FC2ブログ
Loading…

フェリーで行く別府温泉旅行記 1

Posted by Wakky on 01.2019 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

普段それほど働かない(苦笑)のですが、そんな私にもリフレッシュ休暇が与えられることになって「どこかへ温泉旅行…」と思ったのですが


こんなCMが少し前に流れているのが頭の隅に残っていましたので、「今回はフェリーに乗ってみるか…」と、初めての船旅をしてみることいしたのです (^^)
とはいうものの、どうすれば船に乗れるのかもわかっていません
調べてみるとどうやらネットで予約すれば良いらしく、予約後にコンビニで料金を支払って当日を迎えました
けどこれで本当に予約できてるのか?
今回は大分県の別府温泉へ行くことにして、大分港までの個室を予約してみたのですが船に乗ったわ部屋は無いわでは目も当てられません(思い出としては残るでしょうけど)
とにかく運を天に任せて当日を迎えたのでした (^^)

今回は別府温泉へ行くことにしたのですが、別府港へ行くのは大阪南港から出ている船しかなく、神戸港からですと大分港行となります
が、別府と大分ってそれほど離れているわけでもなく、距離にして10Kmくらいですので神戸港から乗ることに♪
神戸は六甲アイランドの北東部、阪神高速湾岸線の六甲アイランド北出入り口付近から乗船するようです

IMG20191016001.jpg
乗船前に近くのセブンイレブンで夕食を仕入れます
船にもレストラン(バイキング)があるのですが、一人¥2,000するらしいのでコンビニでええかな…となったのです
その後、フェリーターミナルへ♪

IMG20191016002.jpg
私たちが乗る予定の船は、もう着いていました…って、考えたらこの日の朝に大分から到着してるんだからそりゃ既に船あるわな
私たちも乗船手続きを無事に終え、順番待ちの列に車を停めて乗船を待ちます

IMG20191016004.jpg
やっぱり船って大きいのね (゚o゚)
こんなん、ビルやん

IMG20191016010.jpg
陽が沈む頃にようやく乗船が始まりました (^^)
私たち乗用車はそれほど広くない船の中を係員の指示のもと、一番下の部屋まで案内されます
小回りがきかない大型トラック等が一番上(乗った階)のようで、乗用車はくるくると螺旋階段を下りるように下の方まで誘導されたのでした

IMG20191016013.jpg
一台でも多く載せられるようにもっときつきつに押し込められるのかな?と思っていたんですが、案外スカスカで並べ方もこんなんでええの?みたいな感じでした
そしてエレベーターに乗って船室へ向かいます
今回は一番グレードが高いと思われる部屋を予約していましたので、最上階(7階)まで上がります

IMG20191016015.jpg
想像してたよりなかなか豪華やん♪

IMG20191016017.jpg
廊下もホテルみたいですし

IMG20191016016.jpg
部屋もカードキーでした (^^)
そして部屋に入ってみると…

IMG20191016020.jpg

IMG20191016019.jpg
おお~!広い!
全然普通のホテルと変わりないやん♪
\(^O^)/

IMG20191016025.jpg
お湯も沸かせるし、冷蔵庫もあるやん♪
(個室には無かったが、船内にはレンジもあった)
何と言っても個室なので、他のお客に気を遣うことなく過ごせるのが良いぞ

IMG20191016021.jpg
バス&トイレも付いてるし
(船には大浴場もあります)

IMG20191016027.jpg
この個室にはバルコニーも付いていたのです!
すごいやん♪
と興奮さめやらぬ間に船内散策をしてみました (^^)

IMG20191016035.jpg
SHOPもあってお土産物やカップ麺、ドリンク類(もちろんドリンクは自販機もあり)を買うことができますし

IMG20191016039.jpg
¥2,000のバイキングレストランもありますが、私ら¥2,000分も食べられへん…
負けっぽい(勝ち負けって何?)ので今回はコンビニで買ってから乗り込んだのでした
ただ¥700くらいでテイクアウトのカレー等もできるようで、実際そういう人もいたようです

IMG20191016042.jpg
お風呂もありました (^^)
後で入ろう♪

IMG20191016032.jpg
そしていよいよ出航です (^^)
船は一度、大阪方面に向かってから西へ進路を変えるようで、途中で方向感覚がわからなくなりました
海の上って目標物が無いので、すぐにわからなくなってしまいます

IMG20191016047.jpg

IMG20191016051.jpg
明石海峡大橋を通過する時はちゃんと放送で案内してくれました
けど瀬戸大橋をくぐる時も案内あるのかな?と思っていたら深夜なのか、何もありませんでした
では私たちも食事をすることにします

IMG20191016044.jpg
食事っていうよりアテですやんコレ…(笑)
でもこれで結構お腹ふくれたんですよ
毎日食べている量って、意外とこれくらいだったりするものです
最近はコンビニでも焼鳥があって、初めて食べたのですがなかなかイケてますやん♪
この後お風呂に入ってテレビを観ていたんですが、海上って電波が弱いのかすぐに受信しなくなって寝るしかありませんでした(汗)
さんふらわぁほどの大きな船になると、波による揺れってまったく感じませんので船酔いとかはしなかったのですが、ただエンジンの振動とか舵を切る時の揺れは一晩中感じますので、デリケートな方ですとあまり眠れないかもしれません

IMG20191016052.jpg
放送があって、船は定刻に大分港に着くようです
昨夜は神戸だったのに、ちょっと寝たら大分ってどういうこと?!みたいな感じで、本当に夢心地です

IMG20191016054.jpg
下船準備をして下さいという放送があり、私たちも荷物をまとめて下船準備を始めます

IMG20191016057.jpg
いよいよ接岸です
しかし着いたからといってすぐに降りられるわけではありませんでした
まずは最上階の大型トラックを降ろし、その次は3階、そして2階のクルマを降ろしてから…ですので、なかなか順番がまわってきませんでした
なんだかんだと30分以上はクルマで待機していたと思われます
エンジンもかけられず、こんなんだったらあわてて下船準備をしなくても良かったな…と感じました

IMG20191016059.jpg
そしてもうひとつフェリーで別府に行かれる方へ
朝の7時頃に船を降ろされても、観光地はどこもまだ開いていないので行く所ありません(苦笑)
せいぜい喫茶店行ってコーヒーでも飲むくらいしかないかもしれません
幸い私たちは宇佐神宮へ行く予定にしていましたので走り出しましたが、船内では「まだ朝早いしこれからどうする?」みたいな会話がありました

大分から下道ばかり約50Km、一時間くらいで宇佐神宮に到着です

IMG20191016061.jpg
こんな早朝にお参りしてる人なんているのか?…って思いましたが、サングラスをかけたお参りするようには見えない若い女性とか、近所の悪ガキっぽい高校生がお参りをしているのを見て、きっと彼らは小さい頃から毎日こうしてお参りをしてたのでしょう、そういう文化なんだろうなと思いました

IMG20191016062.jpg
この宇佐神宮は信仰が厚いのか、かつてはお参りするために海沿いの町から鉄道も敷かれていたようです

IMG20191016063.jpg
大鳥居は修理中のようでした

IMG20191016065.jpg
けど境内がけっこう広くて驚いたんです
(大変失礼ながら)九州の片田舎にこんなに大きな神社、それも「神宮」と名がつくようなお社があったことが驚きです

IMG20191016068.jpg
ごっつい立派ですやん!

IMG20191016069.jpg
別宮とかいうのもあって、お賽銭箱が3つ並んでいました
船の自販機で小銭をほぼ使い果たしていた私は、けっこう苦労いたしました(苦笑)
こうしてお参りを終えた私たちは御朱印をもらって、次の目的地へと向かいました

IMG20191016072.jpg
次に私たちがやってきたのは、豊後高田という町です

IMG20191016077.jpg
ここは「昭和レトロの街」として売り出し中(?)なのです
けど今は令和の世の中…
昭和生まれの私はといえば、令和・平成・昭和と三元号前に生まれた人間なのです
これを昭和から三つ前の元号となると明治の人になるわけで、それってすっごい昔の人やん…という感想です

IMG20191016078.jpg
このボンネットバスは土日を中心に、まだ現役で動いているようです (゚o゚)
こんなのが走っていたのはうっすら記憶に残っています
そして「昭和ロマン館」という、プチ博物館のような施設へと入ってみました (^^)

IMG20191016081.jpg

IMG20191016075.jpg
展示車両はちょっと状態が悪くてかわいそう…

IMG20191016084.jpg

IMG20191016083.jpg

IMG20191016082.jpg
その後は屋内展示を見て回りました (^^)
「そうそう、こんな感じだった!」と共感できることが多かったです (^^)
平成生まれの若い人にはわかんねぇだろうな~
その後はこの施設の外、普通の街並みも昭和っぽいらしいので散策してみることに♪

IMG20191016091.jpg

IMG20191016092.jpg
素晴らしくレトロな食堂…
値段も当時のまんまだそうです (゚o゚)
(やっていけてるのか?)

IMG20191016095.jpg
SONYのスカイセンサーとかベータのビデオデッキとか最近とんと見なくなったものが店頭に置かれていましたが、これって売りもんなのでしょうか?
ちょっと欲しいぞ

その後は再び一時間ほどかけて別府へ戻り、昼食といたしました (^^)

IMG20191016100.jpg

IMG20191016098.jpg
別府といえばとり天なんだそうです (^^)
その発祥のお店らしい『東洋軒』さんでとり天を食べることにしてやってきました
ちょうどお昼時でしたので店内では待ち客がいましたが、私たちも順番待ちをして待つことしばし、ようやく席へ案内されました (^^)

IMG20191016102.jpg
このお店はとり天発祥のお店として有名なようですが、別にとり天専門店ではなく本来は中華料理屋さんのようで、メニューには酢豚とかエビチリとか普通にあるのです
実際地元の人はとり天を食べに…ではなく、中華料理の定食をオーダーしている人も結構いらして、私たち異邦人から見れば「へ~、とり天食べないんだ~、そうなんだ~」みたいな感覚です
しかし観光客の私はわき目もふらずに「とり天定食」です

IMG20191016103.jpg
嫁も最初は私のと同じのにするつもりだったのですが、ふと目に留まった「柚子とり天」に魅かれ、これを単品でオーダーしていました
ライスは私のを大盛(無料)にしてもらってシェアしようという作戦です

IMG20191016104.jpg
「とり天定食」(ごはん大盛)
出てきた時は「えっ?!」と思うほどとり天の量が多く、大盛のごはんと相まって「こんなに油もんたくさんあって食べきれるかな?」と一瞬心配になるほどのボリュームでした
しかしこれが本当に意外なほど油っぽくなくて、フリッターのようなフワッとした軽い食感で、なんぼでも食べられる!


(゚Д゚)ウマー!


全然イケるやん、これ♪

IMG20191016108.jpg
嫁の「柚子とり天」
これもけっこう量多いのですが

IMG20191016111.jpg
「かぼす醤油とかカラシつけて食べたら美味しいですよ」との店員さんのアドバイスに従って食べてみたら、全然美味しいやん♪
でも個人的には塩で食べるのが一番味がわかるのではないか?と思いました
最初は食べきれるかな?と思う量でしたが、二人ともペロリと食べられてしまい、後で胸やけすることもなかったのは本当に不思議でした


『レストラン東洋軒』
大分県別府市石垣東7-8-22
050-5590-8353
11:00~15:30
17:00~22:00 (土日祝は通し営業)
無休(年末年始をのぞく)


お腹を満たされた私たちは、再び観光することにして

IMG20191016115.jpg

IMG20191016116.jpg
別府の観光といえば!の地獄めぐりです

IMG20191016114.jpg
2日間有効の共通入場券が¥2,000なので、それを購入いたします

IMG20191016119.jpg
まずは「血の池地獄」
本当に真っ赤な池というか温泉というか地獄です

IMG20191016124.jpg
ただ池の中心の方は赤くなく、普通の茶色…
しかし不思議な色です
有馬温泉も赤茶色のお湯で有名ですが、ここもやはり鉄分が関係しているのでしょうか

IMG20191016127.jpg
そして血の池地獄のすぐ近く、歩いてでも行けるのが竜巻地獄です

IMG20191016131.jpg
ここは普段は何もなく、ただの石組のようなのですが

IMG20191016132.jpg
30~40分間隔でご覧のように温泉が噴き上がる間欠泉なんです
何もないな~?と思って見ていたら少しずつ湯気が上ってきて「もうすぐ?!」と思っていたらいきなりの噴水状態!
始まりがいきなりだったので終わりはどんな終わり方なんだろう?と思って見ていると、いきなり終わりました

その後はおやつタイムです

IMG20191016137.jpg
地獄蒸しプリンをいただきにやってきました (^^)

IMG20191016140.jpg
カラメルが甘くなく、大人のプリンって感じでした♪


(゚Д゚)ウマー!




IMG20191017029.jpg
この『岡本屋』さんの敷地内にも地獄がありまして、別府ってあちらこちらで町から湯気が上っているのには驚きです


『岡本屋売店』
大分県別府市明礬3組
0977-66-3228
8:30~18:30
無休


おやつもいただきましたので、宿へ入る前にちょっと街並みの観光へ行ってみました


IMG20191016146.jpg
先述いたしましたが別府市内を走っていると、本当に湯気が多いのです

IMG20191016154.jpg
このように田んぼの真ん中から湯気が上っていることも不思議ではありません
有馬温泉も有名ですが、ここまでではないような気がいたします
昨年行った草津温泉もそのスケールの大きさには驚きましたが、別府はすそ野の広さっていうかお湯が噴出している場所の多さっていうか、本当にすごいなココっていう感じです

そして少し早いですが、宿へ入ることにいたしました
今回お世話になったのが

IMG20191016157.jpg

IMG20191016156.jpg
別府では有名な「杉乃井ホテル」さんでお世話になることにいたしました (^^)
ここは本当に大きなホテルで3棟並びで「〇〇館」が建っているのですが、各建物間は送迎バスが頻繁に運行されています
それほどスケールが大きなホテルなのです
本当はこんなに大きなホテルではなく、こじんまりとした宿で…と思って探してみたのですが、分煙がなされていない宿が多くてこちらにしたのです
と書くと消去法で仕方なく…と感じられたかもしれませんが、実はこのホテルは泊まってみてとても気に入ったのです

IMG20191016160.jpg
フロントでチェックインの後、このような場所を通って…

IMG20191016161.jpg
落ち着いた色あいの廊下を歩いて部屋に着くと

IMG20191016162.jpg
もっと昭和レトロな部屋だと思っていましたが、きれいやん!
と驚きはこれだけではありません
同じ場所から右方向を撮影してみると…

IMG20191016163.jpg
なんと和室も! (゚o゚)
おそらくこれは、かつては二部屋だったのを壁をぶち抜いて一部屋にリニューアルしたのではないでしょうか
えっ?!というくらい広く、しかもきれいなのです

IMG20191016167.jpg
窓からの眺望も素晴らしかった!
そしてこの宿の最大のウリ(?)でもある「棚の湯」へと行ってみたのですが、先述したとおり建物が3つもあるホテルですので

IMG20191016173.jpg
エスカレーターに乗り…

IMG20191016174.jpg
巨大な売店を通り抜け、さらには大きなゲーセンを抜け、エレベーターに乗ってようやくたどり着く遠さ…
帰りは疲れてしまい

IMG20191016175.jpg
バスで送ってもらいました(汗)
そしていよいよ夕食の時間です!

IMG20191016176.jpg
会席料理等ですと出てきたものは全部食べないと、残してしまうとなんか申し訳ない…みたいな感じになってしまいます
そこで(おやつ等の食べ過ぎでそれほど空腹でないかもしれないことも想定して)遠慮が不要なバイキングをチョイスしてみました
やはりきれいなレストランでの食事となりましたが、このホテルってリニューアルに相当費用をかけているのかなと思いました

IMG20191016177.jpg
お刺身コーナー
目の前で盛り付けてくれます

IMG20191016179.jpg
お寿司だって自分の好みのものを好きなだけオーダーできました (^^)

IMG20191016180.jpg
ステーキもあります
ウェルダン希望の人は、言えばちゃんと対応していたのにはビックリ! (゚o゚)

IMG20191016190.jpg
ただ下調べせずに気に入ったものを取っていくとこうなってしまった…
完全に失敗です
が、団子汁があったのは嬉しいです

IMG20191016183.jpg
私が好きそうなお子様メニューがありましたので、もう一回チャレンジしてみました(笑)
しかしこの後のデザートもすごかったのです!

IMG20191016185.jpg
デザートの数がハンパねぇ!
そして

IMG20191016187.jpg
ハーゲンダッツ取り放題!
お腹パンパンでもアイスクリームなら入ります(笑)
アイス自体は固く凍っていてなかなか取りにくかったのですが、それでもがんばってみました♪
お腹パンパンになって部屋に戻ってみると

IMG20191016192.jpg
素晴らしい夜景でした (^^)

IMG20191016196.jpg
丸くて大きなお月さまも出てきました (^^)

IMG20191016203.jpg
まだクリスマスにはほど遠いのに、イルミネーションがすごかったです

IMG20191016199.jpg
この日はプロジェクションマッピングも行われていて、宿泊客を楽しませていました (^^)
大きなホテルですがエンターテイメントは努力されていて、お客を楽しませる努力を感じることができました
こ私たちは再度温泉につかりながら満月を見ることができて、「来てよかったな」「このホテルでよかったな」と思いながら就寝いたしました (^^)






スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://wakkykobe.blog16.fc2.com/tb.php/3848-ee15fbe8

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR