FC2ブログ
Loading…

鳥取だか島根だか、どっかそこら辺の旅 1

Posted by Wakky on 23.2018 旅行   0 comments   0 trackback
Tag :松江市
こんばんは

1泊で旅に出てきましたのでそれを記そうと思います
尚、毎度のことながら私の旅行記は長文になりますのでご了承願います
冒頭の変なタイトルは、こんな名前のお菓子を現地で見て面白いなと思ったためパクらさせていただきました(笑)
今回の旅のメインは足立美術館を軸に組んでみたのですが、その他は蒜山と大山と少し松江くらい…
出雲大社等はあえて外して行程を組んでみました
この辺りは本当に鳥取と島根の県境でどっちがどっちかよくわからん場所でもありました

img20180616007.jpg
吉川インターから中国道に乗って西を目指します
少し早めに出たこともあって空いていて快適なドライブでした (^^)

img20180616008_2018062008463984f.jpg
岡山県に入って最初だったかのサービスエリアで休憩をします
ここで少し休みをとって、すぐの津山インターで一度高速を降りて向かったのは

img20180616022.jpg
津山まなびの鉄道館という場所です
この津山は姫路から始まって山間部を西へと続く姫新線と、岡山~鳥取を結ぶ津山線、因美線が十字形に交差する場所でして、おそらく蒸気機関車の時代には機関区があって整備や水・石炭の補給なんかをしていたのでしょう
その跡地にこういう施設が出来たようでしたので、ちょっと鉄分を補給しにやってきたのでした (^^)

img20180616014.jpg
津山駅の裏のはずれになる場所ですが、少ないながらも無料駐車場もありました (^^)
早くに来たおかげでガラガラの状態でしたが、夏休みともなると子供さんたちがいっぱい来るんでしょうね

img20180616017.jpg
機関庫の中には、かつてこの辺りで活躍した車両たちが展示されていました
電車ではなくディーゼルエンジンで動く車両たちですが、懐かしいものもあってほっこりしました (^^)
たまにエンジンをかけて車庫から出すこともあるようです (^^)
個人的にはD51が動いてほしいです
今回の旅はここがメインではありませんので、先を急ぐことにします

img20180616024.jpg
米子道に入り蒜山高原というサービスエリアで休憩を取ります
その後もう少し走って、大山の近くで昼食といたしました (^^)

img20180616026.jpg
『まつおか』さんというお店なんですが、かなり前にこの辺りを旅した時にたまたま入ったお店で、大山おこわが美味しかった記憶があるのです
でもかなり昔の話だし本当にこのお店だったのかイマイチ確証がもてません
遠い記憶では「坂の途中にあって、階段を上がってお店に入る」だけは覚えているのですけど…

img20180616034.jpg

img20180616037.jpg
大山は地鶏でも有名ですのでとり蕎麦を…と思ったんですが「×」マークが点灯していました (T_T)
まぁ今日はおこわメインで来たんだし、おこわと蕎麦のセットにするかと思って

img20180616030.jpg
「かけそば+おこわ」(¥1,080)
ほんらいなら冷たい蕎麦をいっとくべきなんでしょうけど、ちょっと寒かったので温かい蕎麦にしてみました
色黒い蕎麦は細く切られており、かけなのに山菜や海苔がトッピングされています
蕎麦はたぶん十割のようで、独特の食感が細打ちの蕎麦と合うんです
おこわも山菜たっぷりでモチモチ♪


(゚Д゚)ウマー!


img20180616035.jpg
嫁は「大山おこわ」(¥800)
おこわとみそ汁のセット♪
でもこのおこわを食べて、かつて来たお店なんだと確信いたしました♪
美味しい!


『まつおか食堂』
鳥取県西伯郡伯耆町岩立9-5 桝水高原
0859-52-2526
9:00~17:00
不定休


ふー食べた食べた
やっぱり美味しかったぞと思いながらお店を出ると、来た時には気が付かなかった風景が目の前にありました (^^)

img20180616027.jpg
(翌日撮影)
大山が目の前だったんですね (^^)
雲で山頂が見えないのが残念ですが、天気予報はあまり良くなかったことを考えると雨が降らなかっただけヨシとしましょう
リフトが設置されていることを考えると冬はスキー場になるのでしょうか
大山、なかなか良い場所じゃないですか

お腹もふくれましたし、メインの足立美術館を目指すことにします

img20180616038.jpg
途中、大山が見える展望台みたいな場所があったのですが、この日はこんな感じでした (T_T)
ここからクルマで小一時間走ったかなぁ?
いよいよ到着です (^^)

img20180616039.jpg
広大な無料駐車場に停めて向かいますが、周囲はハッキリ言って田舎…
なんでこんな場所に?と思いながら入口まで歩いて向かいます

img20180616042.jpg
ここでチケットを買って中に入ります (^^)
ちなみにこの美術館周辺には温泉が沸き出ているようで、そこへ行くもお客さんも散見できました (^^)

ここは美術館というネーミングながら庭園が立派だという話を聞いていたのですが、入ってみると

img20180616045.jpg

※ ここは庭園だけでなく絵画等も多数展示してあったのですが、残念ながら撮影は庭園に限られていますので美術品の写真はありません

なるほど、とても立派なお庭ですね
手入れが大変そうやな~と思いながらも見入ってしまいます

img20180616048.jpg
こういう見せ方をするのは、風景をまるで絵画のように見せようという意図なんでしょうか
借景というのか?(←わかってない)

img20180616091.jpg
仏壇の横の窓が、まるで床の間の掛け軸のような見せ方になっています
晴れた日はきれいですが、雷雨の時は稲光がモロに見えて怖いですやん(笑)

img20180616060.jpg

img20180616100.jpg
それにしてもキレイなお庭で堪能できました (^^)
素晴らしいお庭で心が満たされましたので、次はお腹を満たそう!ということで再び鳥取県の米子まで戻って向かったのが

img20180616102.jpg
JR米子駅からもわりと近い『あんあん』というお店です (^^)
たい焼き専門店ではなく、店内ではお茶(紅茶)もいただけるようですが、私たちはテイクアウトで買い求めました (^^)

img20180616103.jpg
大きな鉄板で焼くのではなく、鯛一匹だけ焼ける大きなトングのようなもので丁寧に焼いてくれます♪
結果、表面はカリッと焼けますし中は(ところどころはみ出していますけど 笑)アンがぎっしり!


(゚Д゚)ウマー!


『甘党の店 あんあん』
鳥取県米子市茶町56
0859-32-7769
10:00〜17:00
日曜、祝日休(たまに不定休有)


心も胃袋も満たされた私たちは、次なる目的地へと向かいます
再び島根県松江市に入り、訪れたのは

img20180616105.jpg
歴史がありそうな神社ですが、あまり大きくはありません

img20180616109.jpg
ここは八重垣神社といって、縁結びの神様が祀られていることで有名です (^^)

img20180616108.jpg
小さいながらもきちんと手入れがなされていたりと、ちゃんとしてる感じです(笑)
粗いところはひとつも見受けられません
ますはここでお参りをして、御朱印帳に記入をお願いしておいてから

img20180616110.jpg
八重垣神社といえばここ!みたいな池へとやってきました (^^)
鏡の池というんだそうで¥100で和紙を買い求め、その上に¥10か¥100を置いて池に浮かべ、早く沈めば願い事は早く叶い、遅く沈めばなかなか叶わないんだそうです

img20180616112.jpg
私たちはやりませんでしたが、若い女性が大勢来ててキャッキャ言いながら池に浮かべていました (^^)
あの若さが羨ましいです(笑)

御朱印帳を受け取り、今夜の宿がある松江市内を目指します
わりと神社からはすぐでしたが、その前にちょっと立ち寄りたい場所がありまして…

img20180616129.jpg
宍道湖の夕陽を見る絶好のスポットへとやってきました (^^)
湖周辺の道路に路駐して夕陽を見ると、渋滞とかして迷惑になりかねませんから

img20180616119.jpg
このように簡易パーキング的なものが設置されています
しかし湖は道路を渡って反対側…
けっこう交通量も多いこの4車線の道路を渡るには勇気が要りますが

img20180616120.jpg
実は地下道もありますし、さらにはエレベーターも設置されているのです (゚o゚)
そしてこのようなベンチまで…
真夏の夕方ですとコンビニでビールと柿ピーを買ってきてここで飲むのも気持ち良いかもしれません

img20180616122.jpg
波打ち際(?)はこのように段々になっており、腰かけてゆっくりと夕陽を見ることができます (^^)
さて私たちも…

img20180616124.jpg
腰かけて湖を見たら、今にも雨が降って来そうな雲ばっかりですやん (T_T)
どこが夕陽やねん!なんやねんこれ…  ○| ̄|_
松江泊は2回目だと思うのですが、こんな夕陽を楽しみに来たのに2回とも悪天候 orz

img20180616128.jpg
次は頼んまっせ

img20180616127.jpg
でもさすが宍道湖で、浜辺(?)はしじみの貝殻がたくさんありました (^^)
夕陽は残念でしたが、そろそろ宿へ入ることにいたします

img20180616164.jpg
(翌朝撮影)
前回に続いて今回お世話になったのが、ホテル一畑さん♪
松江市街地に近いのと、宍道湖の畔にあるのと、温泉大浴場(これ大事)があるというのが選んだ理由です (^^)

img20180616150.jpg
(翌朝撮影)
部屋は残念ながら宍道湖側ではありませんでしたが(安かったので当然か)、それでも目の前には一畑電鉄の松江温泉駅があって電車の到着出発シーンを見ることができます (^^)
ということは出雲大社からのアクセスも良いということですね (^^)

私たちが宿泊したのは一泊朝食付きのプランでしたので夕食を食べに出かけねばなりません
ホテルからタクシー(面白い運転手さんだった)に乗って向かったのが

img20180616135.jpg
『おでん庄助』さんというおでんのお店♪
もちろんおでん以外にも一品ものも居酒屋並に豊富にあり、飽きることはありません
私たちも中央のコの字型のカウンター席に座らせてもらいました (^^)

img20180616142.jpg
おでんは¥100~と安い!激安だ (゚o゚)
飲み物はビールにしようか?とも考えましたが、サワーが¥300とこれまた激安でしたのでライムサワーを嫁と2杯オーダーです♪

img20180616137.jpg
じゃがいもが皮のままなのが珍しいです
他はウィンナーとごぼう天♪

img20180616138.jpg
豆腐、筍、春菊、玉子焼き

img20180616139.jpg
大根、うすあげ、シューマイの他にカウンターの上にあったポテサラ
このうすあげと大根、めっちゃ美味しかった \(^O^)/
その他にも数品頼んでお腹いっぱいになったのとデキ上がったのでお会計をしてもらいました
なんと2人で¥3,000ちょいという安さ!
夫婦ともにあまり飲まないとはいえ、旅先で美味しいものを食べてこの値段は嬉しい誤算♪
今度松江に泊まる機会があっても、また来ようと思います (^^)


『おでん庄助』
島根県松江市八軒屋町16
0852-21-4238
17:00~22:30
日曜と月曜の祝日定休


その後は酔い覚ましをかねてプラプラと歩いてホテルへと戻ってみました

img20180616145.jpg
その後は温泉でゆっくりと汗を流し、早々に床につきましたとさ(笑)


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://wakkykobe.blog16.fc2.com/tb.php/3632-555d56cb

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR