FC2ブログ
Loading…

フェリーで行く別府温泉旅行記 2

Posted by Wakky on 03.2019 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

目が覚めると、ちょうど日の出を見ることができました (^^)

IMG20191017002.jpg
しかし前エントリーでも書きましたが、町中のあちこちから湯気が出ていますので、町はもう目が覚めたかのような感じです

IMG20191017004.jpg
私も朝風呂を堪能してから朝食へと向かいました
朝食は昨夜と同じ場所で、やはりバイキング♪
しかし私も学習いたしました
昨夜の反省から、一度一周してみて自分が食べたい物の品定めをしてからお皿に取っていくことにします

IMG20191017007.jpg
すきやき!

IMG20191017008.jpg
ざるそば!
好物が多くて目移りしてしまいます
しかし朝食です
食べ過ぎたらこの日一日重いお腹をかかえて動かねばならなくなってしまいます

IMG20191017006.jpg
目の前でオムレツを焼いてくれますので、これは食べよう
次から次へと現れる魅力的なものから厳選して、以下のような朝食になりました

IMG20191017011.jpg
一応洋食っぽくしてみたつもりなんですが、すきやきと蕎麦は外すことができませんでした
でも私にしては上出来です♪

そして名残惜しいのですが、チェックアウトの時間となりました
私たちも出発準備を整え、ホテルを後にいたします
この日の天気予報は曇→雨の予報…
天気がもってくれると良いのですが…と祈りながらの出発です
まず向かったのは

IMG20191017022.jpg

IMG20191017024.jpg
十文字原展望台という場所です
別府市内が一望できる高台にあるのですが、この場所は実は…

IMG20191017025.jpg
色んなアンテナが設置してある場所でして、その敷地の一部を展望台として開放しているようでした (^^)
次に向かったのが

IMG20191016137.jpg
昨日も来た地獄蒸しプリンで有名な岡本屋さん♪
またプリンを買いに来たのかって?
いえいえ

IMG20191016139.jpg
前日に見たこのサンドイッチを買って、今夜の夕食にしようという作戦だったのです (^^)
なかなか人気があるようで、午前中なら間違いなく買えるとうかがっていましたので早めに買いに来たのです
無事にサンドイッチを買い求め、再び市街地で向かったのが

IMG20191017040.jpg
「グローバルタワー」という高所恐怖症の人間には考えられないタワーです
円柱の部分をエレベーターで昇り、頂上の少し下の突き出た部分の展望台まで行こうというのですから尋常ではありません

IMG20191017037.jpg
別府湾が一望できる、素晴らしい眺めです
って平気を装って書いてますが、実は私の腰は抜けていたのです(←重症の高所恐怖症)
しかしここだけではありませんでした

IMG20191017034.jpg
さらに空中に向かってガラス張りの階段があり、その先にはもう一段高い展望台があるようなんですが、ここで私の人格が壊れたようで、ただひたすらゲラゲラ笑うことしかできませんでした
そんな私を見て嫁はドン引きしていましたが、あまりの恐怖に陥ると笑えてくるんだなぁというのが経験できました(笑)

IMG20191017044.jpg
その後、恐怖の展望台から見えたスーパーに行ってみたりして、地元でしか売ってないような物を買い求め、お昼に向かうことにいたします

IMG20191017052.jpg
別府のB級グルメといえば冷麺です(本当か?)
冷麺を提供しているお店は何軒かあるようでしたが、その中から専門店とも言えそうな『六盛』さんへ行ってみることに♪
お店は大繁盛店のようで、ご覧のように駐車場もあるのですがすぐに満車になるようで

IMG20191017053.jpg
他に近くにも確保されているようでした (^^)

IMG20191017046.jpg
お昼時に行ったのに待たずに入れました
空いてた?
いえ、後で気が付いたんですが、回転がすっごい早いみたいなんです
出てくるのも、お客が食べるのも早いんです(驚)
そんな中、私たちは何を食べるか決めるのに時間がかかり(苦笑)ましたが

IMG20191017050.jpg
嫁はやはり「冷麺」
ここへ来てこれ食べないと何しに来たんだ?と言われかねませんからね
サイズは並・大・特大があるようですが、私たちは無難な「並」でオーダーいたしました
さて出てきた冷麺は、私が知っている平壌冷麺のとは違って、「これって蕎麦か?」と思えるような太さ&色でした
でも食べてみるとそんなことはなく、特にクセが感じられない食べやすさでして、これは意外でした
スープが本当に美味しくて、モッチリとした麺によく合うのです


(゚Д゚)ウマー!



IMG20191017048.jpg
私はこの期に及んで何を血迷ったのか「中華そば」
他の人が食べてるのが実に美味しそうだったのだ(汗)
これも本当に美味しかった (^^)
しかし本当は温麺を食べてみたかった…(なら温麺を頼めよ)

IMG20191017047.jpg
「おつまみスペアリブ」というのがあったので頼んでみたんですが、これがめちゃウマ 
柔らかく、味がよく染みてて本当に美味しかった♪


『六盛』
大分県別府市松原町7-17
0977-22-0445
11:30~14:00
18:00~20:00
水曜定休


お腹は満足できましたので、再び地獄めぐりをすることにいたします
まず向かったのは

IMG20191017054.jpg

IMG20191017062.jpg
海地獄です
地獄とは程遠いきれいな青色ですが、ゴオオ~!という轟音とともに水蒸気が噴き上がる様はマジで地獄…

IMG20191017059.jpg
でもきれいなんですよね~
次に向かったのは、すぐ近く(隣)にある

IMG20191017072.jpg

IMG20191017069.jpg
坊主地獄という場所です

IMG20191017068.jpg
泥の中からポコポコと何かが湧きあがってくる様子がお坊さんの頭に似ているから?
それにしてもすぐ近くなのに、こんなにも色とか濃度とか違うんですね

IMG20191017073.jpg
少し歩いて白池地獄へとやってきました
この辺りから雨が降ってきました

IMG20191017074.jpg
白池ってありますが、きれいなエメラルドグリーンですやん
でも蒸気が吹き上げる様子は勇ましく、それはまさしく地獄を表しているようでした

IMG20191017078.jpg

IMG20191017084.jpg
続いては鬼山地獄です

IMG20191017081.jpg
ここは湯気(蒸気)が凄くて、ほとんど何も見えませんでした
温度が高いのかなぁ?

IMG20191017083.jpg
深い緑色がチラッと見えました
ちなみにここではなぜかワニが飼われていました

IMG20191017085.jpg
次はかまど地獄です

IMG20191017088.jpg
何がどうなって「かまど」なんだろう?と思っていましたが

IMG20191017090.jpg
かまど状の泥の塊から湯気が上ってまして、その湯気にタバコとかの吐息を吹きかけると湯気の量が増えるというのを解説&実践されているおじさんがいらっしゃいました (^^)
私たちも線香の煙で試させてもらいましたが、本当に増えて「なんで?」と不思議でした

IMG20191017093.jpg
そのすぐ脇には真っ赤な血の池地獄のような池が…
こんなにも違うものがどうして目と鼻の先で…?

IMG20191017095.jpg
これで地獄めぐりはコンプリートです (^^)
堪能いたしましたので、次は

IMG20191017102.jpg
別府タワーへとやって来ました (^^)
なんとなく大阪の通天閣に似てるなと思っていたんですが、設計者は同じなんだそうで「やっぱりな」っていう感じです

IMG20191017097.jpg
このエレベーターで上がると受付があるそうなんですが、スナックへ飲みに行くような雰囲気です(笑)

IMG20191017098.jpg
午前中に上ったタワーよりは低いので余裕なんですが…

IMG20191017100.jpg
ガラスがバキバキに割れていて、そっちの方が怖い…
強風が吹いたらどうなるんだろう?
できればちゃんとメンテナンスして欲しいですね

IMG20191017104.jpg
そして市内にある竹瓦温泉へ行ってみることにいたしました (^^)
明治時代に建てられた建物は実に趣きがあるのですが

IMG20191017106.jpg
男湯の脱衣場のすぐ横が歩道なので窓が開いてたら丸見えです(笑)

IMG20191017107.jpg
こう見えてこの施設、別府市営なんだそうで、入浴料はなんと¥110という安さ! (゚o゚)
そのかわりシャンプーもリンスも、シャワーもサウナも何もなく、ただ湯船があるだけです
30回券だと¥1,980かぁ
だったら家でお風呂沸かすより温泉に入りに来るかも?
ただここのお湯は熱めで、なかなか汗がひきませんでした
施設もお世辞にもきれいとは言い難いのですが、それでも良いお湯でしたよ (^^)

IMG20191017105.jpg
砂湯もあるそうなんですが、そちらは¥1,050だったっけ?
私はこの温泉、気に入りましたよ♪

IMG20191017111.jpg
その後立ち寄った別府交通センター
四国の八幡浜との間フェリーの発着港として交通センターを名乗ってるのでしょう
この昭和レトロ全開の建物の1階にあるお土産物屋さん、全然期待していなかったのに私たちがこの2日間かけて買い求めた物すべてが揃っていたのには驚きました (゚o゚)
ナメていました

その後、少し早かったのですが大分港へ移動することにいたします
正直、時間が少し余ってしまいました
やはりセブンイレブンで夕食を買い求めて乗船手続きを行うことにいたします

IMG20191017112.jpg
往路に乗った船とは別の船でした

IMG20191017113.jpg
でもやっぱり大きいなぁ
人も大勢働いてて、この船動かすのに何人が動いているのだろう?

IMG20191017114.jpg
帰路は4人用の個室を2人で使わせてもらうことになりました (^^)
往路の部屋よりはコンパクトです
見ず知らずの人との相部屋はちょっと…ですが2人ですとこれでじゅうぶんかもしれません

IMG20191017116.jpg
ドラが鳴って、定刻に出航となりました (^^)

IMG20191017118.jpg
さよなら、別府大分…
いろいろ楽しかったです
手を振ってみようと思いましたが、岸壁には誰もいませんでした(笑)
また来たいと思いますが、往路はフェリーでレンタカー借りて帰路は新幹線が時間的にベストかな?

IMG20191017115.jpg
サンドイッチと焼鳥の夕食です
焼鳥は一本しか写っていませんが、三本購入いたしました♪
これでお腹いっぱいです
往路と同じように途中でテレビの電波が弱くなって寝るしかなくなりました
目が覚めると

IMG20191017119.jpg
神戸か明石沖あたりを航行していました
さぁ、家までもう一息です
気をつけて帰りましょう (^^)


スポンサーサイト



フェリーで行く別府温泉旅行記 1

Posted by Wakky on 01.2019 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

普段それほど働かない(苦笑)のですが、そんな私にもリフレッシュ休暇が与えられることになって「どこかへ温泉旅行…」と思ったのですが


こんなCMが少し前に流れているのが頭の隅に残っていましたので、「今回はフェリーに乗ってみるか…」と、初めての船旅をしてみることいしたのです (^^)
とはいうものの、どうすれば船に乗れるのかもわかっていません
調べてみるとどうやらネットで予約すれば良いらしく、予約後にコンビニで料金を支払って当日を迎えました
けどこれで本当に予約できてるのか?
今回は大分県の別府温泉へ行くことにして、大分港までの個室を予約してみたのですが船に乗ったわ部屋は無いわでは目も当てられません(思い出としては残るでしょうけど)
とにかく運を天に任せて当日を迎えたのでした (^^)

今回は別府温泉へ行くことにしたのですが、別府港へ行くのは大阪南港から出ている船しかなく、神戸港からですと大分港行となります
が、別府と大分ってそれほど離れているわけでもなく、距離にして10Kmくらいですので神戸港から乗ることに♪
神戸は六甲アイランドの北東部、阪神高速湾岸線の六甲アイランド北出入り口付近から乗船するようです

IMG20191016001.jpg
乗船前に近くのセブンイレブンで夕食を仕入れます
船にもレストラン(バイキング)があるのですが、一人¥2,000するらしいのでコンビニでええかな…となったのです
その後、フェリーターミナルへ♪

IMG20191016002.jpg
私たちが乗る予定の船は、もう着いていました…って、考えたらこの日の朝に大分から到着してるんだからそりゃ既に船あるわな
私たちも乗船手続きを無事に終え、順番待ちの列に車を停めて乗船を待ちます

IMG20191016004.jpg
やっぱり船って大きいのね (゚o゚)
こんなん、ビルやん

IMG20191016010.jpg
陽が沈む頃にようやく乗船が始まりました (^^)
私たち乗用車はそれほど広くない船の中を係員の指示のもと、一番下の部屋まで案内されます
小回りがきかない大型トラック等が一番上(乗った階)のようで、乗用車はくるくると螺旋階段を下りるように下の方まで誘導されたのでした

IMG20191016013.jpg
一台でも多く載せられるようにもっときつきつに押し込められるのかな?と思っていたんですが、案外スカスカで並べ方もこんなんでええの?みたいな感じでした
そしてエレベーターに乗って船室へ向かいます
今回は一番グレードが高いと思われる部屋を予約していましたので、最上階(7階)まで上がります

IMG20191016015.jpg
想像してたよりなかなか豪華やん♪

IMG20191016017.jpg
廊下もホテルみたいですし

IMG20191016016.jpg
部屋もカードキーでした (^^)
そして部屋に入ってみると…

IMG20191016020.jpg

IMG20191016019.jpg
おお~!広い!
全然普通のホテルと変わりないやん♪
\(^O^)/

IMG20191016025.jpg
お湯も沸かせるし、冷蔵庫もあるやん♪
(個室には無かったが、船内にはレンジもあった)
何と言っても個室なので、他のお客に気を遣うことなく過ごせるのが良いぞ

IMG20191016021.jpg
バス&トイレも付いてるし
(船には大浴場もあります)

IMG20191016027.jpg
この個室にはバルコニーも付いていたのです!
すごいやん♪
と興奮さめやらぬ間に船内散策をしてみました (^^)

IMG20191016035.jpg
SHOPもあってお土産物やカップ麺、ドリンク類(もちろんドリンクは自販機もあり)を買うことができますし

IMG20191016039.jpg
¥2,000のバイキングレストランもありますが、私ら¥2,000分も食べられへん…
負けっぽい(勝ち負けって何?)ので今回はコンビニで買ってから乗り込んだのでした
ただ¥700くらいでテイクアウトのカレー等もできるようで、実際そういう人もいたようです

IMG20191016042.jpg
お風呂もありました (^^)
後で入ろう♪

IMG20191016032.jpg
そしていよいよ出航です (^^)
船は一度、大阪方面に向かってから西へ進路を変えるようで、途中で方向感覚がわからなくなりました
海の上って目標物が無いので、すぐにわからなくなってしまいます

IMG20191016047.jpg

IMG20191016051.jpg
明石海峡大橋を通過する時はちゃんと放送で案内してくれました
けど瀬戸大橋をくぐる時も案内あるのかな?と思っていたら深夜なのか、何もありませんでした
では私たちも食事をすることにします

IMG20191016044.jpg
食事っていうよりアテですやんコレ…(笑)
でもこれで結構お腹ふくれたんですよ
毎日食べている量って、意外とこれくらいだったりするものです
最近はコンビニでも焼鳥があって、初めて食べたのですがなかなかイケてますやん♪
この後お風呂に入ってテレビを観ていたんですが、海上って電波が弱いのかすぐに受信しなくなって寝るしかありませんでした(汗)
さんふらわぁほどの大きな船になると、波による揺れってまったく感じませんので船酔いとかはしなかったのですが、ただエンジンの振動とか舵を切る時の揺れは一晩中感じますので、デリケートな方ですとあまり眠れないかもしれません

IMG20191016052.jpg
放送があって、船は定刻に大分港に着くようです
昨夜は神戸だったのに、ちょっと寝たら大分ってどういうこと?!みたいな感じで、本当に夢心地です

IMG20191016054.jpg
下船準備をして下さいという放送があり、私たちも荷物をまとめて下船準備を始めます

IMG20191016057.jpg
いよいよ接岸です
しかし着いたからといってすぐに降りられるわけではありませんでした
まずは最上階の大型トラックを降ろし、その次は3階、そして2階のクルマを降ろしてから…ですので、なかなか順番がまわってきませんでした
なんだかんだと30分以上はクルマで待機していたと思われます
エンジンもかけられず、こんなんだったらあわてて下船準備をしなくても良かったな…と感じました

IMG20191016059.jpg
そしてもうひとつフェリーで別府に行かれる方へ
朝の7時頃に船を降ろされても、観光地はどこもまだ開いていないので行く所ありません(苦笑)
せいぜい喫茶店行ってコーヒーでも飲むくらいしかないかもしれません
幸い私たちは宇佐神宮へ行く予定にしていましたので走り出しましたが、船内では「まだ朝早いしこれからどうする?」みたいな会話がありました

大分から下道ばかり約50Km、一時間くらいで宇佐神宮に到着です

IMG20191016061.jpg
こんな早朝にお参りしてる人なんているのか?…って思いましたが、サングラスをかけたお参りするようには見えない若い女性とか、近所の悪ガキっぽい高校生がお参りをしているのを見て、きっと彼らは小さい頃から毎日こうしてお参りをしてたのでしょう、そういう文化なんだろうなと思いました

IMG20191016062.jpg
この宇佐神宮は信仰が厚いのか、かつてはお参りするために海沿いの町から鉄道も敷かれていたようです

IMG20191016063.jpg
大鳥居は修理中のようでした

IMG20191016065.jpg
けど境内がけっこう広くて驚いたんです
(大変失礼ながら)九州の片田舎にこんなに大きな神社、それも「神宮」と名がつくようなお社があったことが驚きです

IMG20191016068.jpg
ごっつい立派ですやん!

IMG20191016069.jpg
別宮とかいうのもあって、お賽銭箱が3つ並んでいました
船の自販機で小銭をほぼ使い果たしていた私は、けっこう苦労いたしました(苦笑)
こうしてお参りを終えた私たちは御朱印をもらって、次の目的地へと向かいました

IMG20191016072.jpg
次に私たちがやってきたのは、豊後高田という町です

IMG20191016077.jpg
ここは「昭和レトロの街」として売り出し中(?)なのです
けど今は令和の世の中…
昭和生まれの私はといえば、令和・平成・昭和と三元号前に生まれた人間なのです
これを昭和から三つ前の元号となると明治の人になるわけで、それってすっごい昔の人やん…という感想です

IMG20191016078.jpg
このボンネットバスは土日を中心に、まだ現役で動いているようです (゚o゚)
こんなのが走っていたのはうっすら記憶に残っています
そして「昭和ロマン館」という、プチ博物館のような施設へと入ってみました (^^)

IMG20191016081.jpg

IMG20191016075.jpg
展示車両はちょっと状態が悪くてかわいそう…

IMG20191016084.jpg

IMG20191016083.jpg

IMG20191016082.jpg
その後は屋内展示を見て回りました (^^)
「そうそう、こんな感じだった!」と共感できることが多かったです (^^)
平成生まれの若い人にはわかんねぇだろうな~
その後はこの施設の外、普通の街並みも昭和っぽいらしいので散策してみることに♪

IMG20191016091.jpg

IMG20191016092.jpg
素晴らしくレトロな食堂…
値段も当時のまんまだそうです (゚o゚)
(やっていけてるのか?)

IMG20191016095.jpg
SONYのスカイセンサーとかベータのビデオデッキとか最近とんと見なくなったものが店頭に置かれていましたが、これって売りもんなのでしょうか?
ちょっと欲しいぞ

その後は再び一時間ほどかけて別府へ戻り、昼食といたしました (^^)

IMG20191016100.jpg

IMG20191016098.jpg
別府といえばとり天なんだそうです (^^)
その発祥のお店らしい『東洋軒』さんでとり天を食べることにしてやってきました
ちょうどお昼時でしたので店内では待ち客がいましたが、私たちも順番待ちをして待つことしばし、ようやく席へ案内されました (^^)

IMG20191016102.jpg
このお店はとり天発祥のお店として有名なようですが、別にとり天専門店ではなく本来は中華料理屋さんのようで、メニューには酢豚とかエビチリとか普通にあるのです
実際地元の人はとり天を食べに…ではなく、中華料理の定食をオーダーしている人も結構いらして、私たち異邦人から見れば「へ~、とり天食べないんだ~、そうなんだ~」みたいな感覚です
しかし観光客の私はわき目もふらずに「とり天定食」です

IMG20191016103.jpg
嫁も最初は私のと同じのにするつもりだったのですが、ふと目に留まった「柚子とり天」に魅かれ、これを単品でオーダーしていました
ライスは私のを大盛(無料)にしてもらってシェアしようという作戦です

IMG20191016104.jpg
「とり天定食」(ごはん大盛)
出てきた時は「えっ?!」と思うほどとり天の量が多く、大盛のごはんと相まって「こんなに油もんたくさんあって食べきれるかな?」と一瞬心配になるほどのボリュームでした
しかしこれが本当に意外なほど油っぽくなくて、フリッターのようなフワッとした軽い食感で、なんぼでも食べられる!


(゚Д゚)ウマー!


全然イケるやん、これ♪

IMG20191016108.jpg
嫁の「柚子とり天」
これもけっこう量多いのですが

IMG20191016111.jpg
「かぼす醤油とかカラシつけて食べたら美味しいですよ」との店員さんのアドバイスに従って食べてみたら、全然美味しいやん♪
でも個人的には塩で食べるのが一番味がわかるのではないか?と思いました
最初は食べきれるかな?と思う量でしたが、二人ともペロリと食べられてしまい、後で胸やけすることもなかったのは本当に不思議でした


『レストラン東洋軒』
大分県別府市石垣東7-8-22
050-5590-8353
11:00~15:30
17:00~22:00 (土日祝は通し営業)
無休(年末年始をのぞく)


お腹を満たされた私たちは、再び観光することにして

IMG20191016115.jpg

IMG20191016116.jpg
別府の観光といえば!の地獄めぐりです

IMG20191016114.jpg
2日間有効の共通入場券が¥2,000なので、それを購入いたします

IMG20191016119.jpg
まずは「血の池地獄」
本当に真っ赤な池というか温泉というか地獄です

IMG20191016124.jpg
ただ池の中心の方は赤くなく、普通の茶色…
しかし不思議な色です
有馬温泉も赤茶色のお湯で有名ですが、ここもやはり鉄分が関係しているのでしょうか

IMG20191016127.jpg
そして血の池地獄のすぐ近く、歩いてでも行けるのが竜巻地獄です

IMG20191016131.jpg
ここは普段は何もなく、ただの石組のようなのですが

IMG20191016132.jpg
30~40分間隔でご覧のように温泉が噴き上がる間欠泉なんです
何もないな~?と思って見ていたら少しずつ湯気が上ってきて「もうすぐ?!」と思っていたらいきなりの噴水状態!
始まりがいきなりだったので終わりはどんな終わり方なんだろう?と思って見ていると、いきなり終わりました

その後はおやつタイムです

IMG20191016137.jpg
地獄蒸しプリンをいただきにやってきました (^^)

IMG20191016140.jpg
カラメルが甘くなく、大人のプリンって感じでした♪


(゚Д゚)ウマー!




IMG20191017029.jpg
この『岡本屋』さんの敷地内にも地獄がありまして、別府ってあちらこちらで町から湯気が上っているのには驚きです


『岡本屋売店』
大分県別府市明礬3組
0977-66-3228
8:30~18:30
無休


おやつもいただきましたので、宿へ入る前にちょっと街並みの観光へ行ってみました


IMG20191016146.jpg
先述いたしましたが別府市内を走っていると、本当に湯気が多いのです

IMG20191016154.jpg
このように田んぼの真ん中から湯気が上っていることも不思議ではありません
有馬温泉も有名ですが、ここまでではないような気がいたします
昨年行った草津温泉もそのスケールの大きさには驚きましたが、別府はすそ野の広さっていうかお湯が噴出している場所の多さっていうか、本当にすごいなココっていう感じです

そして少し早いですが、宿へ入ることにいたしました
今回お世話になったのが

IMG20191016157.jpg

IMG20191016156.jpg
別府では有名な「杉乃井ホテル」さんでお世話になることにいたしました (^^)
ここは本当に大きなホテルで3棟並びで「〇〇館」が建っているのですが、各建物間は送迎バスが頻繁に運行されています
それほどスケールが大きなホテルなのです
本当はこんなに大きなホテルではなく、こじんまりとした宿で…と思って探してみたのですが、分煙がなされていない宿が多くてこちらにしたのです
と書くと消去法で仕方なく…と感じられたかもしれませんが、実はこのホテルは泊まってみてとても気に入ったのです

IMG20191016160.jpg
フロントでチェックインの後、このような場所を通って…

IMG20191016161.jpg
落ち着いた色あいの廊下を歩いて部屋に着くと

IMG20191016162.jpg
もっと昭和レトロな部屋だと思っていましたが、きれいやん!
と驚きはこれだけではありません
同じ場所から右方向を撮影してみると…

IMG20191016163.jpg
なんと和室も! (゚o゚)
おそらくこれは、かつては二部屋だったのを壁をぶち抜いて一部屋にリニューアルしたのではないでしょうか
えっ?!というくらい広く、しかもきれいなのです

IMG20191016167.jpg
窓からの眺望も素晴らしかった!
そしてこの宿の最大のウリ(?)でもある「棚の湯」へと行ってみたのですが、先述したとおり建物が3つもあるホテルですので

IMG20191016173.jpg
エスカレーターに乗り…

IMG20191016174.jpg
巨大な売店を通り抜け、さらには大きなゲーセンを抜け、エレベーターに乗ってようやくたどり着く遠さ…
帰りは疲れてしまい

IMG20191016175.jpg
バスで送ってもらいました(汗)
そしていよいよ夕食の時間です!

IMG20191016176.jpg
会席料理等ですと出てきたものは全部食べないと、残してしまうとなんか申し訳ない…みたいな感じになってしまいます
そこで(おやつ等の食べ過ぎでそれほど空腹でないかもしれないことも想定して)遠慮が不要なバイキングをチョイスしてみました
やはりきれいなレストランでの食事となりましたが、このホテルってリニューアルに相当費用をかけているのかなと思いました

IMG20191016177.jpg
お刺身コーナー
目の前で盛り付けてくれます

IMG20191016179.jpg
お寿司だって自分の好みのものを好きなだけオーダーできました (^^)

IMG20191016180.jpg
ステーキもあります
ウェルダン希望の人は、言えばちゃんと対応していたのにはビックリ! (゚o゚)

IMG20191016190.jpg
ただ下調べせずに気に入ったものを取っていくとこうなってしまった…
完全に失敗です
が、団子汁があったのは嬉しいです

IMG20191016183.jpg
私が好きそうなお子様メニューがありましたので、もう一回チャレンジしてみました(笑)
しかしこの後のデザートもすごかったのです!

IMG20191016185.jpg
デザートの数がハンパねぇ!
そして

IMG20191016187.jpg
ハーゲンダッツ取り放題!
お腹パンパンでもアイスクリームなら入ります(笑)
アイス自体は固く凍っていてなかなか取りにくかったのですが、それでもがんばってみました♪
お腹パンパンになって部屋に戻ってみると

IMG20191016192.jpg
素晴らしい夜景でした (^^)

IMG20191016196.jpg
丸くて大きなお月さまも出てきました (^^)

IMG20191016203.jpg
まだクリスマスにはほど遠いのに、イルミネーションがすごかったです

IMG20191016199.jpg
この日はプロジェクションマッピングも行われていて、宿泊客を楽しませていました (^^)
大きなホテルですがエンターテイメントは努力されていて、お客を楽しませる努力を感じることができました
こ私たちは再度温泉につかりながら満月を見ることができて、「来てよかったな」「このホテルでよかったな」と思いながら就寝いたしました (^^)






蒜山旅行 2

Posted by Wakky on 24.2019 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

前夜はぐっすり寝たおかげで、わりと早くから目が覚めましたので散歩してみました (^^)

IMG20190907098.jpg

IMG20190907093.jpg
どよ~んとした雲が垂れ込めていますが、雨雲ではなさそうです
山間の夜の雲っぽい感じがしました

IMG20190907100.jpg
時間が経つにつれ、雲が切れて青空が見えてきました
この日の天気予報は快晴です
ということで温泉に入り、朝食の時間となりましたので会場へ向かいます

IMG20190907089.jpg

IMG20190907090.jpg
朝食は定番のバイキングスタイル♪
食べたい物を食べたいだけ…なんてのは昔の話で、今は朝食を食べ過ぎると昼食時でもお腹いっぱいの状態が続いてしまいますので控えめにせねばなりません

IMG20190907085.jpg
でも好みの具材を入れて目の前でオムレツ焼いてくれるんですから、これは必須よなぁ…

IMG20190907091.jpg
せっかく蒜山に来てるんですから、牛乳とかヨーグルトは必須よなぁ…
とか色んなことを考えていたら収拾つかなくなってしまいますので、鉄の意志で

IMG20190907087.jpg
まだまだ取りたいものは山ほどあったのですが、なんとかこれくらいに抑えたぞ
ちなみにトーストにバターを塗ってからジャムを塗るという二度塗りは、個人的には年に数度もない最も贅沢な食べ方なのです (^^)
今の恵まれた子供たちにはわかるまい(苦笑)

朝食を食べて、もう一度温泉に入ってから宿を発つことにいたします
遅くなりましたが温泉もすこしとろみがあうようなお湯で良かったですよ (^^)

IMG20190907096.jpg
右側の白い建物がロッジ館で、以前はこの建物だけだったそうです
名残惜しいですが宿を出発です

IMG20190907125.jpg
しばらく大山のふもとの道を走って向かったのが

IMG20190907123.jpg
大山まきばみるくの里という場所です
お察しのとおり牧場なのですが、景色も抜群です!

IMG20190907114.jpg
遠くに弓ヶ浜や境港の街並みまで見えそうなほどです♪
青い空、青い海、緑の牧場…
なんという素晴らしい景色でしょう♪
いや、ひとつ足らない色があるぞ
その色とは…

IMG20190907118.jpg
白だ!(爆)

IMG20190907119.jpg
ほら、白を加えると映える映える…(笑)
朝食食べて早々にデザートかい!というツッコミもあろうかと思いますが、ここに来てこれ食べなどうする!みたいな意識の方が勝ってしまいました(笑)


(゚Д゚)ウマー!



牛乳の味が濃いんですよねぇ
本当にこの蒜山~大山辺りの乳製品、美味しい♥
そして大山を後にしまして、昼食を食べに牧場から見た境港を目指すことにいたします
小一時間ほど走りましたっけ…
着いたのは

IMG20190907136.jpg

IMG20190907134.jpg
本当は境港の『かいがん』さんに行ったんですが、満員でして「姉妹店が近くにありますからそちらへどうぞ♪」とのことで来てみました (^^)
本来は魚屋さん(カニの販売?)のようで、その片隅に食堂が併設されたような感じで、店内はとってもきれいでした (^^)

IMG20190907135.jpg
飲食できるスペースの方は、より洗練された感じです
漁師町の食堂というと、少しがさつで汚れているイメージがあったのですが、ここは全然きれいでした♪

IMG20190907129.jpg
ここは海鮮丼だ
なんぼ魚が嫌いな私でも、ここではそう言ってられないと思うぞ
トンカツとかカラアゲとかあるけど(あったっけ?)、空気読めよ

IMG20190907131.jpg
嫁は「サーモンいくら丼」
鮭の親子丼ですな(笑)
イクラは回る寿司で食べるくらいですが、むちゃくちゃ美味しかったらしいですぞ♪

IMG20190907133.jpg
「特上海鮮丼」
これで¥1,200なんですから、信じられません
アンビリーバボゥ~
ごはんを白米か酢飯か選べるそうなんですが、酢飯ですとちらし寿司になる恐れがあるので白米でオーダー♪


(゚Д゚)ウマー!




『お食事処 海心』
鳥取県境港市福定町1802-23
050-5590-9230
11:00~15:00
17:00~22:00
木曜定休


満腹になったお腹をさすりながら、そろそろ神戸を目指します
米子から高速に乗り…

IMG20190907138.jpg
大山にサヨナラを告げ、また来るよ…きっと、たぶん

IMG20190907139.jpg
サービスエリアで休憩です
因幡の白うさぎ(←大好物)の試食があったのでたくさん食べてしまいましたが、ちゃんと買いましたので許して下さい

IMG20190907141.jpg
この日はミニの集会(集会って古いなぁ。オフ会やろw)があったのかな?
多数走っていました (^^)

こうして米子道~中国道経由で無事に帰ってこれました (^^)


蒜山旅行 1

Posted by Wakky on 22.2019 旅行   0 comments   0 trackback
Tag :蒜山高原
こんばんは

週末を利用して蒜山へ旅行に行ってきましたのでその様子を記そうと思います
以前私たち夫婦だけで松江だか鳥取だかどっかそこら辺の旅に出た時に見た蒜山高原の緑が素晴らしかったので、そのことを家族に話したら「連れて行け~!」となり、宿を手配してこの日の出発となったのでした
が、今回はあまり無理な行程はたてず、蒜山でゆっくりとすることを主な目的にして出発いたしました (^^)

IMG20190907001_20190918212642ace.jpg
中国道を西へ、そして米子道に進路を取り、快調に走ります♪

IMG20190907003_201909182126453f8.jpg
途中でこのようなスーパーカーを目撃して、すげぇ!と驚きます
しかし法定速度内で走るぶんには同じだ(笑)←加速が違うやん

IMG20190907034.jpg
神戸を出ておよそ3時間弱で蒜山ICに到着いたしました
この地方にたくさんある、このようなトーテムポール(スイトンというんだそうです)がお出迎えです♪

IMG20190907007.jpg
朝に神戸を発ったらお昼前には蒜山に到着しますという高度なダジャレを理解できる人が果たして何人いる?
昼前と蒜山をかけたつもりだったのですが、もしかしてスベった?(汗)
インターからほど近い場所に蕎麦店がありましたので、ここで昼食といたします (^^)

IMG20190907011.jpg
観光地の真っ只中にあってこの値段は親切♪
しかも今夜は宿でたらふく食べなければならない身といたしましては、昼食に大盛を頼むことはここで玉砕してしまうことを意味します
ということで…

IMG20190907018.jpg
私はシンプルにざるそばと蒜山おこわをオーダー♪
おこわは昔食べて美味しかった記憶があるので外せませんでした

IMG20190907017.jpg
嫁はおろしそば
いずれも美味しい蕎麦でもっと食べたかったのですが、夜に備えて鉄の意志で乗り越えました


『蒜山高原 そばの館』
岡山県真庭市蒜山上徳山1375−1
0867-66-7101
10:30~16:00
不定休


食事を終えた私たちはデザートをいただくことにいたしました(夜に備えるんと違うんかい!)
蒜山でデザートといえば…

IMG20190907019.jpg

IMG20190907033.jpg
ここしかない!みたいな蒜山ジャージーランドです
もちろん乳製品の販売だけでなく、牧場もあり~の、レストランもあり~のという便利さですが、私たちの目的は

IMG20190907031.jpg
ソフトクリーム!
牛乳の味の濃さったらハンパありません
ちょっと他では味わえない感じで


(゚Д゚)ウマー!



IMG20190907020.jpg
素晴らしいのはソフトクリームだけでなく、もちろん景色も素晴らしいです
この日、牛さんたちは坂の上の方で草を食べていたため、そこまで登るのがしんどい私たちは遠くから眺めているだけでした(苦笑)が

IMG20190907021.jpg
乳しぼり体験ができるようで、そのために牛さんが一頭待機していました (^^)
ちなみにここでは牛乳も販売していましたので試しにと買って飲んでみたところ、やはり牛乳の味が濃いように感じました (^^)
お腹的に牛乳はあまり得意ではないのですが、久しぶりに美味しい牛乳飲んだ~と実感できました (^^)

デザートも美味しくいただきましたので、少し早いですが宿へ入ることにいたします♪

IMG20190907040.jpg
今回の宿は、休暇村 蒜山高原さんでお世話になることにいたしました (^^)
ここは本館とロッジ館があるのですが、今回私たちは本館へ泊まることにしていました
(本館の方が新しいのかな?)

IMG20190907045.jpg
緑に囲まれた素晴らしい環境の中にあります
チェックイン後に散歩してみたのですが、膝への負担が少ない芝生の上を歩くのは気持ちが良いものでした♪
また蒜山は自転車道もよく整備されており、宿でも貸自転車を用意していましたので、サイクリングも気持ち良いかもしれません

IMG20190907036.jpg
部屋は普通の和室なんですが、窓からの眺めが…

IMG20190907037.jpg
素晴らしいのです!
自転車道が写っていますが、サイクリングを楽しんでいる親子が手を振ってくれたり、家族で野球やサッカーをしたりと、自然を楽しむ雰囲気がとても良かったです (^^)

IMG20190907051.jpg
しかし初老の私たちの楽しみはと言えばコレだ(笑)
温泉で旅と日頃の疲れを落とし、その後はブハーッと… (^^)
至極のひと時を過ごしていると、夕食の時間が迫ってきました

IMG20190907052.jpg
この通り、メイン料理はのどぐろ(魚)と牛すき鍋です (^^)

IMG20190907055.jpg IMG20190907058.jpg

IMG20190907070.jpg IMG20190907072.jpg
メイン以外の詳細は割愛させていただきますが…

IMG20190907062.jpg
その名の通り、ノドの辺りが真っ黒なのどぐろ
こんなに身が付いているというか丸々と太っていたのね(←魚には詳しくない)
同行者の弁によると、めっちゃ美味しかったとのこと♪
そういえば高級魚でしたよね

IMG20190907063.jpg

IMG20190907069.jpg
この牛肉のとろけるような柔らかさったら!


(゚Д゚)ウマー!


釜めしやデザートまでいただいて、お腹パンパンになって「ごちそうさま」
もう動けません状態になるまで食べてしまいました (^^;)

IMG20190907078.jpg
食後に建物の外へ出てみました
すると満天の星!
こんなにきれいに星を見たのは久しぶりかもしれません
建物周辺は灯りがありますが、少し離れると本当に真っ暗ですので星の観察にも良いかもしれませんね
この後もう一度温泉に入り、この夜は熟睡いたしました (^^)

青春18きっぷで行く福井の『レストラン トミー』

Posted by Wakky on 24.2019 旅行   0 comments   0 trackback
Tag :福井市
こんばんは

とある週末の日曜日に、福井にある『レストラン トミー』へ行ってきました (^^)
なんでまた旅行でもないのにわざわざ昼食を食べるためだけに福井まで…と疑問を持たれるのもごもっともです
実はこのレストラン トミーのデミグラスソースは、見た目は「イカ墨か?」と思うほど真っ黒…
食べてみると、少し苦味を感じるほど濃くて、それでいて口にしつこく残らない不思議なソースなのです
私も半信半疑で食べてみて、「こりゃ美味い!」と思いました
なんだろうこれ?
丁寧によく煮詰めたらこんな味になるのだろうか?
それにしても他店ではめったに見ることができない見た目&味…
そんなソースに魅せられたishさんが幹事役となり、比較的ヒマな大人たち(笑)がわざわざ福井まで昼食を食べに行くツアーが自然発生的にできました (^^)
しかし福井までの交通費だってバカになりません
そこで青春18きっぷを利用できる期間に行くことが恒例となりつつあり、私たちも今回参加させていただくことになりました (^^)

IMG20190824005.jpg
私たちはクルマで自宅を出、JR兵庫駅近くの一日停めても定額の駐車場にクルマを預け、神戸駅から敦賀行の新快速に乗ることにいたしました (^^)
ここでishさんと合流し、目的の新快速に乗り込みます
幸いにも空席があって終点の敦賀まで座って行くことができました (^^)
もし何らかの理由で新快速が遅れたら、敦賀駅での3分の乗り継ぎ時間に間に合わないのでは?と心配していたのですが、幸い定刻に到着して無事に福井行電車に乗り継ぐことができました (^^)

IMG20190824006.jpg
無事に福井駅に到着いたしました♪
最近の電車は長時間乗ってもあまり疲れませんね
昔の直角シートの快速電車なら…なんて知っている人は少なくなりつつあるのかもしれません

IMG20190824039.jpg
この日もカンカン照りのピーカンの天気で暑い暑い…
ここからトミーまでは約3Km、徒歩で40分ほどの道のりなんですが、過去には強者たちは徒歩で向かっていたようです(驚)

IMG20190824010.jpg
しかしこのコミュニティバスが発見された今は(発見したのは私だ 笑)もっぱらバスで移動しています
私たちが乗る予定の「城東・日之出方面」のバスがやってきました♪
今までの経験では青いバスだったのですが、黄色いバスは初めてです

IMG20190824011.jpg
こうして無事にトミーへ到着いたしました (^^)
店内ではマダムが、はるばる大阪や神戸から昼食を食べに来た酔狂な人たちを笑顔で迎えてくれました
何を食べるかはishさんやマダムに基本的にお任せですので、悩むこともありません

IMG20190824014.jpg
「オードブルの盛り合わせ」だったと思います
マグロにホタテにサーモンにイクラ等の海鮮モノを中心とした内容ですが、個人的には野菜にかかっていた甘酸っぱいドレッシングがお気に入り♪
周囲に沿えてあったチーズも美味♪

IMG20190824019.jpg
揚げ物として「エビクリームコロッケ」をオーダーいたしました (^^)

IMG20190824018.jpg
コロコロのコロッケが見た目にも食欲をそそります
肝心の中身なんですが、ちょっとありえないくらいの大きさのエビが入っていて驚きです (゚o゚)
もちろんクリームの部分にもぬかりはなく


(゚Д゚)ウマー!



IMG20190824021.jpg
そしていよいよシチューです♪

IMG20190824023.jpg
これでもか!というくらいの真っ黒なソースで登場です♪
ここまでいあると「味が濃すぎるのではないか?」とか「焦げてるんじゃないのか?」とか色々雑念が頭をよぎりますが、まったくそんなことはなく、少しの苦味とビターさが抜群のキレとともに口内をかけめぐります


(゚Д゚)ウマー!


これはなかなか他店では食べられないソースだなぁ
これを目当てにあるばる来た甲斐があろうかというもんです (^^)

IMG20190824020.jpg
ちょっと順番が狂いましたが、スープも出していただきました (^^)
このスープも絶品です☆

IMG20190824026.jpg
「ポークカツ」を出していただきました (^^)
ぶっちゃけて言えばトンカツなんですが、見た目では肉厚なのが目立つ程度でした
ところが食べてみてビックリ!
豚肉の味がしっかりしてて脂の部分が甘くて、昔どこかで食べたトンカツの味に似てて


(゚Д゚)ウマー!


肉厚なのに柔らかい豚肉が上質の油でカラリと揚げられてるんですから、まずかろうはずがありません
全員が「これ、美味しいなぁ」と顔を見合わせながら食べて行きました♪
それにしても大きい♪
みんなでシェアしてもじゅうぶんの大きさでした

IMG20190824029.jpg
「ハイシライス」
例のデミグラスソースを使用したハヤシライスを〆に出していただきました
今まで出てきた料理の時にも感じたのですが、お皿についたソースがもったいない…
でjきればペロペロとなめたいくらいでしたので、このメニューはありがたい♪
本当にソースによく合うソースでした (^^)

IMG20190824030.jpg  IMG20190824031.jpg
 
IMG20190824032.jpg  IMG20190824033.jpg

IMG20190824034.jpg
「デザートは5種類用意いたしておりますが、いかがいたしましょう?」とのお店からの問いかけに対し
相談の結果「全部ください」と言ってみました(笑)
あ~気持ち良い~ \(^O^)/
こんなことも出来るのは、やはり大人数(今回は7名)で行ったからですよね (^^)

今回も素晴らしい料理の数々、ありがとうございました (^^)
余談ですが、北陸新幹線(東京~金沢)が2023年春に敦賀まで延伸チなる予定だそうです
そうなると並行在来線は地元(ここだと福井県)に移管されて第3セクター鉄道として生まれ変わることになるでしょう
そうなるとJRの経営からはずれますので、JRの青春18きっぷでは福井まで来れないということになります
そうなるとこのツアーも再考せねばなりませんね
2023年春までの青春18きっぷの発売期間はあと10回程度しかありません
それまでの間はできるだけ来ようと思います



『レストラン トミー』
福井市上北野1-24-3
0776-53-3080
11:00~13:30(LO)
17:00~20:30(LO)
木曜定休 (祝日の場合は営業)


IMG20190824036.jpg
その後、一行はバスで福井駅まで戻り、電車の時間までお土産等を見て回る自由時間といたしました
私たちも羽二重くるみを買い求め、近所のお土産物屋さんやスーパーを見てまわったとろでホームへ上がります

IMG20190824040.jpg
ほとんどが武生か敦賀までしか行かないのに、一日に一本だけ長浜まで足を伸ばす普通電車があるのは、私たちに木ノ本で降りろという神のお告げかもしれません(笑)
時間的にもこれを逃すテはなく、乗り込みます
けど前は4両くらいあったと記憶していますが、今は2両しか連結してないのよねぇ
ロングランして乗客も多い電車なので、4両へ増結を望みたいところです

IMG20190824002.jpg
木ノ本駅で無事に下車いたしました (^^)
他の方は長浜へ向かい、そこから新快速で大阪へ向かうようです
私たちがわがまま言って途中下車して向かったのは

IMG20190824041.jpg
つるやパンです
もうなんだかんだで超有名店になりましたが、私たちもここのパンにハマりました(笑)

IMG20190824004.jpg
閉店時間も迫っていましたのでパンの在庫があまりなく、ほとんど買い占めたような大人買いで買い占めてしまいました
友人たちへのお土産(安っ!)、そして翌日自分たちが食べる分です
それにしてもなんぼほど買うねん!

IMG20190824043.jpg
パンを買って駅へ戻ると、ちょうど播州赤穂行の新快速の時間にピッタリです
これに乗ってしまうと神戸までは乗り換えなしで帰れます♪
私たちも座席に陣取り、うつらうつらとしているとアッという間に新大阪でした(笑)

IMG20190824003.jpg
ということで神戸駅まで戻って来ました (^^)
あとは兵庫駅近くに停めてあるクルマに乗って帰るだけです♪
メンバーにも恵まれた楽しい大人の遠足でした
 \(^O^)/
また機会がございましたら、よろしくお願いいたします

桃を買いに紀の川へ

Posted by Wakky on 03.2019 旅行   0 comments   0 trackback
Tag :和歌山県 紀の川市
こんばんは

果物は好きなんですが、その中でもスイカやブドウ、柑橘系が好みなんです
そしてもっと好きなのが、桃!
英語で言うとPEACH!(誰でも知ってるわ!)
かつて私たちは桃を求めて、うどん巡りを兼ねて泊りがけで香川県へ行ったりもしましたが、「和歌山も桃が有名ですよ」と教えてもらって一度行ってみようと思ったのです
そのために龍神温泉旅行の帰路に下見に来てみたりして準備を整えました (^^)
そしてある週末、いつもより早起きして和歌山へ向かいます
阪神高速湾岸線から阪和道へ入り、和歌山の手前で京奈和道(新しい道だった)へ進路をとります
そして紀の川インターで降りてしばらく一般道を走ると

IMG20190803001.jpg
桃のメッカなのか、あちこちに桃の文字が見えますね
ここから目的地はすぐでした (^^)

IMG20190803003.jpg
「あら川の桃特設販売所」という場所にやってきました♪
時間はまだ9時になっていませんので楽勝だろうと思っていましたが


なんじゃこの

行列は!



まだ9時前なのに、まさかこんなに人が来てるとは思わなんだ…
しかしボーッとしていられません
私たちも意を決して列に並びました

IMG20190803004.jpg
霧のような雨が降る中、小一時間ほど並んだでしょうか
列が進まないのは、順番が来ても買いたい値段の桃(ランクがある)がないため農家さんが持ってくるのを待っているのでした
仮にその次の人が買おうと思っている値段帯の桃があっても、その前の人が希望する品物が入荷するまで待っていますので列の進みが遅いようです
と書くと「なんて非効率的な…」と思われるかもしれませんが、いざ自分の順番になると後ろの人に先を越されることがないため、ゆっくりと品定めをすることができます
香川では開店と同時に多くの人がなだれ込むため、半ば奪い合いになってしまってそれに嫌気がさしたのですが、ここではそういうことはなく極めて平和的に買い物ができたのでした (^^)

IMG20190803006.jpg

IMG20190803007.jpg
ようやく私たちの順番が回って来ました (^^)
先述したとおり後ろの人に先を越されることがありませんので、ゆっくり自分のペースで選ぶことができました
私たちも希望の桃を買い求めてクルマに積み込みました♪

桃を買ったら一安心です
このままあら川を後にするのも少し寂しく、もう少し桃を感じていたいので

IMG20190803009.jpg
前回下見に来た場所へ桃のアイスクリームを買いにきました

IMG20190803008.jpg


(゚Д゚)ウマー!


欲を言えばソフトクリームが食べたかったぞ
これは次回以降の宿題にいたしましょう (^^)
こうやてあら川の桃を買い求めることができたのですが、予想以上に買いに来る人が多くて町内の道は渋滞するわ駐車場は一杯だわでちょっと大変でした
また町内あちこちで売っていますので、どこの(どの農家さんの)桃が美味しいかとかの情報が必要かもしれませんね
もし来年も来るなら平日の方がええかな?

そして私たちはあら川を離れ

IMG20190803011.jpg
JRの粉河駅へやってきました
この駅はなかなか良かったですぞ

IMG20190803012.jpg
久しぶりに自動改札ではない、ラッチ式の改札&駅員さんを見たぞ♪
入場する時はキップ切るのかな?
でも今日は駅を見に来たんと違う
この辺りで昼食を食べるために来たのです (^^)

IMG20190803031.jpg
なんや、この純和風な豪邸は! (゚o゚)
実はここがお昼を食べに来たカフェなんですが、和風すぎて全然カフェっぽくないぞ

IMG20190803013.jpg
『創 - HAJIM E- Cafe』というお店のようです
駐車場はお店の東西それぞれに2か所あるようです

IMG20190803015.jpg

IMG20190803029.jpg
ここから入るのかな?
今のところカフェという雰囲気ではありません
しかしこの布の後ろのドアを開けると

IMG20190803028.jpg
なんと広い土間があることか…
若い人は土間って知らん人もいるんだろうな…と思いながら歩き進めていきますが、これが家の中か!?と思うほど広いです
自転車やバイクだって余裕で停められますし、キャッチボールだってできそうです
奥のスペースが飲食スペースのようです
実はこの『創 - HAJIM E- Cafe』さん、ひきこもり経験者の人がサポートを受けながら働いて社会復帰をめざす施設として運営されているようです
ということが私たちが訪れる少し前にテレビ番組の「おはよう朝日です」で紹介されたため、この日は予約でいっぱい!
私たちは予約なしで行ったんですが、次の人からは「満席です」と断られていました
危なかったです

IMG20190803016.jpg
ランチは2種類で、おすすめ定番ランチが熊野牛カレー、季節の限定ランチがワンプレートランチのようです
私たちはひとつづつオーダーいたしました (^^)

IMG20190803018.jpg
料理ができあがるのを待っている間に店(家?)の中を見せてもらいます
大正時代に建てられた豪邸だそうで、その広さたるや驚きです
また壁や障子等あちこちに凝った造作がなされていて、同じ物を作るにしてもお金をかけたんだなぁという印象です
食後に見学OKとのことで見せてもらったのですが、地元の豪商だったらしいこの家は凄かったですぞ

IMG20190803020.jpg
これは私の熊野牛カレーのランチですね
コロッケが2個も付いています
味はなかなか本格的でしっかりとコクもあって美味しかったです

IMG20190803021.jpg
嫁のワンプレートランチです
どr¥ちらも


(゚Д゚)ウマー!


でした
食後に邸宅内を見せてもらったのですが…

IMG20190803019.jpg
ここから上がらしてもらうそうで、靴を脱いで上がります

IMG20190803023.jpg
廊下、広~~~い!
はまっているガラスも表面が波打った、昔のガラスで今では作れないものです

IMG20190803022.jpg
部屋、広~~~い!
親戚全員が来ても泊まれる部屋数と広さがありそうです
いったいなんぼほど部屋があるねん!

IMG20190803024.jpg
応接室かな?
歴代の当主さんの肖像画が飾られているのが目につきますが、もっと驚いたのは天井の造り方で、こんなん有名寺院でしかみたことないぞ

IMG20190803026.jpg
何、この天井~~~!
こんなん見たことありましぇ~ん!

IMG20190803027.jpg
これは4畳の部屋なんですが、何に使うん?
支度部屋?それともお手伝いさんの部屋?
もうね、家の中で迷子になりそうなほど広く、たぶんクラス全員来ても泊まれるぞ

IMG20190803032.jpg
ええもん見せてもらった~♪
素敵なカフェであると同時に、その運営にも賛同です
いつまでも続けて下さい、来年も桃買いに来たら寄りますので♪


『創-HAJIME-cafe 』
和歌山県紀の川市粉河853-3
0736-60-8233
11:00~15:00
木金土だけ開いている


さてお腹も膨れましたし、もう用事も終わりました (^^)
このまま帰っても良かったのですが、まだ時間がありますので私が行ってみたかったお寺へ行くことに♪

IMG20190803040.jpg
紀三井寺というお寺で、西国三十三箇所めぐりの第二番札所になります
別に巡礼しているワケではありませんが、紀伊勝浦の青岸渡寺(一番札所)につづいて無意識のうちに回れてしまいましたね

IMG20190803039.jpg
この階段の急なこと!
太ももパンパンですがな…
でも人間は楽ばかりしていてはいけません

IMG20190803037.jpg
私たちも手を合わせてお参りいたしました (^^)
こうして紀三井寺参りも終了し、家路につくことにいたします
途中のサービスエリアで…

IMG20190803042.jpg
美味しいソフトクリームをいただきました

IMG20190803041.jpg
「また和歌山県に来てね~」
桃と龍神温泉と有田みかんと和歌山ラーメンがある限り、また来るよ (^^)


浜松旅行 2

Posted by Wakky on 13.2019 旅行   0 comments   0 trackback
Tag :浜松市
こんばんは

前夜は早々に寝てしまったおかげで翌朝は早くから目が覚め…ないで、わりと遅くまで爆睡してしまいました (^^;)
疲れていたのでしょうか?

IMG20190715001.jpg
天気は曇りの予報です
梅雨時の旅行としては、雨が降らないだけマシかもしれません
朝食はホテルのレストランで食べると¥3,000弱かかりますので(苦笑)、部屋で前夜買っておいたパンと部屋に備えてあったコーヒーメーカーで摂ることにいたしました(笑)
そうして名残惜しいですが、ホテルを発つことにいたします
そして向かったのが

IMG20190715003.jpg

IMG20190715005.jpg
自動車&バイクメーカーのスズキ工場前にあるスズキ歴史館です
料金はなんと無料!(前日のウナギが高価だったためか、朝食といいケチるなぁ 笑)
必ず予約が必要ではないようですが、(団体さんが来られた時とか)入場人員の調整のためなのか受付で予約の有無を尋ねられますので事前にネット等で予約入れといた方がベターなようです

IMG20190715007.jpg
現在市販されているクルマが出迎えてくれますが

IMG20190715006.jpg
GSX1100F“刀”は私の憧れでしたが、これに跨ることもできます
けど大きなバイクは昔乗っていましたが、今では重たくて無理やろなぁ

IMG20190715013.jpg
このスズキもトヨタと同じく、織りものの機械から歴史がスタートしたようです

IMG20190715014.jpg
自転車に小さなエンジンを付けただけのようなバイク
自転車と同じようなこんなブレーキで止まれるのか?

IMG20190715025.jpg
可愛いデザインのスズキ キャリイ♪
現代でこんなデザインの軽トラ販売したら売れると思うんだけどなぁ

IMG20190715027.jpg
昔は家の周囲をよく走っていたスズキ「フロンテ」

IMG20190715028.jpg
さすがにこれは私も知らなかった「フロンテ800」

IMG20190715017.jpg
中型二輪免許を取る時に教習所にあった「GS400」
クルマと同時に免許を取ろうとがんばって教習所に通ったことを思い出します

IMG20190715039.jpg
その教習所に通うため、まず原付免許を取って初めて買ったバイクの「スージィ」
これで淡路島一周したりとかした記憶がありますが、主に自転車だった私の行動範囲がコイツのおかげで飛躍的に広くなったのです
けど本当はパッソーラが欲しかったぞ(今でも欲しい)

IMG20190715044.jpg
安すぎて衝撃的だった、47万円で売り出した「アルト」
徹底的にコストダウンが図られているんですが、47万円という値段なので総てが許せたのでした
買いませんでしたけど(笑)、近所のおばちゃんドライバー等セカンドカーとしてよく売れたと記憶しています

IMG20190715048.jpg
一時期所有していたと思う「ガンマ250」
速すぎて手に負えず、すぐに手放した記憶があるような無いような・・・

IMG20190715051.jpg
ゆっくり見て回れました (^^)

次にやってきたのが

IMG20190715067.jpg

IMG20190715063.jpg

IMG20190715068.jpg
うなぎパイの工場です
ちなみにここも無料(笑)

IMG20190715055.jpg
生産している様子を見学することができます

IMG20190715058.jpg

IMG20190715057.jpg
そして売店で買い求めます

そのうなぎパイの工場の隣の工場では…

IMG20190715066.jpg
ナッツ工場のようでしたが、販売もしているようです!
ナッツ好きな私たちが立ち寄らないワケがありません

IMG20190715065.jpg
さすが工場だけあって試食もあるし、値段もなかなか安いやん♪
せっかくなので千葉県産の落花生を買い求めます
そうこうするうちにお昼になりましたので、昼食を食べに行くことにします

IMG20190715073.jpg

IMG20190715075.jpg
『レストラン さわやか』という静岡ローカルファミリーレストランへやって来ました♪
旅行のランチでファミレス?なんて思われたアナタ、なかなかここが侮れないんですよ
人気があるだけあってさすがに地元民でいっぱいでしたので、私たちも入口で順番待ちいたします
そしてようやく席へと案内してもらいます (^^)

IMG20190715076.jpg
オーダーはもちろん「げんこつハンバーグ」
テレビ(たぶん秘密のケンミンSHOW)で観てその大きさに驚き、チャンスがあるのなら一度は…と思っていたのです (^^)

IMG20190715082.jpg
まずはスープとソースがやってきます
スープを飲みながら待っていると

ハンバーグ、登場~!

なんですが、このタイミングで写真を撮るべきでした…
すぐさま店員さんが「お切りいたしますね」と言ってハンバーグを真っ二つに切り分け、切り口を鉄板に押しつけるようにして焼いていくのです
真ん丸すぎてこうしないと中にまで火が通らないのかな?と思いましたが、後の祭りです

IMG20190715084.jpg
こういう状況なんですが、こうなるとハンバーグが2枚あるだけであの衝撃が伝わりませんよね

IMG20190715087.jpg
ということで再び重ねてみました(笑)が、これでもうまく伝わっていません
本来ならコチラの画像のような、本当にコロコロの、大人のげんこつのようなハンバーグが出てきたんです
けど失敗したなぁ、知らんかったとは言え…
お店によると、少し中が赤い状態で食べるのが良いのだそうですが、ハンバーグで中が赤いのは抵抗あるなぁ…
ちゃんと火が通っているのかなぁ?と半信半疑で食べてみると


(゚Д゚)ウマー!


外はもちろんカリッと焼けているのですが、中の赤い部分と食べてみると、厚いハムのステーキを食べているような感じで独特の食感です
すなわち中身は少しモッチリ感がある…っていうか、なんしか独特なんです
ソースも美味いし、こりゃええ♥
地元を中心に人気があるのがわかったような気がします
この浜名湖近辺にも何店舗かあるようですので、機会があればぜひ♪

IMG20190715088.jpg
ついでなのでデザートもいただいちゃいます♪

IMG20190715095.jpg
お腹もふくれたことですし、観光を続けることにいたします
やって来たのは浜松城♪
言うとくけどここは無料と違うぞ(笑)
駐車場は無料でしたが、入城料¥200が要るんだぞ

IMG20190715103.jpg
昔の石積みだそうです
なかなかワイルドだったんですね

IMG20190715101.jpg
天守閣は三層です
ということは最上階まで行ってもそれほど高くないし、しんどくないな…(笑)

IMG20190715098.jpg
うん、許容範囲だ(笑)
しかし嫁いわく、ベランダ(?)に出た私の腰はかなり引けていたらしい

IMG20190715094.jpg
家康公にあやかって出世のお城として有名なんだそうです (^^)

IMG20190715106.jpg
リスがたくさんいました (^^)

IMG20190715111.jpg
次にやって来たのは、「エアーパーク  航空自衛隊浜松広報館」という自衛隊の施設です
ここも無料だ(爆)

IMG20190715112.jpg
さすがに航空自衛隊の基地だけあって、敷地の広大さはハンパありません
ちなみにこの基地は自衛隊の教習所のような施設なんだそうです
その一部を一般市民に開放して見学可能としているようです

IMG20190715114.jpg
飛行機はデカイから全部おさまらん…

IMG20190715123.jpg
注意書きが命令口調(笑)
ちなみに日本製の飛行機は日本語で書いてあり、アメリカ製の飛行機は英語で書いてあるんだそうです

IMG20190715125.jpg
ジェットエンジンは皆目わかりません…
隣の建物へ移動すると

IMG20190715127.jpg
たくさんの飛行機が展示してありました
マニアにはたまらんと思いますが、私は自衛隊マニじゃないし…
けど飛行機等に興味は少しあります

IMG20190715135.jpg
こんな造りで空を飛べるのか…という感じの、昔の戦闘機…
現代の視点で見るとなかなか雑なんです

IMG20190715136.jpg
戦闘機のコクピットに座らせてもらえるようです♪

IMG20190715137.jpg
こんな機会でもないと座ることは一生ないだろうと思いますので、座ってみます
まず椅子の上に立ってから足を潜らせるように座るんだそうです

IMG20190715144.jpg
メーターの数がハンパないのですが、瞬時にどれを見たら良いのかわかるのかな?
スイッチの数も多いし、パイロットって大変だな…と思います
速度はクルマの比じゃないですし、失敗したら墜落するし…

IMG20190715148.jpg
ということで基地を後にします
私たちも家路につくことにいたしました

IMG20190715149.jpg
さようなら、浜名湖…
楽しい旅でした 
また来たいと思います♪

  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR