FC2ブログ
Loading…

聖地巡礼2 『がもううどん』@坂出

Posted by Wakky on 27.2019 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 坂出市
こんばんは

今回の2軒目は、言わずと知れた坂出にあります『がもううどん』です
このお店も伝説はたくさんありまして
1 (昔は)ダシはダシ捨てのバケツに捨てずに店の前を流れている「イデ(用水路のようなもの)」に捨てていた
2 店内で食べるスペースは非常に少なく(って言うか店内で食べることをまったく想定していない)、うどんを受け取った客は表で立ってうどんを食べる。雨降ったら傘さしてうどんを食べる
3 今は広大な駐車場になっている店の前は、以前は田んぼだった。その田んぼを見ながら立ってうどんを食べるのはここだけかもしれない
4 どう見ても店舗と言えるような建物ではない
等々、行き届いた飲食店に慣れている都会人には目がテンになりそうなお店なのですが、讃岐うどんの代表的なお店としてその功績は大きく、令和になった今でもその昭和チックなお店は後世に残さねばならない…というのが全員の一致した意見♪
という理由で行くことになったのでした (^^)

IMG20190527001.jpg
久しぶりに来た『がもううどん』
通い慣れた道で、目つぶってても来れるわと思っていたら迷ってしまい(笑)ナビに案内してもらうというていたらく…
言うても国道11号の旧道と新道を間違えただけなんですけど…

IMG20190527003.jpg
うどん小が¥150とは立派!
これぞ讃岐価格なのであります (^^)
3代目となる若大将よりうどんをもらい…

IMG20190527007.jpg
ここで天ぷらを取ってお会計です
天ぷらはかなり迷ったんですが、まだ先があるということで断念… (>_<)
アゲが美味しいと評判なんですが個人的には衣が多い天ぷらが好きなんです♪

IMG20190527006.jpg
会計が済めば、背後にあるダシを注いでネギをいれて出来上がりです (^^)

IMG20190527005.jpg
うどんが完成したので表に出て食べよう…と思ったら、ちょうど店内の席が空いたので座らせていただくことに♪
ラッキーというか、がもう来て表で食べないのもなぁ…と思いながらも滅多に座ることもないであろう店内の座席(6席くらいしかない)に座れることの珍しさを感じることにします (^^)
私は温かい麺に温かいダシの、いわゆる「かけうどん」(¥150)
麺は滑らかで、しかも今までがもうでは経験したことがないようなコシの強さ&麺の強さ♪
うどんの打ち手が2代目から3代目に変わったから?
理由はわかりませんが、あれ?こんなんだったっけ?と目をこすりながら食べました♥


(゚Д゚)ウマー!



IMG20190527004.jpg
嫁は冷たい麺をもらって、冷たいダシをかけた「ひやひや」(¥150)
冷たい麺だとさらにコシが強くなって勢いが出ますね
ちょっとビックリ (゚o゚)
私の経験では、ここではそんなにコシの強いうどんを食べたことがありませんでしたので、今回は新たな発見ができました♪
初めて来た頃はまだ初代の方がいらっしゃって2代目が釜で麺を茹でておられていましたが、その仕事が次世代にも引き継がれているようで一安心というか、このお店はたとえ令和の時代になってもやっててもらわないと困ると個人的には思うんです



『がもううどん』
香川県坂出市加茂町420-1
0877-48-0409
8:30~14:00頃
日曜、月曜定休

聖地巡礼1 『さか枝うどん』@高松

Posted by Wakky on 25.2019 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 高松市
こんばんは

週末に讃岐うどん巡りへ行ってきましたので、その様子を書いていこうと思います
今回の目的は、古くからある私たちには親しみのあるお店が最近次々と閉店していて悲しい思いをしていたんですが、悲しむヒマがあったら営業しているうちにとりあえず食べとけ!みたいな感じで(なんやそれ)、私たちの好みのお店のうち比較的老舗な店に行くこととしました (^^)
企画期間中にも閉店のニュースは次々と飛び込んできていて、高松のたちばな屋さんとか増井米穀店さんとかが閉められましたし、青い屋根の谷川製麺所(谷川米穀店ではない)も年末に閉めるという情報もあります
なんと言っても昨年の滝宮の松岡さんの閉店は私にはもっとも大きな衝撃でした (T_T)
そんな中、この『さか枝』さんも閉店?というニュースが飛び込んできましたが、どうやらリニューアルのためしばらく休むというのが正しいようです
私たちはいても立ってもいられなくなって旅立つことを決意したのでした

IMG_7601.jpg
快晴の中、快調に明石海峡大橋を渡ります
天気が良いのは誠に結構なんですが、気温がめっちゃ上がって暑い暑い…
5月で30度オーバーって…
そんな暑さの中でもえて吉さん号は順調に走り、やがて高松市内へ到着いたします

IMG_7612.jpg
目的の『さか枝』さんは高松市内の真ん中、県庁裏にあるという都心部にあるのですが、このように駐車場を用意してくださってますのでありがたいですね
ちなみにさか枝のすぐ近くには香川県警の本部がありますので誰も違法駐車はしていません(笑)

IMG_7602.jpg
到着です
この上、マンション?
かつては定年後に滝宮駅近辺のマンスリーマンションか何かに住んで松岡のうどんを飽きるまで食べようか?なんて思ったこともありましたが、松岡無き今はこの辺りの物件はどうだろう?(笑)
一応高松の真ん中だし都会だし便利そうだし毎朝うどんが食べられるぞ(笑)
そんなことを思いながら暖簾をくぐります

IMG_7604.jpg
かけうどん小は¥190、その他だいたい¥200前後となっていますが、天ぷらは¥100均一のようです
素材によって値段も変わると思うんですが、お昼時は大量のお客をさばくための均一料金?
個人的には客を長時間待たす京阪神のうどん店の大将(あえてどことは言いませんが)は、ここのオペレーションを見習って、待たさずとも茹でたてが提供できる方法を学んで欲しいと思います

IMG_7603.jpg
ウワサは本当でしたが、いつから再開されるか明記されていませんでした
おそらく工事の目途が立った時にアナウンスされるのかな?(しないかも?笑)

IMG_7605.jpg
「温かいうどんの場合は、そこで湯がいて下さいね♪」
なかなかこういうお店も少なくなってきました
もしかして増えることはもうないかも?

IMG_7606.jpg
そして『さか枝』の真骨頂は、この巨大なタンクから自分でダシを注ぐことだろう
自分で量の調整が出来るのですが、あまりたくさん入れすぎないように…っと♪

IMG_7607.jpg
薬味も大量に置いてあります
ゴマが珍しい?

IMG_7610.jpg
ということでうどん完成で~す♪

IMG_7609.jpg
私は温かい「かけうどん」(¥190)
朝一はやはりこれだろうと思ってオーダーいたしました (^^)
ホワンと香るダシが香川に来ていることを感じさせます
麺はピチピチでお箸で持つと踊る踊る…


(゚Д゚)ウマー!


究極のオーソドックスって言うか、際立ったクセがないのにめちゃくちゃ美味しい♪ 
永遠に食べ続けられるうどんだ(無理だと思うが)
やっぱり美味しいなぁとは同行者の弁ですが、本当に美味い (^^)

IMG_7608.jpg
嫁は「ひやかけ」(¥210)
おそらくここでは初めてだと思うのですが、あまりの暑さのせいか冷やかけがあると知ってオーダーしていました (^^)
スッキリと透明感のある冷たいダシにピチピチの麺なんですから、まずい要素なんてはるはずがありません


(゚Д゚)ウマー!



5月末から休業されるらしいのですが、間に合いました (^^)
そしてきっと復活されることを祈っていますし、その時はまた来ます


『さか枝うどん』
高松市番町5-2-23
087-834-6291
5:00~15:00頃
日曜・祝日定休

聖地巡礼4 『梅木うどん店』@まんのう町

Posted by Wakky on 13.2019 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん まんのう町
こんばんは

坂出の『柏原』を出た私たちは
・一度道の駅等での買い物で休憩をはさむ
・このまま食べ歩きを続ける
か作戦会議をいたしましたが、今回は案外いけるぞということで一致し、4軒目を目指すこととなりました (^^)

IMG20190213010.jpg

IMG20190213009.jpg
やって来たのは、まんのう町にある『梅木うどん』というお店です
事前にネットでみた同店の麺は、やや太めの「いかにも手打ち」という感じでした
まんのう町という都会から離れた場所とこの田舎っぽい太い麺に期待しての入店です (^^)

IMG20190213016.jpg
これまた事前に得た情報では、肉うどんがかなりのボリュームらしいことは知っていました
けど今回は肉うどんツアーと違う(笑)
我々はボール紙に書かれた「しっぽくうどん 400円」の文字を確認してオーダーしたのでした
ところが私たちはオーダーし終えてから気付いたんです
このお店の値段設定なんですが湯だめうどんが¥200に対し、似たような釜揚げうどんが¥500、釜玉うどんも¥500と釜揚げ系が相対的に高めの設定なんです (゚o゚)
逆にしょうゆうどんが¥100!(光ってて見えてませんね、ごめんなさい。こちらで確認してくださいね)という破壊力抜群の価格設定なんです!
一時は「¥100でうどんが食べられる」と話題になった讃岐うどんですが、さすがにこのご時世では¥100で提供できる店は限られてきました
近所の人、昼食にしょうゆうどん大を頼むと¥200で多分腹いっぱいになれるぞ

IMG20190213011.jpg
さらにはラーメン界では当然のようにある替え玉がここにはあるのです
しかもSNSに投稿すれば一玉無料ということで、しょうゆうどん(小)を頼み、ツイッターでつぶやいたら¥100でお腹いっぱいだ!
どうですかこの作戦、ご近所の方のお昼はコレで決まり?!(笑)
調べてみたら、けっこうつぶやいてる人多い

IMG20190213013.jpg
とか言うてる間に出来てきました「しっぽくうどん」
小芋がけっこう入ってて、食べごたえありそうな感じでした (^^)
カウンターにあった天かすは個人的好みで投入♪
食べてみると、麺はやはり少し太めの田舎っぽい純朴な感じですが、茹でたてとあってピチピチのピョンピョン♪
勢いがあり、まさしく「うどんが生きている」状態♪


(゚Д゚)ウマー!



麺がモチモチしてるんですよね
最近は麺がシュッとしててエッジが立ってて、滑らかで鋭い細麺が多い(たぶん製麺機を使ってるんだと思います)中、これはええもん見つけた☆って感じです
昔のやり方なのかもしれませんが、私はこういうのが好みですねぇ

IMG20190213012.jpg
嫁は「かけ」(¥200)
やはり少し太めの麺がそそります
そして特筆なのは少量かけた唐辛子(うどんと違うんかい!)
これだけの量なのにかなり効くのです
そういえば同じまんのうにある谷川米穀店の青唐辛子の佃煮といい、以前どこかで買い求めた鬼びっくりという名の唐辛子もかなり辛い
そういえば鬼びっくりを作っている会社も町は違いますがここからはわりと近いなぁ
もしかしてこの辺りは、唐辛子の名産地でもあるのでしょうか?
そんなことを思いながらも完食です (^^)


『手打ちうどん 梅木』
香川県仲多度郡まんのう町東高篠1094-3
0877-75-0022
6:30~14:00 (土曜は10:00~)
日曜定休


ということで今回の予定は無事終了~
この後

IMG20190213017.jpg
マルナカで買い物をして帰路につきます

IMG20190213015.jpg
今回も楽しかったです♪

最後になりましたが、今回もコース選定から当日ずっと運転してくださったえて吉さんには、本当にお世話になりました。
御礼申し上げます


聖地巡礼3 『柏原』@坂出

Posted by Wakky on 11.2019 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 坂出市
こんばんは

高松で2軒の美味しいうどんをいただいた後は坂出に移動します
今回はしっぽくうどんの季節での食べ歩きということで、えて吉さんもコースプランニングにだいぶ苦労された模様…
しっぽくうどんは讃岐うどんの冬の風物詩なんですが、どこのお店でもあるわけではありません
お店の選定に関しては参加メンバーが過去に行ったお店と極力かぶらないようにチョイスしてくださったようです
ご苦労をおかけいたしました

さてクルマは順調に坂出に到着いたしました
駐車場にクルマを停め、そこからは徒歩で向かいます (^^)

IMG20190211014.jpg
坂出と言ったら香川県でも比較的大きな町…
その中心部にこのような建物でうどん屋を営んでいられることが驚きです (゚o゚)
県か市が道路拡幅すると言ったらまっ先に立ち退きになりそうな佇まいが素敵です
(もちろんそんなことが無いことを祈ります)
この『柏原』さんへは過去に全員来たことがあるのですが、その時食べた麺の瑞々しさが好印象でして再訪問となったのでした
今回はしっぽくうどん狙いとはいえ、ここら辺にもえて吉さんのコース選定の苦労を感じることができます

IMG20190211007.jpg
この日はかやくそばがおすすめだそうですが、私たちはしっぽくうどんを食べるつもりですので関係ありません
意気揚々と暖簾をくぐり、カウンター席に腰掛けます
先客は一人、お店も大将おひとりでされていますので、のんびりとしたムードがただよっていました
私たちは「しっぽくうどん!」とオーダーしたのですが、なんと「やめた」とのこと (゚o゚)
一人では野菜なんかを煮込んだりするのに手間がかかるからかなぁ
とにかく腰がくだけそうになったもののここの麺は美味しかったはず♪
気を取り直して「かやくうどん」をオーダーしてみます

IMG20190211008.jpg
私たちはうどんとそば、各ひとつづつオーダーしてみました

IMG20190211010.jpg
「かやくうどん」
麺の滑らかさはやっぱり間違いなし♪
このうどんはワカメがかなり主張してきたと感じたんですが、地元産なんでしょうか?

IMG20190211012.jpg
「かやくそば」
まず麺が太いのにビックリ (゚o゚)
「蕎麦殻も挽いとる、いわゆる田舎そばですわ」とのこと
これだけ太いと蕎麦の香りもすんごい感じることができます


(゚Д゚)ウマー!


ちくわの数が多いのはサービス?(笑)
とにかく蕎麦の打ち方にも少々こだわりがあるようでして、しばらく熱く語ってくれました (^^)

IMG20190211011.jpg
それにしてもこのお店は昔ながらの雰囲気が良いですね
仮に新しくうどん屋がオープンしても決してこのようなお店にはならないでしょう
そういう意味でも未来へ残しておくべきお店なんだろうと勝手に思います (^^)
えて吉さんはしっぽくうどんがなかったことにえらく恐縮してらっしゃいましたが、私は再訪問できて幸せ♪
讃岐うどん食べ歩きの際にはこういうことも多々ありますよってに (^^)


『柏原』
香川県坂出市京町3-1-26
11:00~15:00(麺切れ終了)
土曜日定休

聖地巡礼2 『優作』@高松市

Posted by Wakky on 09.2019 讃岐うどん巡礼   2 comments   0 trackback
Tag :讃岐うどん 高松市
こんばんは

この日の2軒目は、先ほどの上野製麺所からも近い『優作』さんというお店です
ちなみにどれくらい近いのかと言うと私は車内で「歩ける距離」と言ったのですが、実際にクルマで走ってみると「こんなもん歩かれへんわ!」と一斉にツッコミが入りましたが



20分くらいでじゅうぶん歩けるぞ
また優作といえば松田と思われたアナタ、なかなか古いドラマをご存知で(笑)
「太陽にほえろ!」というドラマの中で、犯人(?)に撃たれた時に自分の血を見ながら「なんじゃこりゃぁぁ!」と叫びながら殉職するシーンが強烈な印象として残っていますね

IMG20190209015.jpg
ということでクルマであっという間に到着した『優作』さんでしたが、実はここも開店前に着いてしまいました
こうやって写真を撮ったりしていると、なんじゃこりゃぁぁ!
屋根の上に釜が乗っとるやないか!とそれほど驚かなかったのですが、なかなかうどん屋らしいオブジェですな
そうこうするうちに暖簾が出ましたのでさぁ入ろうと動き出した瞬間、道を歩いていた近所のおっちゃんらしき人が神タイミングで暖簾をくぐったのには驚きました
あのおっちゃんも待ってたんか?
それにしてもタイミングが素晴らしすぎだった (゚o゚)

IMG20190209007.jpg
そういうワケでポールシッターを逃した私たちでしたが、別に一番を競っているわけではありませんでしたのでごく普通に店内へ入ります
すると

IMG20190209009.jpg
まずどんぶりを取るシステムのようでしたが、このシステムを採用しているお店はもう少ない(?)

IMG20190209010.jpg

IMG20190209014.jpg
そして特筆すべきは、このお店の値段です
「しっぽく 1玉 ¥240」
「かけうどん 小 ¥130」
なんじゃこりゃぁぁ!と思わず叫んでしまいそうなほど安い!(ちなみに税別価格でした)
おそらくここは麺を宮西製麺所という製麺屋さんから仕入れていると思うんですが、それでこの値段でやっていけるの?と心配したくなるような価格です
(自分で打つほうが安いと私は思っている)
ということで当然ここは「しっぽくうどん」
¥240は今まで食べてきた中では最安値かもしれません

IMG20190209012.jpg
これね、野菜がめっちゃ煮込まれてて美味しかったんですよ
大根とかなんか「もうこれ以上ダシが染みこむ余地がありません」というくらい染みてて「なんじゃこりゃぁぁ!」というくらい美味しかった♪
ダシも野菜のエキスを含んで甘いなと感じるくらい本当に美味しかった


(゚Д゚)ウマー!


麺はそれほど太くはありませんが、表面は優しく芯はしっかりといった印象で温かいうどんなのになかなかハイレベル♪
さすが製麺屋さんが作った麺は違うなと感心♪
一気に宮西製麺所へ行きたい熱が上昇します(笑)

IMG20190209013.jpg
そばという文字も見えましたので「かけそばはできますか?」と尋ねてみればできますよとのことでしたのでオーダー♪
見た目は駅そばと似ているなと思ったんですが、食べてみるとそれは失礼な表現であることに気付かされます
蕎麦の香りもしますし、何より食感が良い♪
もう少し細い方が好みなんですが、そうなると温かいダシにするとフニャフニャになりそう…
そこらへんが絶妙の加減でした (^^)
ちなみに店名の優作は松田優作を意識したものではなく、優しく作るというところからネーミングされたらしいです
昔の讃岐うどんの風情(価格も含めて)が残っている良いお店だなと感じて次のお店へ向けて出発します



『優作 』
高松市円座町142
087-885-2344
11:00~
第1・3・5の日曜日定休


聖地巡礼1 『上野製麺所』@高松市

Posted by Wakky on 07.2019 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :高松市 讃岐うどん
こんばんは

久しぶりに渡讃してうどん巡りをしてきました (^^)
今回もメンバーはishさんにえて吉さん、そして私たち夫婦、myblackmamaさんは仕事の都合がつかず今回は欠席、計4名で出発です♪

うどん王国讃岐といえど、名店と言われるお店の閉店(おそらく後継者不足)が相次いでいて心が痛みます
そんな中でも美味いお店を探そう!というフロンティア・スピリットを忘れず、またこの季節ならしっぽくうどんを食べよう!というサブタイトルも付けて香川を目指します

IMG20190207007.jpg
えて吉さん号は快調に走り、ぼーっとしていたら高松に到着です♪
お店のチョイスはなかなか難しいのですが、今回もコースを組んでくれたえて吉さんがトップバッターに選んだのは

IMG20190207008.jpg
高松市円座にある上野製麺所というお店です♪
途中が快調すぎて開店の少し前に着いてしまいましたので、お店の前でしばらく待っていました

IMG20190207009.jpg
なんで香川県の山は、あんなにポコッとしているのだろう?
これには私に持論があるのですが、ここでは言うまい(笑)
何人か聞いた人がいると思うのですが全員笑顔で賛同してくれています (^^)

IMG20190207010.jpg
そうこうするうちに暖簾がかけられて開店です
それと同時に店内へとなだれこみました

IMG20190207011.jpg
一斉になだれこんだ私たちでしたが店内はセルフのようで何を頼むか決めていないため、急停止となりました
今一度立ち止まってメニューをよ~く見ている間に、「今日来たのはしっぽくうどん食べるためや」と自分に言い聞かす時間を取り戻し、気を確かに持ってしっぽくうどんをオーダーします
が、このお店の特徴として「半玉」というサイズがあるのに気付き、今日一日食べ歩かねばならない私たちは最初っから飛ばすわけにもいきませんので「半玉で」とオーダーしてみました♪

IMG20190207015.jpg
半玉で麺は少な目ですが具の量は半分ではない?
思った以上の山盛に少しとまどいました
なんせこのしっぽくうどん、具の量によっては一杯目(一軒目)で満腹になってしまう恐れがありますので出てくるまで気が気ではありません
事実そうして痛いメに遭った方もおられます
通常ならボリュームがあると大喜びするもんですし、現地の人はそうなんでしょうけど、一日で何軒も食べ歩かねばならないうどん巡礼者にとっては要注意なメニューでもあります
ま、鉄のような強靭な胃袋をお持ちならそんな心配する必要もないのでしょうけど(笑)

IMG20190207017.jpg
なかなかの盛り具合ですね
肝心の麺が見えていませんが、最近少なくなってきた太目の麺♪
しかも開店直後とあって茹でたてのプリップリなもんで状態としては素晴らしい出来です
ダシはカツオベース?なんて意見も出ましたね
我々関西人にも慣れ親しんだ味で



(゚Д゚)ウマー!


入っていた鶏肉が親鶏らしく、しっかりとしてて噛めば噛むほど美味しさがジワッと出てきます
これは旨いぞ♪

IMG20190207014.jpg
もう一品は「かけ」の半玉♪
麺はやはりプリプリのコシがしっかり感じられるうどんで、これぞ讃岐うどん♪
ダシも天かすエキスを吸って良い感じに香ばしくって


(゚Д゚)ウマー!



ネギも素敵だ☆
食べ終えたところで一息ちたのですが、半玉のいかげで軽い♪
ちょっと名残惜しいけど次行けるぞ!
そんな私たちに大将が「行ってらっしゃい!」と送り出してくれました (^^)




『上野製麺所』
香川県高松市円座町2289−3
087-886-8841
10:30~14:00
第一土曜日と日曜日定休


聖地巡礼4 『柳川うどん店』@観音寺

Posted by Wakky on 30.2018 讃岐うどん巡礼   0 comments   0 trackback
Tag :観音寺市
こんばんは

善通寺の『はなや食堂』で至福の一杯をいただいた私たちは、さらに西を目指します
実は観音寺市内では数軒リストアップされていたのですが、営業時間とお腹具合を勘案して『柳川うどん店』へ行くことになりました (^^)
讃岐うどん店を巡りの行程を組む際、時間的な制約でなかなか観音寺まで足を伸ばすことができないことが多いのですが、さらに私の長年の課題であった『柳川うどん』に来れることになった幸せを感じながらの訪問です
思い起こせば岩田屋も味噌汁うどんのまりも来れないまま閉店してしまったしなぁ

IMG20180730008.jpg
創業は昭和2年だそうで、もうン十年も営業されてます(計算できない 笑)
ですが、お店の外観はそこまで古く感じません

IMG20180730010.jpg
ここは卵とじうどんが評判らしいと何かで見聞きした記憶がありまして、その話をしたんですが、「この暑い時に卵とじうどんはなぁ」とか「玉子とじうどんは病気で寝込んだ時に食べるネガティブなイメージがある」と評判はいまひとつ…
私もその意見を否定できずにいたのです

IMG20180730003.jpg
「卵とじうどん」(¥360)
しかしここまで来てスルーするわけにはいかないと夏の暑さにも打ち勝つ決死の覚悟でオーダー♪
麺はやや細めで、ストレートで縮れのない麺♪
少し甘さを感じた独特のうどんはダシと麺がよく馴染んでグー♪



(゚Д゚)ウマー!


田舎うどんの典型のような少し甘いうどん&ダシがグー♪
これ、美味いぞ (^^)

IMG20180730011.jpg
「冷たいかけうどん」
キュウリや色が薄いカマボコが夏らしい涼しさを感じますネ☆
麺は細いながらもさすがにコシを感じます
ダシもスッキリしてて


(゚Д゚)ウマー!



でしたぞ
私見ですが、香川県でもこれだけ西部にくると、ダシが少し甘く感じるんですよね
気のせいかしら?
でもしれが私には旅情に感じられて“はるばる来ました感”があって好きなんです (^^)


『柳川うどん店』
香川県観音寺市観音寺町甲2814
0875-25-3846
8:00~18:00 
木曜定休



こうして4軒のうどんを食べ終えてお腹いっぱい…
帰路はいったん西へ向かってから徳島道を通って吉野川沿いを徳島まで…
その後は淡路島を経由して無事に帰宅できました (^^)
毎度クルマを出してくださってずっと運転してくださるえて吉さんをはじめ、同行の皆様には感謝申し上げます

  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR