FC2ブログ
Loading…

釜揚げうどん@『丸亀製麺』

Posted by Wakky on 30.2018 うどん   1 comments   0 trackback
こんばんは

明日はみなさんお待ちかね(待っているのか?)の1日です
1日といえば

20180630001.jpg
もうご存知の方も多くなってきましたが、釜揚げうどん半額の日です
半額の日にのこのこ行くのが恥ずかしいというアナタ、作戦があります
知ら~ん顔して入店し、「え?!今日半額やったんか!」みたいな顔で釜揚げうどんをオーダーするのです(笑)
オーダーを聞くスタッフさんに「あの~、今日は釜揚げが半額なんスか?」と尋ねればさらに良いでしょう(爆)
なんたって大を頼んでも¥190!
立ち食いうどんやコンビニでパン買うより安いのである

20180630004.jpg
ところが!である
釜揚げうどんのみならず、その派生メニューであるナントカうどんの類まで安いのである
もちろん釜揚げうどんの範疇にあるメニューなのですが、この日は鴨つけ汁うどんも¥690→¥540と麺の部分のみ半額になっており、鴨が好きな嫁はそれをオーダーしていました (^^)

20180630002.jpg
私はブレずに「釜揚げうどん 大」だ
いつもより若干麺が少ない気もしなくもないですが、半額だから許そう (^^;)

ということで明日は一日!
丸亀製麺へ急ごう!
(って、私は丸亀製麺のまわし者じゃないですよ 笑)


スポンサーサイト

『都そば』三宮西口店

Posted by Wakky on 27.2018 そば   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

立ち食いそば(うどん)店に入ることが年に何度かあります
時間がなく、てっとり早く食事をしたい時やダシの香りに釣られた時(笑)の他に「今日はどうしても立ち食いが食べたくなった日」という理由も私には存在します
理由はわかりませんが、あのチープな感じの麺やダシが私の好み(生い立ち)にピッタリなんだろうと思っています

img20180616004_20180624092327b3e.jpg
そんなワケでどうしても立ち食いそばが食べたくなって『都そば』へ♪
今回は阪急三宮の西口の方のお店へ行った
三宮元町界隈に数店舗あるチェーン店なのですが、これがなかなか侮れない味なのだ

20180530_121630044.jpg
オーダーは毎度そうですが「天ぷらうどん」
具よりも衣の方がかなり多い天ぷらですが、もとより天かす好きなので問題なし♪
私は天ぷらの衣の部分が好きなのかもしれないなと思いながらダシに浸します
頃合いを見計らって七味をかけてズルズル…


(゚Д゚)ウマー!


量的に少し不足ですが、たまにはそれくらいに抑えてもヨシ!
それにしてもやっぱり立ち食いはええなぁ (^^)


『都そば 三ノ宮西口店』
神戸市中央区北長狭通1-31
078-331-3292
6:30~22:00
不定休

鳥取だか島根だか、どっかそこら辺の旅 2

Posted by Wakky on 25.2018 旅行   2 comments   0 trackback
こんばんは

鳥取か島根かよくわかん地域旅行の2日目です(笑)
朝、ゆっくり目に起きるとこの日は天気が良くなりそうな気配が… (^^)

img20180616147.jpg
雲の切れ目から青空が見えてきています \(^O^)/

img20180616163.jpg
ホテルの前の湖畔を歩いていても、だんだん空が青くなってきました (^^)
ということで腹が減ったので朝食タイムといたします (^^)

img20180616160.jpg
1階のカメーリアという部屋が朝食会場のようでした (^^)
ちなみに良いホテルでは「部屋着でロビーや食事会場へは来ないで!来る時はちゃんと服を来てから!」
というホテルも何度か経験いたしましたが、
この一畑ホテルさんは「部屋着(作務衣みたいなもの)でロビーOK、.朝食会場OK、もちろん温泉OK!」みたいな太っ腹さでして、温泉旅館に慣れた私たちにはありがたかったです (^^)
田舎の温泉宿はこうでなくっちゃ、気を使いに旅に出たんと違うし
ん?何か聞こえたような気がしましたが先に進めましょう

img20180616153.jpg
朝食は当然のようにバイキング♪
この方が好きなものを好きなだけ取れるから都合が良いんです

img20180616156.jpg
地元の名産品もありますね (^^)

img20180616155.jpg
そして宍道湖といえば鉄板のしじみ汁(味噌汁)
ここで食べんとどこで食べる!とばかりに嫁はGETしていました(笑)

img20180616154.jpg
前も見かけましたが、なぜか伯耆の国でうどん(笑)
讃岐に憧れがあるのか?それとも独自のうどん文化があるのだろうか?
(個人的にはこの地方は蕎麦だと思いますけど)

img20180616158.jpg
いつも旅先では朝食を食べ過ぎる私ですが、ここでは勉強の成果が出てかなり控えめな量にセーブすることに成功しました
ただし内容は、朝からカレー(笑)
理由は和食にするかパン食にするか悩んでいる時にカレーが目に入り、カレーの匂いが私を襲ったからにほかならない(爆)
かくして私を誘惑することに成功したカレーですが、いかんせん器が浅すぎてルーがこぼれてしまうという失態をやらかしてしまった(笑)
カレー自体はいかにもホテルっぽい高級な味がする欧風でしたが、なかなか旨い♪

朝風呂にも入ろうと思っていましたが、なんだかんだで時間を食ってしまい断念…
名残惜しいのですがホテルをチェックアウトします
そこから向かったのはホテルからも近い、松江城の北にある昔ながらの街並みがある地域です

img20180616168.jpg
楽しみにしていた武家屋敷は改修工事で休館中でした (T_T)
気を取り直して

img20180616167.jpg
小泉八雲の旧居へ行くことにいたしました (^^)

img20180616180.jpg
昔の家ですので、天井もかもいもふすまもすべてが小さいというか低いですね
背が高い現代人なら頭を打ちそうです
また今の家みたいに気密性が高くありませんので、隙間がたくさん見えますね
冬はさぞ寒かったでしょうね
ガラスも昔のままとのことで、今みたいに表面が平でなく波うってるんですよ
現代では作れませんから割れたら大変です (+_+)

img20180616175.jpg
床の間に屏風…
日本特有のものだと思いますが、現代ではなかなか見かけない物になってしまいましたね
小泉八雲のことはあまり知らなかったのですが、すぐ近くにある記念館も併せて見学し、ずいぶん勉強になりました (^^)

私たちは松江市内を発ち、今度は境港を目指します

img20180616184.jpg
途中の道の駅で休憩&コンビニでコーヒータイムです (^^)
でもここには他に素晴らしいものがありました 

img20180616185.jpg
道の向かい側に素晴らしい景色がありました
空も青いので絶景かもしれないと渡ってみることにしたのです

img20180616189.jpg
この日は大山がくっきり見えました (^^)
今日はあの辺りまで行く予定です♪
っと、その前に…

img20180616199.jpg
こんな道も通りましたよ
でもこの写真じゃ普通の道路で、わざわざ写真に撮る意味がわかりませんよね

img20180616197.jpg
撮り方によっては、こんな風に写るんです
通称「ベタ踏み坂」といって、島根県と鳥取県の県境にかかる江島大橋というのが正しい名称です
なかなか急坂感が出てると自画自賛です(笑)

その後はひたすら南下し、蒜山を目指します
時間はちょうどお昼すぎ…
そろそろランチにしましょうか

img20180616206.jpg
蒜山といえば焼きそば!ですので焼きそばを食べるのに異論はないのですが、問題はどのお店で食べるかですね
そんな中から私たちは『やす坊』さんでいただくことにいたしました (^^)
理由は、実はやす坊さんは以前は四国の丸亀市で讃岐うどん店を営業されていて私たちも訪れたことがあるのです
その後はここ蒜山に移転されたことは知っていたのですがなかなか訪問の機会がなく、今回ようやく訪れることができたのです

img20180616208.jpg
まぁこれは文句なしに決定ですね
もう一品はせっかく讃岐うどん店なのでということで

img20180616211.jpg
「ひやかけ」と「天ぷら盛り合わせ」
ここでうどんの味云々は言いませんが、さすがに丸亀でされていただけのことはあって、そんじょそこらのうどん屋とはレベルが違います
天ぷらだって揚げたてのサクサク♪

img20180616210.jpg
肝心の蒜山焼きそばは、こんな感じで準備されて点火されます
そして鉄板が十分熱くなった頃に厨房で調理された焼きそばが来るのでした

img20180616213.jpg
こんな感じで盛り付け完了です
すぐに焦げるのでひんぱんに混ぜながら食べて下さいとの注意を受け、食べ始めます

img20180616215.jpg
温泉たまごはトッピングでもの良し、つけ汁のようにして食べるのもよしとのことですので私はトッピングにしてみました

img20180616216.jpg
これが


(゚Д゚)ウマー!


蒜山焼きそばってどんな味?
私もまったく知らなかったのですが、簡単にいえばソースではなくみそ味です
味噌が勝っている甘辛いタレで味付けした焼きそばって感じでしょうかね
キャベツや地鶏を加えて調理するのも条件みたいですね (^^)


『蒜山本格手打うどん やす坊』
岡山県真庭市蒜山湯船8-19
0867-66-4477
11:00~15:00
木曜定休


食事の後はデザートだと相場は決まっています(笑)
蒜山といえば高原、高原といえば牧場、牧場といえばソフトクリームだ

img20180616218.jpg
ということでやって来たのは、蒜山ジャージーランドという牧場♪
『やす坊』さんからもすぐ近くでした (^^)

img20180616220-001.jpg
もっと田舎のカントリー風牧場かなと思っていたら、近代的な建物でした (^^)

img20180616223.jpg
目的はもちろんコレ
牛乳の味がとっても濃いくて


(゚Д゚)ウマー!



img20180616228.jpg
建物の裏には牧場がひろがっています
広大な敷地なので牛たちもストレスなく、のんびりできそうです

img20180616232.jpg
なんでこんなに広い敷地なのに隅っこに集まっているんだ???
もっと広い所で走り回れば良いのに (^^)

その後は

img20180616240.jpg

img20180616239.jpg
有名な場所ですが、久しぶりに来ましたので新鮮です
お土産物売り場が広大なのは驚きました (゚o゚)

その後は道の駅などを覗いてプラプラして帰ろうと思っていたんですが
ソフトクリームがあまりに美味しかったのでハシゴすることに(笑)
再び北上して大山を目指します

img20180616250.jpg
大山まきばみるくの里という場所です
よくわかりませんけど、ここも牧場なんでしょうかねぇ
場所は前日の昼食に食べた『まつおか』さんのすぐ近所でした

img20180616249.jpg
すぐ背後には大山がそびえています
前日とかわって今日は良い天気ですが、惜しいのは山頂に少し雲がかかっていることですね

img20180616254.jpg
目的はもちろんソフトクリーム♪
このためだけにやって来たと言っても過言ではありません(笑)

img20180616256.jpg


(゚Д゚)ウマー!


やっぱりミルクの味が濃いですねぇ (^^)
こちらのは少し練乳っぽさを感じました 

img20180616258.jpg
ちなみのこちらは背後に大山、目の前には弓ヶ浜という素晴らしい景色を見ることができます
このひは快晴だったこともあって、本当にきれいでした (^^)
さてソフトクリームも食べたことですしそろそろ帰ろうかと駐車場へ向かうと

img20180616261.jpg
さっきは雲がかかっていた山が、頂上まではっきりくっきり見えました!
この日に松江に泊まると素晴らしい夕陽が見えたかもしれません
けどもう帰らねば… (T_T)
宍道湖に沈む夕日は今後の宿題にして家路につくことにします

img20180616263.jpg
前日も立ち寄った展望台からは、このようにハッキリ見えました 
\(^O^)/
前日とは雲泥の差です 
lここからは溝口インターがすぐ近くですので、高速に乗って一路神戸を目指します

img20180616268.jpg
もちろん休憩をはさみながら安全運転で帰ってきました (^^)


※長文におつきあいいただきまして、ありがとうございました 

鳥取だか島根だか、どっかそこら辺の旅 1

Posted by Wakky on 23.2018 旅行   0 comments   0 trackback
Tag :松江市
こんばんは

1泊で旅に出てきましたのでそれを記そうと思います
尚、毎度のことながら私の旅行記は長文になりますのでご了承願います
冒頭の変なタイトルは、こんな名前のお菓子を現地で見て面白いなと思ったためパクらさせていただきました(笑)
今回の旅のメインは足立美術館を軸に組んでみたのですが、その他は蒜山と大山と少し松江くらい…
出雲大社等はあえて外して行程を組んでみました
この辺りは本当に鳥取と島根の県境でどっちがどっちかよくわからん場所でもありました

img20180616007.jpg
吉川インターから中国道に乗って西を目指します
少し早めに出たこともあって空いていて快適なドライブでした (^^)

img20180616008_2018062008463984f.jpg
岡山県に入って最初だったかのサービスエリアで休憩をします
ここで少し休みをとって、すぐの津山インターで一度高速を降りて向かったのは

img20180616022.jpg
津山まなびの鉄道館という場所です
この津山は姫路から始まって山間部を西へと続く姫新線と、岡山~鳥取を結ぶ津山線、因美線が十字形に交差する場所でして、おそらく蒸気機関車の時代には機関区があって整備や水・石炭の補給なんかをしていたのでしょう
その跡地にこういう施設が出来たようでしたので、ちょっと鉄分を補給しにやってきたのでした (^^)

img20180616014.jpg
津山駅の裏のはずれになる場所ですが、少ないながらも無料駐車場もありました (^^)
早くに来たおかげでガラガラの状態でしたが、夏休みともなると子供さんたちがいっぱい来るんでしょうね

img20180616017.jpg
機関庫の中には、かつてこの辺りで活躍した車両たちが展示されていました
電車ではなくディーゼルエンジンで動く車両たちですが、懐かしいものもあってほっこりしました (^^)
たまにエンジンをかけて車庫から出すこともあるようです (^^)
個人的にはD51が動いてほしいです
今回の旅はここがメインではありませんので、先を急ぐことにします

img20180616024.jpg
米子道に入り蒜山高原というサービスエリアで休憩を取ります
その後もう少し走って、大山の近くで昼食といたしました (^^)

img20180616026.jpg
『まつおか』さんというお店なんですが、かなり前にこの辺りを旅した時にたまたま入ったお店で、大山おこわが美味しかった記憶があるのです
でもかなり昔の話だし本当にこのお店だったのかイマイチ確証がもてません
遠い記憶では「坂の途中にあって、階段を上がってお店に入る」だけは覚えているのですけど…

img20180616034.jpg

img20180616037.jpg
大山は地鶏でも有名ですのでとり蕎麦を…と思ったんですが「×」マークが点灯していました (T_T)
まぁ今日はおこわメインで来たんだし、おこわと蕎麦のセットにするかと思って

img20180616030.jpg
「かけそば+おこわ」(¥1,080)
ほんらいなら冷たい蕎麦をいっとくべきなんでしょうけど、ちょっと寒かったので温かい蕎麦にしてみました
色黒い蕎麦は細く切られており、かけなのに山菜や海苔がトッピングされています
蕎麦はたぶん十割のようで、独特の食感が細打ちの蕎麦と合うんです
おこわも山菜たっぷりでモチモチ♪


(゚Д゚)ウマー!


img20180616035.jpg
嫁は「大山おこわ」(¥800)
おこわとみそ汁のセット♪
でもこのおこわを食べて、かつて来たお店なんだと確信いたしました♪
美味しい!


『まつおか食堂』
鳥取県西伯郡伯耆町岩立9-5 桝水高原
0859-52-2526
9:00~17:00
不定休


ふー食べた食べた
やっぱり美味しかったぞと思いながらお店を出ると、来た時には気が付かなかった風景が目の前にありました (^^)

img20180616027.jpg
(翌日撮影)
大山が目の前だったんですね (^^)
雲で山頂が見えないのが残念ですが、天気予報はあまり良くなかったことを考えると雨が降らなかっただけヨシとしましょう
リフトが設置されていることを考えると冬はスキー場になるのでしょうか
大山、なかなか良い場所じゃないですか

お腹もふくれましたし、メインの足立美術館を目指すことにします

img20180616038.jpg
途中、大山が見える展望台みたいな場所があったのですが、この日はこんな感じでした (T_T)
ここからクルマで小一時間走ったかなぁ?
いよいよ到着です (^^)

img20180616039.jpg
広大な無料駐車場に停めて向かいますが、周囲はハッキリ言って田舎…
なんでこんな場所に?と思いながら入口まで歩いて向かいます

img20180616042.jpg
ここでチケットを買って中に入ります (^^)
ちなみにこの美術館周辺には温泉が沸き出ているようで、そこへ行くもお客さんも散見できました (^^)

ここは美術館というネーミングながら庭園が立派だという話を聞いていたのですが、入ってみると

img20180616045.jpg

※ ここは庭園だけでなく絵画等も多数展示してあったのですが、残念ながら撮影は庭園に限られていますので美術品の写真はありません

なるほど、とても立派なお庭ですね
手入れが大変そうやな~と思いながらも見入ってしまいます

img20180616048.jpg
こういう見せ方をするのは、風景をまるで絵画のように見せようという意図なんでしょうか
借景というのか?(←わかってない)

img20180616091.jpg
仏壇の横の窓が、まるで床の間の掛け軸のような見せ方になっています
晴れた日はきれいですが、雷雨の時は稲光がモロに見えて怖いですやん(笑)

img20180616060.jpg

img20180616100.jpg
それにしてもキレイなお庭で堪能できました (^^)
素晴らしいお庭で心が満たされましたので、次はお腹を満たそう!ということで再び鳥取県の米子まで戻って向かったのが

img20180616102.jpg
JR米子駅からもわりと近い『あんあん』というお店です (^^)
たい焼き専門店ではなく、店内ではお茶(紅茶)もいただけるようですが、私たちはテイクアウトで買い求めました (^^)

img20180616103.jpg
大きな鉄板で焼くのではなく、鯛一匹だけ焼ける大きなトングのようなもので丁寧に焼いてくれます♪
結果、表面はカリッと焼けますし中は(ところどころはみ出していますけど 笑)アンがぎっしり!


(゚Д゚)ウマー!


『甘党の店 あんあん』
鳥取県米子市茶町56
0859-32-7769
10:00〜17:00
日曜、祝日休(たまに不定休有)


心も胃袋も満たされた私たちは、次なる目的地へと向かいます
再び島根県松江市に入り、訪れたのは

img20180616105.jpg
歴史がありそうな神社ですが、あまり大きくはありません

img20180616109.jpg
ここは八重垣神社といって、縁結びの神様が祀られていることで有名です (^^)

img20180616108.jpg
小さいながらもきちんと手入れがなされていたりと、ちゃんとしてる感じです(笑)
粗いところはひとつも見受けられません
ますはここでお参りをして、御朱印帳に記入をお願いしておいてから

img20180616110.jpg
八重垣神社といえばここ!みたいな池へとやってきました (^^)
鏡の池というんだそうで¥100で和紙を買い求め、その上に¥10か¥100を置いて池に浮かべ、早く沈めば願い事は早く叶い、遅く沈めばなかなか叶わないんだそうです

img20180616112.jpg
私たちはやりませんでしたが、若い女性が大勢来ててキャッキャ言いながら池に浮かべていました (^^)
あの若さが羨ましいです(笑)

御朱印帳を受け取り、今夜の宿がある松江市内を目指します
わりと神社からはすぐでしたが、その前にちょっと立ち寄りたい場所がありまして…

img20180616129.jpg
宍道湖の夕陽を見る絶好のスポットへとやってきました (^^)
湖周辺の道路に路駐して夕陽を見ると、渋滞とかして迷惑になりかねませんから

img20180616119.jpg
このように簡易パーキング的なものが設置されています
しかし湖は道路を渡って反対側…
けっこう交通量も多いこの4車線の道路を渡るには勇気が要りますが

img20180616120.jpg
実は地下道もありますし、さらにはエレベーターも設置されているのです (゚o゚)
そしてこのようなベンチまで…
真夏の夕方ですとコンビニでビールと柿ピーを買ってきてここで飲むのも気持ち良いかもしれません

img20180616122.jpg
波打ち際(?)はこのように段々になっており、腰かけてゆっくりと夕陽を見ることができます (^^)
さて私たちも…

img20180616124.jpg
腰かけて湖を見たら、今にも雨が降って来そうな雲ばっかりですやん (T_T)
どこが夕陽やねん!なんやねんこれ…  ○| ̄|_
松江泊は2回目だと思うのですが、こんな夕陽を楽しみに来たのに2回とも悪天候 orz

img20180616128.jpg
次は頼んまっせ

img20180616127.jpg
でもさすが宍道湖で、浜辺(?)はしじみの貝殻がたくさんありました (^^)
夕陽は残念でしたが、そろそろ宿へ入ることにいたします

img20180616164.jpg
(翌朝撮影)
前回に続いて今回お世話になったのが、ホテル一畑さん♪
松江市街地に近いのと、宍道湖の畔にあるのと、温泉大浴場(これ大事)があるというのが選んだ理由です (^^)

img20180616150.jpg
(翌朝撮影)
部屋は残念ながら宍道湖側ではありませんでしたが(安かったので当然か)、それでも目の前には一畑電鉄の松江温泉駅があって電車の到着出発シーンを見ることができます (^^)
ということは出雲大社からのアクセスも良いということですね (^^)

私たちが宿泊したのは一泊朝食付きのプランでしたので夕食を食べに出かけねばなりません
ホテルからタクシー(面白い運転手さんだった)に乗って向かったのが

img20180616135.jpg
『おでん庄助』さんというおでんのお店♪
もちろんおでん以外にも一品ものも居酒屋並に豊富にあり、飽きることはありません
私たちも中央のコの字型のカウンター席に座らせてもらいました (^^)

img20180616142.jpg
おでんは¥100~と安い!激安だ (゚o゚)
飲み物はビールにしようか?とも考えましたが、サワーが¥300とこれまた激安でしたのでライムサワーを嫁と2杯オーダーです♪

img20180616137.jpg
じゃがいもが皮のままなのが珍しいです
他はウィンナーとごぼう天♪

img20180616138.jpg
豆腐、筍、春菊、玉子焼き

img20180616139.jpg
大根、うすあげ、シューマイの他にカウンターの上にあったポテサラ
このうすあげと大根、めっちゃ美味しかった \(^O^)/
その他にも数品頼んでお腹いっぱいになったのとデキ上がったのでお会計をしてもらいました
なんと2人で¥3,000ちょいという安さ!
夫婦ともにあまり飲まないとはいえ、旅先で美味しいものを食べてこの値段は嬉しい誤算♪
今度松江に泊まる機会があっても、また来ようと思います (^^)


『おでん庄助』
島根県松江市八軒屋町16
0852-21-4238
17:00~22:30
日曜と月曜の祝日定休


その後は酔い覚ましをかねてプラプラと歩いてホテルへと戻ってみました

img20180616145.jpg
その後は温泉でゆっくりと汗を流し、早々に床につきましたとさ(笑)


『神戸ラーメン 第一旭』@三宮

Posted by Wakky on 20.2018 ラーメン   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

真に喜ばしいことですが最近うどん率が多くなっています
しかしながら人間はバランスというものを無意識のうちに求めるのか、「ラーメン食べたいなぁ」と思い始めていました
そこである日の昼食に食べに行くことにしたのですが、いざとなるとなかなかお店が決まらないもんですな
そこで醤油ラーメンにターゲットを絞り、いろいろ考えたあげく

img20180616006.jpg
三宮駅近くの(自称)オッサンロードにある『第一旭』さんへ行くことにしたのです (^^)
何やらバナナマンの日村氏が神戸駅近くのお店に行ってるのがTVで放映されてから、『もっこす』ともどもお客さんが増えたと聞いて「そういえば最近行ってないなぁ」と思っていたからです
お店のよって味が微妙に違うとかは全く考えておらず、「第一旭に行った」という実績が欲しかっただけだ(笑)

img20180616001.jpg
久しぶりなのでA、B、Cラーメンがそれぞれ何なのかまるでわかっていません
が、値段から察するにAラーメンは普通、Bは何かトッピング、Cはめっちゃトッピングなんだろうということは長い人生経験のおかげで言われずともおおよその察しがつきます(笑)
私がオーダーしたのはもちろん一番安いAラーメン+高菜ごはんのセット♪
何回か来たことがあるとは言え超久しぶりなので初訪問に近く、そんな時は一番ベーシックなものを頼むという作戦をとった (^^)

img20180616002.jpg
しばらく待っていると出てきました (^^)
麺があまり見えませんでしたので引っぱりだしました
細めのストレートにこのスープはオーソドックスで好み♪
最近の味をこねくりまわして作り上げたスープにいまいち馴染めない初老のオッサンにはこういうスープの方が抵抗ありませんな(笑)
メンマもいいし、個人的にはモヤシが入っていたのがポイント高し♪


(゚Д゚)ウマー!


ちなみにBラーメンはチャーシュー麺、Cラーメンはさらに麺も大盛りということらしいですが、私にはこれでじゅうぶんでした
まぁ高菜ごはんも食べましたからね☆
しかし久しぶりに食べてみましたが、また身体が欲していたのもあってかなかなかに美味い♪
また来てみようかな
今度はBラーメンにしてみようかな?
そんなことを思いながらお店を後にしたのでした (^^)


『神戸ラーメン 第一旭 三宮西店』
神戸市中央区北長狭通1-1 JR三ノ宮高架下1F
078-321-3939
10:00~26:00 (日曜は~24:00)
無休

『うどん 一福 』@谷町4丁目

Posted by Wakky on 16.2018 うどん   0 comments   0 trackback
こんばんは

香川県は高松市西部に端岡(はしおか)駅という駅があるのですが、その駅近くの線路脇に『一福(いっぷく)』という讃岐うどんの名店があり、土日なんかはうどん屋が多い高松市内でも行列ができる店として有名です
私も何度かお邪魔させていただきましたが、少し細めの麺にスッキリとしたいりこ出汁が絶妙なマッチングで記憶に残るうどん店として忘れようにも思い出せません(そりゃ忘れとんや!)
そんな一福さんが大阪の谷町4丁目に進出されたと聞いちゃ黙ってはおれません
しかし谷町4丁目っても、三宮からだとどうやって行けば良いんや???
地図で調べてみるとフンフン、大阪城や大阪府警の西で行きやすい場所やん
これなら行ける!ということで三宮から梅田まで電車で30分、梅田から東梅田まで徒歩30分(地下はわからんくて迷ってしまう)、東梅田からは10分くらいで着いたのでした (^^)

IMG20180616012.jpg
「酒とうどん」の文字が見えますから、夜はお酒を提供して飲む店として営業されているのかもしれません
でも下戸で家まで遠い私は夜には来れんなぁ
しかしながら地下鉄が八尾南まで行くってことは、八尾在住の某氏なら行けるぞ♪とアオる (笑)

IMG20180616003.jpg
入口は道路から奥まった場所にあって、うどん屋オーラはあまり感じられません
しかも当然のように「セルフなんだろう」と思っていたんですが、なんと一般店でしてスタッフの方が注文を取りに来てくれ、できたうどんを運んでくれるのです (^^)

IMG20180616004.jpg
メニューは大まかに「かけ」「しょうゆ」「ぶっかけ」に分類され、ざるや釜あげ系はまた登場していません
オープニングメニューなのでしょう、たぶん
ということで私は「とり天ぶっかけうどん」をオーダーです

IMG20180616009.jpg

IMG20180616010.jpg
大きな鶏天が3~4個ゴロッと入っていて、どれもが揚げたてで熱々♪
しかしどうも麺が高松で食べたのと違って、何か尖っているような印象を受けました
大将いわく「水が高松と違うんで、熟成の時間が違うんですわ」とのことですので、試行錯誤中で今後アジャストしてくるのかもしれませんね (^^)
でも


(゚Д゚)ウマー!



IMG20180616008.jpg
嫁は「ひやかけ」、すなわち冷たいかけうどんをオーダー♪
さすがにこちらの麺はダシに馴染んでいますが、それでも高松のと比較すると少し尖ってると思います
でも冷たいダシが旨いんですよねー (^^)
よし、高松に食べに行こう!


『うどん 一福 』
大阪市中央区谷町3-5-9 レジュールアッシュ谷町1F
06-4792-7188
11:00~14:00
17:00~21:00
日曜、祝日定休

『讃岐麺房 すずめ』@三宮

Posted by Wakky on 13.2018 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

とある日のことです
ちょっと用事で外出したついでに昼食を食べることにした私ですが、用事がメインなのか食事がメインなのかという議論はさておき、とにかく腹が減っていますのでてっとり早くうどんで済ませることにしたのです (^^)

20180613001.jpg
ということでやって来ました『すずめ』さん♪
近くに『はなまるうどん』もあるっちゃぁありますが、私はすずめ派☆
幸いカウンター席に空きがありましたので、腰かける前に「かけをひやあつの大で」と素早くオーダー♪
しばらく待っていると

20180613004.jpg
天かす入れ放題なのが天かシストにはありがたく、ご覧のようなうどんになるのです
この日は天ぷらを取らなかったことも影響したのかな?
でも「麺を食べ終えた後、全汁しないと残った天かすがもったいないやん」と思われたアナタ、
私はダシを吸った天かすひとつひとつをお箸でチマチマ取って食べるのがお箸の使い方の練習にもなるし好きなのだ(笑)

20180613003.jpg
お昼は殺到するお客さんをさばくために茹で置きの麺となる確率が高いですが、それでもこのクオリティ♪
セルフのうどん屋へ行かなくて良かったと思えるひとときです (^^)
定食系メニューもあって、いつかはそれを試してみたいのですが今回もうどんのみ…
いったいいつになることやら(笑)



『讃岐麺房 すずめ』
神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮1F
(078)251-1319
11:00~14:00  
17:00~20:00
土曜定休


  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR