FC2ブログ
Loading…

群馬県温泉旅行記 2

Posted by Wakky on 05.2018 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

外が明るくなってきたので目が覚めたようです
窓を開けると

IMG20181022008.jpg
プチ紅葉を見ることができました (^^)
早くに目が覚めましたので、恒例の散歩に出かけてみます

IMG20181022017.jpg

IMG20181022016.jpg
温泉の色がきれいなエメラルドグリーンだったのは昨夜わかりませんでした
それにしても気温の低さに温泉の熱さが加わって周囲はものすごい湯気です

IMG20181022028.jpg
草津温泉ハンパないやん!

IMG20181022038.jpg
ここが源泉なのかな?

IMG20181022040.jpg
お寺もありました
階段の下から手を合わせます(笑)

IMG20181022041.jpg
著名な温泉まんじゅうの老舗なんだそうですが、ちょうど出来たとのことですので朝食前ですが買い求めてみます

IMG20181022042.jpg
(゚Д゚)ウマー!
あんこが控えめな甘さなので、いくらでも食べられる感じです

朝の散策を終えて宿に戻ると、ちょうど朝食の時間となっていました

IMG20181022012.jpg
朝食会場の部屋からは湯畑が見渡せる絶好の場所でした (^^)

IMG20181022013.jpg
温かいものを持ってきてくれましたので「いただきま~す!」
華美な物はありませんが、素朴ながらとっても満足のいく朝食でした
昨夜は食事の量が控えめだったのも良かったのかもしれません

それでは名残惜しいのですが、草津温泉を後にすることにして出発いたします

IMG20181021052.jpg

IMG20181021054.jpg
良い宿でしたので、次回来ることがあればまた泊まりたいと思います

浅間山を見ながらのドライブを楽しみ…

IMG20181022050.jpg
着いたのは「白糸の滝」という場所です
その名のとおり滝を見物に来たのですが

IMG20181022068.jpg
何かのロケやってましたねぇ
犬と旅をする番組なんでしょうか?(←見てない 汗)

IMG20181022070.jpg
きれいな滝でした
マイナスイオンをたっぷりと浴びて、再び走り始めます

IMG20181022071.jpg
私たちにはまったく縁が無い軽井沢の別荘地を抜け

IMG20181022073.jpg
軽井沢駅前を左折して向かったのは

IMG20181022074.jpg
碓氷峠という、六甲山の道路に似た峠道です
ここに何があるのかというと

IMG20181022076.jpg
駐車場にクルマを停めて歩いていると見えてくるのがこのレンガの橋なのです
これは「碓氷第三橋梁」という橋なのですが、近代化遺産に指定されている橋なのです
話せば長いのですが、この碓氷峠は関東~日本海側を結ぶのに重要な路線でしたが、鉄道で越えるのは相当な難所だった場所で蒸気機関車時代には力不足で坂を登れず機関車の煙で乗務員が窒息する等の難所でした
そこで早くから電気機関車化する予定を立てたのですが、いかんせん勾配がきつすぎて通常の方法では坂を上り下りすることが困難でした
そこでアプト式という、ぎざぎざのレールに(機関車側に装備された)歯車をかみ合わせて登っていくというスイスの登山鉄道のような方式が採用され、1963年まで続いた後、近くに勾配を緩和した新線が完成してこの橋は役目を終えました
もっとも勾配を緩和して完成した新線ですが、それでも鉄道には難所で、坂の下側には補助に専用の特殊な電気機関車2両を連結して列車を押し上げるという方法を取らざるを得ませんでした
この方法は北陸新幹線が開通するまで使用されたのですが、新幹線開通(それでもかなりの勾配ですが)後の現在ではこの碓氷峠を通る在来線は廃止されてしまいました

ちなみにこのレンガ橋は、かつては線路があった場所まで階段で登っていくことができます

IMG20181022079.jpg
間近で見ると結構デカイんです
こんな大きな建造物をよく明治時代にできたなぁと感心いたします

IMG20181022081.jpg
階段に悪戦苦闘しながら上ると、かつての線路跡にでました
かつてはここを電気機関車がガチャガチャいいながら登っていったことでしょう
大量のカメムシに悩まされながらも(笑)そんなことを思い浮かべます

IMG20181022083.jpg
遠くに見えるのは、新幹線開通まで使用されていた新線ですが、今となっては廃止された橋です

碓井峠というと「頭文字 D」を思い浮かべる方も多いかもしれません
でも私はサーキットの狼世代ですので、あいにく同誌は読んでいないのです
そんな碓氷峠をドリフトしながら(←嘘)下ってやって来たのが

IMG20181022095.jpg

IMG20181022094.jpg
「碓氷峠鉄道文化むら」という横川駅跡地にできた施設です

IMG20181022109.jpg
かつてはこの峠を上り下りした車両を中心に展示されているのですが

IMG20181022107.jpg
ここの目玉はなんといっても本物の機関車を運転できるということではないでしょうか
もちろん行ってすぐに乗れるワケではなく、学科や実技の講習を受け、テストに合格すれば運転できるのですが、それでも幼い頃の夢をかなえようとする人で人気のようです
ちなみに写真の機関車を運転しているのも一般の方のようでした

そんなこんなでお昼の時間になりましたので、近くのドライブインで食事を摂ることにします

IMG20181022111.jpg
と言ってもここは碓氷峠の旧横川駅前…
横川駅といえば峠の釜めしという駅弁が圧倒的に有名です
ということで『おぎのや』さんが運営されているお店へやってきました (^^)

IMG20181022113.jpg
レンガ橋から新線に変わり、すべての列車が横川駅で坂を押し上げる機関車を連結せねばならないその数十分の作業時間中に駅で売れたのがこの釜めしなのです
本当は現役の列車が動いている間に駅で購入したかったのですが、今となっては…

IMG20181022115.jpg

(゚Д゚)ウマー!

鉄分も補給(笑)し、お腹も満たされましたので、高速に乗って次は一路世界遺産に登録された富岡製糸場 を目指します

IMG20181022116.jpg
一日¥200のここが、値段と距離のバランスが一番とれているかな?
無料駐車場もありますが、いかんせん遠い(苦笑)、バスもないみたいだし…
ここからですと徒歩でも数分です

IMG20181022118.jpg
徐々に見えてきました

IMG20181022119.jpg
入口で入場券を購入して中へ入ります

IMG20181022121.jpg
遠くから見るとレンガとグレーの部分のコントラストがきれいですが、近くですとグレーの部分がわりとボロい(汗)
維持保存の難しさがわかったような気がします

IMG20181022124.jpg
館内では繭(まゆ)から糸にする工程を実演してくれます
なかなか手がかかるのね…(汗)

IMG20181022139.jpg

IMG20181022137.jpg
いろいろ施設を順路に従って見学してまわります
そして

IMG20181022126.jpg

IMG20181022129.jpg
この施設のハイライトである「繰糸所(そうしじょ)」
この巨大な機械を蒸気動力で動かしていたという説明だったと思うのですが、それだけでも驚き、また入口で実演してくれた手作業をこの機械でやると何百倍の効率なんだろうか?と考えてみたり…

IMG20181022150.jpg
こうして富岡製糸場を後にして…

IMG20181022151.jpg
今夜の宿がある伊香保温泉を目指します

IMG20181022155.jpg
そして今夜の宿である「塚越屋七兵衛」さんへ到着いたしました (^^)
この宿は草津温泉の宿とは違って

IMG20181022156.jpg
広くて立派なロビーや

IMG20181022157.jpg
客室も二人で泊まるには広い部屋でした (^^)

IMG20181022159.jpg
窓からの眺めも良いし♪
しかしなんと言っても嬉しかったのは、伊香保名物の階段の上までクルマで送ってくれるとのこと♪
徒歩で行ったらきついかな~?と思っていただけに、これは嬉しいサービスでした (^^)

IMG20181022160.jpg
地元の人は荷物を持ったまま階段をスイスイ降りていきますが、私にや無理だなぁ
この近くに住んでいたら、毎朝上り下りしたら良いトレーニングになりそうですね

IMG20181022161.jpg
全365段あるうちの所々にこのような表示がなされております
下から上ってきたら、足パンパンになっていたことでしょう(笑)

IMG20181022162.jpg
この階段にも温泉が流れており、加盟している宿に供給されているそうです

IMG20181022165.jpg

IMG20181022164.jpg
階段の一番上からさらに奥へと進むと温泉を飲む場所や河鹿橋があるそうです
残念ながらライトアップは翌日からとのことですので、期待せずに歩いてみると

IMG20181022169.jpg
ライトアップしてますやん!
これは翌日からの本番に備えてテスト点灯しているようで、業者の方らしき人が数名いらっしゃってましたがラッキーでした (^^)

IMG20181022171.jpg
ここで温泉が飲めます
宿の方の話では「美味しくない」とのことでしたが…

IMG20181022173.jpg
左が温泉、右が口直しの水だそうです
さっそく飲んでみると…
「て、鉄棒の味がする!」
昔まだ小学校の頃に、こんな味のものを口にしたような記憶がよみがえります
たしか鉄棒で遊んだ後にこんな味が…と思って嫁に言ってみると、近くにいた若い人(男性)が
「鉄棒の味!はっはっは…!!(爆笑)」とウケてくれました (^^)
そう、まさしく鉄棒の味なのです!
判らない人は近所の学校へ行って鉄棒を舐めてみて下さい(笑)

IMG20181022176.jpg
再びライトアップされた橋の横を過ぎて

IMG20181022182.jpg
階段を下ってきます
ふと見ると…

IMG20181022181.jpg
何やら文字(詩)が書いてありました
歌詞なのかなぁ?

IMG20181022187.jpg
ようやく一番下までやってきました (^^)
ここから宿までは下り坂ですし比較的近いので徒歩で帰り、夕食をいただくことにします

IMG20181022193.jpg
最近、旅館で食べる夕食が多すぎて食べきれないんよなぁ…と嘆いていた私ですが、これは適量やん♪と喜んだのもつかの間でした(汗)

IMG20181022195.jpg
しかしメインは牛・豚・鶏から選べるのが嬉しかったですし、この宿に決めた理由のひとつです

IMG20181022198.jpg
釜めしも言えば最初っから火をつけてもらえますので、良い時間にできあがります (^^)

IMG20181022199.jpg
おこげも良い具合にできていて、これは本当に美味しかったです♪

IMG20181022196.jpg
でもまだ料理、出てくるんだ…
美味しいからつい食べてしまうんですけど、お腹はすでに…

IMG20181022200.jpg
トドメは味噌汁の代わりに出てきた、この地方(上州)の名物である「おっきりこみうどん」
甲州の「ほうとう」に少し似ていますが、ほうとうほどかぼちゃが効いていません
麺は平べったくて違うのですが、香川のしっぽくうどんの味噌仕立て…という感じでしょうか


(゚Д゚)ウマー!



でもお腹いっぱい…
その後は部屋で少し休憩をし、ゆっくり温泉に入りました (^^)
伊香保の湯は、有馬の金泉に似た茶色いお湯で、成分も似てるのかな?
本当に良い温泉で、ゆっくり入れました♪


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://wakkykobe.blog16.fc2.com/tb.php/3691-11100ba6

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR