここで落ち合う約束です (^^)
前回来た時はかなり長い行列ができていましたが
今回は金曜日なのに行列はありませんでした
店内で順番を待つ人が少しだけいらっしゃいましたが、
すぐに順番がまわってきました (^^)

IMG20170519020.jpg
「青菜炒め」(¥680)
思った以上に、また見た目以上にガーリックが効いていてアテにピッタリ♪

IMG20170519022.jpg
名古屋に来たからには手羽先!とオーダー♪(¥450)
旧友もこれは初めてらしいのですが、
ピリリと辛くてビールのアテにピッタリ!!!
しかもめっさ柔らかい鶏肉で、少し歯を立てただけで身がポロリと取れるんです



(゚Д゚)ウマー!



次回は2人前食べたい(笑)

IMG20170519023.jpg
「餃子」(¥450)
神戸と違って、さすがに味噌ダレは置いてませんね
旧友も味噌ダレが懐かしいようでした (^^)
帰ってきたら連れて行ったるやん♪

IMG20170519024_1.jpg
旧友が「美味しいよ」と勧めてくれた「酢豚」(¥1,100)
表面がパリッとしてて、ガーリックが効いてて
これまたビールに合うやないの!


(゚Д゚)ウマー!



IMG20170519024.jpg
「肉ピーマン炒め」(¥1,100)
私はこういう味付けが大好き♪
ここらへんでだいぶお腹もふくらんできましたし、酔いもまわってきます (+_+)

IMG20170519026.jpg
ということで念願の「台湾ラーメン」
麺をすする時に一緒に口に入ってくる湯気だけで咳きこむほどの辛さ(笑)
勢いよく食べられないのですが、これがクセになる辛さだって実感できました (^^)
口の中が火事になる辛さは時々体験できますが
口の外、唇の周囲がヒリヒリするのはめったに体験できません(笑)
ちなみに辛さは、言えば調整してくれるようです


(゚Д゚)ウマー!



IMG20170519027.jpg
「ニンニクチャーハン」(¥750)
〆にもガーリックでガツン!といきます(笑)
これだけガーリック食べたら臭わないワケがありません
でも美味しいから食べてしまうなぁ♪
ということでお腹も大満足 \(^O^)/
旧交も温まって楽しい夜となりました (^^)


『味仙 今池本店』
名古屋市千種区今池1-12-10
052-733-7670
17:30~26:00
年中無休


旧友と別れ、ホテルへ戻るとします

IMG20170519034.jpg
ドリンクを買いに寄ったコンビニの店員さん、
ホテルのエレベーターで一緒になったほかのお客さん、
顔をそむけたなぁ(爆)
ガーリックが効いてたからなぁ(汗)

この日は渋滞で心身共にかなり疲れたものの
旧友や美味しい料理、安く買えた陶器のおかげで初日の夜は楽しく終えることができました (^^)


  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR