FC2ブログ
Loading…

『おうどん くるみ家』@板宿

Posted by Wakky on 29.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市須磨区
こんばんは

いよいよ年の瀬もせまり、あわただしくなってきました
わが家でもパタパタと…しなくてはならないのですが、日ごろの疲れがドッと出たのか完全にダラダラモードだ(苦笑)
そんな忙しい中なのにお昼にうどんを食べに行くことにしたのです

IMG20201018001.jpg
やって来たのは板宿にある『くるみ家』さんです
はるばる山を下りて板宿まで一杯のうどんを食べに来た理由は?

IMG20201229002.jpg
しっぽくうどん!
それって何?と思われた方、しっぽくうどんは香川県の郷土料理とも言えるうどんで冬期を中心に讃岐うどん店で提供されることが多いうどんなんです
具は大根、にんじん、さといも、鶏肉等が中心になりますが、お店によって具材も変わっていますのでそのバリエーションを楽しむこともできるのです
うどんを食べながら野菜もたっぷり食べられる…
しかも旨い!となれば冬が待ち遠しくなるのですが、今冬は現地(香川)へ行って食べることはままならないかもな~という思いなのです

IMG20201229003.jpg
「しっぽくうどん」(¥880)
この『くるみ家』さんの大将は元々香川県の有名うどん店でお店を任されていた経緯もあるとうかがっており、そんな人がしっぽくうどんを作ればもちろん現地仕様であることが想像できます
もちろん多少のアレンジは神戸(関西)っぽくされているのでしょうけど、麺のコシなどはやはり本物なのです


(゚Д゚)ウマー!


このしっぽくうどんさえあればわざわざ香川まで行かなくても…
でもやっぱり行きたい(笑)
何種類かを食べ歩いて比較する…というのも楽しいですもんね (^^)
でもこのうどんは本当に香川へ行った気にさせてくれるのです♪

IMG20201229004.jpg
もう一品は「とり天うどん」(¥850)
こちらでは毎回のように「野菜天うどん」を頼んでしまいますので、それ以外のものにしようと話し合って決めたのでした
とり天はもちろん揚げたての熱々♪
それを別皿に盛ってくれたのは嬉しい配慮♪
(ちなみにこのくるみ家さんのスタッフさんはみんな優しい♪)
麺はこの辺りでは太い、しかもコシがある剛な感じですが、そこは温かいうどんですのでそれほど強くありません
「あ、コシがあるうどん食べてるな」ということが実感できます♪
とにかく美味かったな~ (^^)

ということで今年のうどん食べ納めとなりました
大晦日は蕎麦だな♪


『おうどん くるみ家』
神戸市須磨区前池町2-8-3 藤井ハウス1F
078-731-1313
11:00~14:30
17:00~21:00
月曜定休


スポンサーサイト



『讃岐麺房 すずめ』@三宮

Posted by Wakky on 27.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

いよいよ年末です
まだやり残している仕事をやっつけたり挨拶まわりやら新年の準備に大忙しです
もっと早くから準備しておけば良かったのですが、尻に火がつかないと動かないタイプですので…(汗)
そんな綱渡りスケジュールの合間をぬって昼食に行くこととします

IMG20201227001.jpg
三宮の少し東にある『すずめ』さんで忙しい合間のランチをすることにしたのです
ここで昼を食べるためにスケジュール組んだ?
いやいや、そんなことはありません
たまたまこの近くでお昼になったので、ここでお昼ということになったのです(なんか嘘くさい…)

IMG20201227003.jpg
「かけうどん」
この後もアクティブに動かなければならなかったので、大盛にせずに「並」でオーダーします
天ぷらは密を避けるためか、もう売り切れてしmったのか理由は不明ですが見当たりませんでしたので、かわりにおでん2個♪
寒い冬にはおでんがちょうど良いかも?
コシのある本格的讃岐うどんは久しぶりのような気がします
カツオ節が乗っているのが、味に深みが出てくる…っていうか、さらにカツオダシが追加されるというか…


(゚Д゚)ウマー!



並サイズということもあってズルズル…とほとんど一気食い♪
おでんにはカラシをつけすぎたので咳込むのをこらえて涙目に…(笑)
でも美味しかったぞ
これで今年のうどんの良い食べ納めになりました (^^)


『讃岐麺房 すずめ』
神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮1F
(078)251-1319
11:00~14:00  
18:00~20:00
土曜定休

『本格さぬきうどん 穂乃香』@尼崎

Posted by Wakky on 05.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :尼崎市
こんばんは

IMG20201205008.jpg
年に何回か阪神尼崎駅へ来る用事ができました
そうでもないとなかなか来れないものですが、これからは定期的に来れるかもしれません

IMG20201205001.jpg
その駅前なんですが、テレビなんかで面白おかしく「尼崎駅前にはこんな(イメージが下がりますのでここでは書きませんがご想像下さい)おっちゃんがおる」って聞いていましたが、そんなおっちゃんおらんかったぞ
そんなディープなスポットを抜けると、尼崎中央商店街があります
何度か来たことがあるのですが、この商店街もなかなか興味深いお店が多かったです
一度じっくり来てみたい…

IMG20201205006.jpg
商店街を少し西へ歩くと、讃岐うどん店の『穂乃香』さんがあります
味はもちろんなのですが、値段もリーズナブルですので人気があるお店です

IMG20201205005.jpg
かけうどんなんて¥300なんですから、丸亀製麺の並サイズとほぼ同価格ですぞ
しかもボリュームはこの穂乃香さんの方が圧倒的な勝利だと思います
この値段設定でやっていけるのか?
しかし私たちのような庶民にはありがたいことには違いなく、こうして神戸くんだりから食べに来ようという気にさせるお店なのです

IMG20201205002.jpg
「釜あげうどん」(¥380)
かねてより、「ここの極太麺で釜あげうどん作ったら美味しいのではないか?」という疑問に答えるべくオーダーいたしました
もうこれが素晴らしいほどの釜あげの麺…
すなわち水で締めていませんので、超モッチモチ…♪
うどんのコシを求めるのなら冷たいうどんを頼むべきでしょうけど、この釜あげも美味しいなぁ…
ダシは少し甘さを感じましたのでショウガを探したのですが、見つからず…
しょがないなぁ…(ここは笑うポイントなのでよろしく)
それにしても大手チェーン店では決して味わえないうどんがこの価格!
量もたっぷりで


(゚Д゚)ウマー!


IMG20201205004.jpg
もう一品は、どうしても肉うどんが食べたかったので嫁にオーダーしてもらいました
お店によっては少し硬くて何の味付けもしていない肉が乗って来ることもありますが、こちらはたぶん良いお肉を甘辛く煮た肉を出されており、誠に私好み♪
肉、柔らか~(感動)
そして


(゚Д゚)ウマー!


これはさすがに¥300ではありませんが、それでも¥520という信じられないほどの安さに涙が出そうになります
この肉うどんは本当に感動モノ♪
次回もこれ食べたい…
けど、「六甲」という温かいかけ系のメニューも気になるんですよねぇ


『本格さぬきうどん 穂乃香』
尼崎市神田中通4-157-1
06-6412-9202
10:00~18:00(日祝は~16:00)(麺切れ終了あり)
月曜日定休

『石田鶏卵』@深江浜

Posted by Wakky on 21.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市東灘区
こんばんは

昭和がちょっとしたブームなんだそうです
へ~
最近の若い人たちには珍しいのでしょうか?
会社でも若い人たちとそういう話をしていると、驚かれることが時々あります
「駅のホームでの喫煙は当然のことで電車内でもタバコが吸えて電車に灰皿があった」は驚かれたなぁ…
「電話のダイヤルを回す」という意味がわからなく、「ボタンを押すんじゃないんですか?」というのもあった
彼らは黒電話の使い方を知らないそうです
ビデオデッキやカセットテープもそう…
「テープがからまってパァになった」という意味が理解できないこともありましたっけ
色々ありますが、私たち世代が「大正ロマン」に魅かれるのに近いものがあるのかもしれません

今回のお店もそんな昭和を感じるものです
かつて私がまだ若い頃、(決して暴走じゃないですよ)目的もないのにどこかへ行ったりしていた時期がありました
夜中にウロウロしてても親に怒られないという、ちょっと大人として認めてもらえたのが嬉しかったのかもしれません
そうして夜中に遊んでいた若い頃の私ですが、若いが故に腹も減ります
しかし当時はコンビニなんてまだ無く、夜中に食べられる店といえば深夜営業のラーメン店(数は非常に限られますが)、ファミレスもまだ店が少なく、夜中なのに並んで食べたこともありますし、たまに見かける屋台の夜泣きラーメンくらいしか記憶にありません
そんな状況でしたが、サービスエリアとかドライブインにあったと思うのが、「うどん(そば)の自販機」
機械が生産中止から日が経っていることもあってメンテナンスが大変なようですが、それでも日本にはまだ残っているようなのです

※懐かし自販機 ~味わいの昭和レトロ自販機コーナー~

今回はその中から一軒をチョイスして行ってみたのです (^^)

前エントリーの『オリーブ・キッチン』を食べ終えた私…
この日は休日ですが嫁は仕事でいないので帰ってもヒマだしなぁ…
と考えていたんですが、ふと「石田鶏卵、行ってみようか」と思い立ったんです

IMG20201119005_20201115002154a21.jpg
先ほど昼食を食べた場所からクルマで2~3分、歩いてもじゅうぶん来れる距離でした
「お弁当 おにぎり パン」という文字が示すように、ここは周辺の工場や倉庫で働く人たちの胃袋を満たすべく開店した個人経営のコンビニのようなお店で、かつてこういうお店は学校の近くとかにも多くあったと思います

IMG20201119003_202011150021554bc.jpg
お店の前に自販機がズラッと並んでいますが、どれが目的の自販機かわかりますか?

IMG20201119002.jpg
これが目的の自販機なのです
お金を入れると時間帯に関係なくダシが入った温かいうどん(そば)が食べられるという、当時としてはおそらく画期的なシステムだったのではないでしょうか

IMG20201119001_20201115002158f4d.jpg
こういうのもありました
カップヌードルの自販機なのですが、フタの部分に先が尖った管が突き刺さり、その管からお湯を注ぐシステムだったと記憶しています
(フタをめくってからお湯を注ぐんでしたっけ?)
とにかく当時は夜中に何か食べるとなると選択肢がありませんでしたので、見つけたら買うという習慣が身に染みついているのかもしれません
でも今日は食べるつもりはありません
さっき昼食を食べたばっかりだし…

IMG20201119006.jpg
あと何秒でできるのかを表示するのが、ニキシー管という昔のデジタル表示の方法なんですが、これも昭和ですね
液晶とかLEDにはない、何とも言えない味わいがあるのです
あれ?
ということはお金入れた?

IMG20201119009.jpg
約30秒待つと取り出し口が開いて丼がずず~と出てきます
お箸や薬味は表のポケットのような個所に入っています
(当時は誰もパクらなかったんやな~)
麺はあらかじめ茹でた麺をセットしてあるのでしょう
コシ云々を論じるのは野暮というもの
具が乗っている熱々のうどんが食べられることに感謝しかないのです
また衛生面でも同じことが言えます
腹が減ってへってどうしようもない空腹の限界の時のためにある機械ですから、当時はまったく気にならなかったのかもしれません
¥230という値段ですがダシの味はしっかりしており、天ぷらと一緒に食べるといけるやん!


(゚Д゚)ウマー!


うどん(そば)の自販機は近畿地方には3台しか残ってなく、他の2台は兵庫県香美町と京都府舞鶴市という、いずれも日本海側にありますのでおいそれと行けません
ということは京阪神では唯一と思われるこの自販機、いつまでも稼働してほしいものです (^^)


『石田鶏卵』
神戸市東灘区深江浜町110-2
078-411-1372
9:00~21:30
日曜、祝日定休(自販機は動いてると思われる)


『おうどん くるみ家』@板宿

Posted by Wakky on 18.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市須磨区
こんばんは

家も長い間住んでいると、あちこち傷んでくるものですね
直さなくてはならないのですが、自分でやりたがる性格や諸般の事情によりDIYでやってみることになってホームセンターへ行くことになったのです
そのついでにお昼を…となったのですが、もう少し山を下って美味しいうどんを食べようということになって

IMG20201018001.jpg
板宿にある『くるみ家』さんへ行くことにいたしました
お昼時には行列もできていることが多いのですが、時間が早かったせいか幸い並んでいる人はなし…
でも店内では最後の空席だったようで、次の人からは外で並んでらっしゃいました

IMG20201018002.jpg
ここのうどんは太く、またコシも強いので温かいうどんでもじゅうぶんコシを感じることができます
ちょっと気温も低くなってきていますので、「野菜天うどん」を、嫁は日替わりを頼んでいました
オーダーを終えてから、ここの麺ですと釜あげでも美味いんと違うか?いつの日かここで一度試してみようと心に決めたのでした
(オーダーする前に気が付けよ!)

IMG20201018003.jpg
「野菜天うどん」(¥880)
特に言ってないのに天ぷらを別皿に盛ってくれたのは嬉しい計らい…
それにしてもここのうどんはちょうど好みの太さ
おそらくこれより細いと物足らなさとコシ不足を感じるでしょうし、これより太いと食べづらいかもしれません
麺だけではなく、ダシもきちんと取られてて


(゚Д゚)ウマー!


天ぷらだってもちろんオーダーが入ってから揚げているようで熱々のサクサク♪
大盛(たぶん1.5玉)だって無料で受けてもらえるようで、マイナスポイントが見当たらないのです

IMG20201018007.jpg
嫁は「日替わりくるみ家定食」(¥800)
うどんは温or冷が選べ、この日は「かぼす入り五目いなり」+「蒸し鶏とたっぷり野菜のごまみそ和えサラダ」という内容で¥800はリーズナブル
うどんの具の差があるとはいえ、私の単品のうどんより安いのは驚きです
うどんはもちろん美味しいのですが、かぼす入り五目いなりが食べてみるとアゲに染みたダシがジュワッと出てきて私の好みで美味しかった
蒸し鶏は嫁の大好物ですのですが、なかなか味にはうるさい嫁をもってしても美味しかったらしいです
うどんだけではなく、副菜や小鉢の類まで美味しいうどん屋さんってなかなか無いのでは?
とにかく大満足して、お腹もパンパンになって午後から家の用事を頑張れたのでした


『おうどん くるみ家』
神戸市須磨区前池町2-8-3 藤井ハウス1F
078-731-1313
11:00~14:30
17:00~21:00
月曜定休

『吾妻うどん』@阪急池田

Posted by Wakky on 08.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :池田市
こんばんは

以前からどうしても行きたかった施設へ行けることになりました
これは嬉しいぞ
その施設とは…

IMG20200908010.jpg
大阪府池田市にある、カップヌードルミュージアムです
以前、NHKの朝ドラで「まんぷく」というのを放送していた頃から行きたかったのです
が、満員とかでなかなか行く機会を逃し続けていたのでした
だからと言って今スンナリと行けるとは限りません
事前にローソンでチケットを買って(¥400で時間の予約をして)から行かねばならないのです

まず入口を入るとすぐ横には…

IMG20200908012.jpg
過去~現在に発売されたインスタント麺を展示してあります
普段スーパー等で何気なく見ている麺類ですが、時代とともに微妙にデザインが変わっているんだなというのがよくわかる展示となっています
私たちも昔のどん兵衛とかを見て「昔はこんなんだったよなぁ」と懐かしむことができました

IMG20200908017.jpg
そして「マイカップヌードルファクトリー」のコーナーへとやってきました♪
ここでは自分オリジナルのカップヌードルを作ってくれるのです

IMG20200908018.jpg
まず何もデザインされていない容器をもらいます
別に料金が必要なのかな?と思っていたらそのままOKでした
入場料の¥400は、主にこのカップヌードルの作成費用だったんですね
だとしたら安いものです
そしてこのカップに自分で絵を描いたりしてデザインするのですが、私の作品は…

IMG20200908019.jpg

笑うなー!

嫁には「画伯」とか「つらい時にはこれ見て笑える」とか散々言われましたが、そんなに変か?
一見して「これは日清製粉のひよこやな」とわかるやん
写実主義の私としては、まぁまぁの出来だと思ったのに…

IMG20200908021.jpg
容器をデザインし終えると、いよいよカップ麺の作成です
まず具材を4種類選びます
せっかくなので市販されていない具材を選ぶと…

IMG20200908022.jpg
スタッフのお姉さんが麺の上に乗せて入れてくれます
謎肉は好きなので外せませんでした

IMG20200908023.jpg
このような機械でラッピングすると…

IMG20200908024.jpg
このようなオロジナルのカップヌードルの完成です
こうしてできたWakkオリジナルカップヌードルなんですが、もしかすると私の没後に数億円の価値がつくかもしれませんので、大切に保管しておきましょうか(笑)

その他は博物館らしく…

IMG20200908025.jpg

IMG20200908027.jpg
日清製粉に関するものが展示されていました
コロナウィルスの影響で閉鎖されているスペースもあったりして、決して広いとは言えない展示施設ですが、とても楽しむことができました

そんな日のお昼ですが、やはり池田市内で…ということになって

IMG20200908001.jpg
大阪最古のうどん屋さんらしい、『吾妻』さんへ行くことになりました
創業元治元年ってHPにも書いてありますが、元治元年って西暦何年かわからんぞ(1864年だそうです)
わからないのは暦だけではなく、暖簾が2か所にかかっていて正しい入口もわからんぞ(笑)

IMG20200908002.jpg
それにしてもなんというレトロ感
当然ですが2か所の入口はどちらから入ってもよく、私たちも席に腰かけます
店内も強烈に冷房が効いているワケではなく、テーブルにうちわが置いてありました

IMG20200908004.jpg
値段もかけうどん・そばが¥500~と、老舗というだけで高い値段をとる店もある中、これはリーズナブルっていうか親切

IMG20200908007.jpg
暑かったので私は「冷やしささめききつね」
「ささめ」というのは何を意味するのかよくわからないままうどん登場
おー!
麺がめっちゃ細いやん
これだけ細いともはやうどんではなく、蕎麦も通り越して…ですがさすがに素麺ほど細くはなく、「冷や麦」クラスの細さ
とにかくまずその細さに驚きます
そしてこのアゲ…
出汁が染みて染みて染み込んでここまで変色したのであろうこのアゲは見ただけでヨダレが垂れてきそうです
食べてみるとこの細い麺、全然食感が無いんだろうなと思って食べてみたら、驚くほどコシがありますやん
「え!?、うそ…」と思って食べてみても、やっぱりコシの強さが感じられるんです
ダシはぶっかけうどんのようにやや濃いめなんですが、この細麺は全然負けていません


(゚Д゚)ウマー!



そして先述したこのアゲは、やっぱり予想どおりとってもダシを吸っててこれまた旨い
濃いいんですが、濃すぎない味付けは絶妙
この塩梅は昨日今日開業したうどん屋さんだとできないのでしょうか
とするとさすが創業元治元年(って何年前?)だけのことはあるな…と感心したのでした

IMG20200908005.jpg
嫁は名物らしい「ささめうどん」
どんなうどんなんだ?と思っていたら、玉子とじがないあんかけうどんでした
この暑いのに…と思いながらふーふーして食べたのですが、細い麺がダシとよく絡んで口に入ってきます
そしてこのダシがさすがで、長年営業できてる根本はこのダシの美味しさがあるからなんだろう…と思うほどダシの味は抜群
こりゃ一度ダシだけ飲んでみたいぞ


(゚Д゚)ウマー!


IMG20200908006.jpg
「かやくごはん」
ダシで炊いたらしく、これまた素朴の極みながら極上のかやくごはん
お焦げもあってこれは美味しかった♪

ということで「ごちそうさま」
老舗の底力というか、長年の積み重ねの偉大さを思い知った私たち…
日清製粉ともども美味しい麺屋さんがここ池田市にはあるんだ…ということをかみしめなfがら家路についたのでした
池田市おそるべし


『吾妻』
大阪府池田市西本町6-17
072-751-3644
10:30 ~ 17:30
火曜日定休(祝日の場合は翌日休)

『いなみころ 神戸櫨谷店』

Posted by Wakky on 06.2020 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市西区
こんばんは

神戸市西区櫨谷地区といえば、新興住宅地の西神中央と西神南の間に位置するものの、比較的田畑が多くてのんびりとした雰囲気の土地柄であると思っています
そんな地域にも当然飲食店はあり、個人的には麺類が好きなので蕎麦店は2店舗(杉ッ家さんと洗心庵さん)へは行きましたが、まだ他に気になるお店があったのです
と言っても蕎麦店ではなく、うどん店なのですが…

IMG20200906007.jpg
以前、道路沿いをクルマで走っていると「うどん」のノボリが見えて気になっていたのですが、今回ようやくの訪問となりました
クルマで走っている時には駐車場が広そうに見えず、クルマ停められるんか?と心配になりましたが、裏に広い駐車場があったのでした
私たちもさっそく店内へ向かうこととします

IMG20200906001.jpg
旧民家をリノベートしたであろうお店は、外観はレトロで配置(土間とかトイレの位置)とかは「昔の家っぽいな」と感じるものの、冷房がよく利いた新しい店内は快適です
私たちもさっそく空いた席へ案内され、メニューを見てみます

IMG20200906003.jpg
稲美町に「ころうどん」のお店があって、そこへは何度か行ったんですが、どうやら同じ系列のお店っぽいです
HP(?)によると、「ころ=香露」とは、だしをかめで熟成させ、その内側の露にまで香りが染み込むほど美味しくなるという意味なんだそうで、ということは名物は香露うどんかぁ…と思いながらメニューを見てみます

IMG20200906002.jpg
ごはんものや一品のメニューもあります
暑い時はウナギを食べて…という意味なのか鰻丼もありますが、¥1,400の鰻丼とうどんを食べれば、さすがにこの暑さでも財布の中身は寒くなってしまう…(笑)
ということで私たちはうどん単品を…

IMG20200906005.jpg
私は「ころうどん」を大盛(¥720+¥260)でオーダー
よく見ずに「大盛」って言ったんですが、よくはる1.5玉ではなく、ここは完全に2玉だった感じ…(メニューにそう書いてるやん)
やや細目ながらしっかりとした麺に、少し濃いめのダシがよく絡みます
下手したら麺がダシに負けてしまうような組み合わせですが、これが意外なほど麺がしっかりと主張できてるんです
稲美町のお店も老舗で、さらにここに支店(?)を出せるくらいの元気の源はこれか?と思いました


(゚Д゚)ウマー!


生卵も見た目は当然ですが、つぶして麺に絡めて食べるのもイイ感じです
これは旨いぞ♪

IMG20200906006.jpg
嫁は「スダチころ」(値段忘れた)
これは薬味がワサビというのが珍しいです
どっさり入っているスダチの効果として、当然のように甘酸っぱくさっぱりとした味わいになりますネ
これも美味しいぞ…と食べていたら、ワサビと固まりを食べてしまって咳込んでしまいました(笑)
それにしてもとっても夏らしい、爽やかなメニューでした

ということで「ごちそうさま」
「うどん料理 いなみ」系のうどんを食べたのはもう思い出せないくらい久しぶりですが、当時のままなのか進化したのかわかりませんが、美味しかった
そのことが嬉しくて足取りも軽く家路につきました



『いなみころ 神戸櫨谷店』
神戸市西区櫨谷町池谷277-1
078-990-1733
11:00~15:00
17:00~21:00
月曜定休(祝日の場合は営業)

  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR