Loading…

『うどん 一福 』@谷町4丁目

Posted by Wakky on 16.2018 うどん   0 comments   0 trackback
こんばんは

香川県は高松市西部に端岡(はしおか)駅という駅があるのですが、その駅近くの線路脇に『一福(いっぷく)』という讃岐うどんの名店があり、土日なんかはうどん屋が多い高松市内でも行列ができる店として有名です
私も何度かお邪魔させていただきましたが、少し細めの麺にスッキリとしたいりこ出汁が絶妙なマッチングで記憶に残るうどん店として忘れようにも思い出せません(そりゃ忘れとんや!)
そんな一福さんが大阪の谷町4丁目に進出されたと聞いちゃ黙ってはおれません
しかし谷町4丁目っても、三宮からだとどうやって行けば良いんや???
地図で調べてみるとフンフン、大阪城や大阪府警の西で行きやすい場所やん
これなら行ける!ということで三宮から梅田まで電車で30分、梅田から東梅田まで徒歩30分(地下はわからんくて迷ってしまう)、東梅田からは10分くらいで着いたのでした (^^)

IMG20180616012.jpg
「酒とうどん」の文字が見えますから、夜はお酒を提供して飲む店として営業されているのかもしれません
でも下戸で家まで遠い私は夜には来れんなぁ
しかしながら地下鉄が八尾南まで行くってことは、八尾在住の某氏なら行けるぞ♪とアオる (笑)

IMG20180616003.jpg
入口は道路から奥まった場所にあって、うどん屋オーラはあまり感じられません
しかも当然のように「セルフなんだろう」と思っていたんですが、なんと一般店でしてスタッフの方が注文を取りに来てくれ、できたうどんを運んでくれるのです (^^)

IMG20180616004.jpg
メニューは大まかに「かけ」「しょうゆ」「ぶっかけ」に分類され、ざるや釜あげ系はまた登場していません
オープニングメニューなのでしょう、たぶん
ということで私は「とり天ぶっかけうどん」をオーダーです

IMG20180616009.jpg

IMG20180616010.jpg
大きな鶏天が3~4個ゴロッと入っていて、どれもが揚げたてで熱々♪
しかしどうも麺が高松で食べたのと違って、何か尖っているような印象を受けました
大将いわく「水が高松と違うんで、熟成の時間が違うんですわ」とのことですので、試行錯誤中で今後アジャストしてくるのかもしれませんね (^^)
でも


(゚Д゚)ウマー!



IMG20180616008.jpg
嫁は「ひやかけ」、すなわち冷たいかけうどんをオーダー♪
さすがにこちらの麺はダシに馴染んでいますが、それでも高松のと比較すると少し尖ってると思います
でも冷たいダシが旨いんですよねー (^^)
よし、高松に食べに行こう!


『うどん 一福 』
大阪市中央区谷町3-5-9 レジュールアッシュ谷町1F
06-4792-7188
11:00~14:00
17:00~21:00
日曜、祝日定休

スポンサーサイト

『讃岐麺房 すずめ』@三宮

Posted by Wakky on 13.2018 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

とある日のことです
ちょっと用事で外出したついでに昼食を食べることにした私ですが、用事がメインなのか食事がメインなのかという議論はさておき、とにかく腹が減っていますのでてっとり早くうどんで済ませることにしたのです (^^)

20180613001.jpg
ということでやって来ました『すずめ』さん♪
近くに『はなまるうどん』もあるっちゃぁありますが、私はすずめ派☆
幸いカウンター席に空きがありましたので、腰かける前に「かけをひやあつの大で」と素早くオーダー♪
しばらく待っていると

20180613004.jpg
天かす入れ放題なのが天かシストにはありがたく、ご覧のようなうどんになるのです
この日は天ぷらを取らなかったことも影響したのかな?
でも「麺を食べ終えた後、全汁しないと残った天かすがもったいないやん」と思われたアナタ、
私はダシを吸った天かすひとつひとつをお箸でチマチマ取って食べるのがお箸の使い方の練習にもなるし好きなのだ(笑)

20180613003.jpg
お昼は殺到するお客さんをさばくために茹で置きの麺となる確率が高いですが、それでもこのクオリティ♪
セルフのうどん屋へ行かなくて良かったと思えるひとときです (^^)
定食系メニューもあって、いつかはそれを試してみたいのですが今回もうどんのみ…
いったいいつになることやら(笑)



『讃岐麺房 すずめ』
神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮1F
(078)251-1319
11:00~14:00  
17:00~20:00
土曜定休


聖地巡礼4 『讃岐うどん いなもく』@綾川

Posted by Wakky on 28.2018 うどん   0 comments   1 trackback
こんばんは

今回は東の方から攻め入るとう作戦で高松市内まで進んできたのですが
さすがに麺の質などはよくわかりますね
徐々に「私が思う讃岐うどんらしさ」が強くなっていっていると思われます
さて4軒目ですが、もうここまで来たらそんじょそこらのうどんでは満足できんぞ
それも私らが行ったことがないお店へ行こうということになって
お店の選定をする者にとっては無理難題を押し付けられ、さぞ大変だったことでしょう
しかしえて吉さんが用意していたお店は素晴らしいもので
「とんでもない山の中にあるらしい」(それ山内ちゃうか?)
「どうやら材木屋さんがやってるらしい」(そりゃ山内と違うの~)
と聞いて私らは目がテンになりました
なぜ材木屋さんがうどん?
私たちは頭を12,000rpmまで回して推理した(考えた)結果
1 最初は麺を伸ばす棒やまな板を作っていたが、
自社製品を使って試しに打ってみたうどんが抜群に美味しく「うどん屋やるかぁ?」となった
2 山の中で仕事をして昼になると、いくら讃岐とはいえうどん屋まではけっこう遠い。
そこで山小屋的発想で山の中に店を建て、林業従事者を相手にしている
3 大将は本当は人見知りの照れ屋さんで、地元の人にしか恥ずかしくてしゃべれない(笑)
とまぁいろんな案が出てきましたが、とにかく行ってみようということになったのでした (^^)

IMG20180526009_20180524233726b6b.jpg
しかしクルマ一台がやっとの細い道…
こんな先に本当にうどん屋があるのか?
その店、鹿か狸しか客がおらんのちゃうか?
不安をかき消すような会話が車内では続きます

IMG20180526010_20180524233728169.jpg
対向車にビビリながらもクルマは少し開けた場所に到着です (^^)

IMG20180526001.jpg
道はさらに細くなり、この先は軽トラでも厳しそうなほど細さ…
そんな場所でうどんののれんを発見したのですが
「なんでここで???」
秘境系うどん店は谷川製麺所や山内のように数店舗ありますが
それを狙ったのでしょうか
それとも「マーケティングリサーチやってない?」とか色々意見がでますが真相は闇の中です

IMG20180526002_20180524234420628.jpg
まぁとにかく食べてみないとわからんやんということで
ぞろぞろと店内へ向かいます
さすがに店内はウッディーで、いすテーブルはもちろん壁なんかも木のぬくもりが感じられるデザインです (^^)

IMG20180526003.jpg

IMG20180526004_20180525000030f11.jpg
メニューはそれほど珍しいものはないな…と思ってながめていたら
「釜かけ」という文字が!
もう少し暑い時期ですが、ここはいっちょ行ってみることにしました (^^)

IMG20180526007_20180525000033ce2.jpg
「かまかけ」
かけうどんの一種なんですが麺を水で締めていない釜から揚がったばかりの麺です
(普通のかけうどんの麺は一度水で締める)
食感は釜あげらしく、フワッとした感じ♪
この麺に腰を求めてはいけません
しかし目を見張ったのはダシで、澄んだ香りと味がするもの


(゚Д゚)ウマー!


次回は釜ぬきではなく、普通のかけうどんも試してみたいなと思う

IMG20180526005.jpg
もう一品は表の看板に書いてあった「ぶっかけ」
麺がシュッとしててキレイ
コシだって強いぞ
しかし何と言ってもこのお店の特徴は、その麺だろう
すなわち見た目より重いのだ
密度が高いのだろうか?だから重いのかな?
しかしコシはそこそこ強くて


(゚Д゚)ウマー!


麺の量もこころなしか多いような気がしましたが、「ごちそうさん」
2階がギャラリーになっているらしいので、お邪魔してみました (^^)

IMG20180526008.jpg
テーブルやイス等を中心に色々な小物まで作成されているようでした (^^)
少しだけ日曜大工好きな私には、その工具類は羨ましいものばかり♪
また来てみたい



『讃岐うどん いなもく』
香川県綾歌郡綾川町枌所西甲1420-3
087-878-0016
10:30~14:00
木曜定休

『讃岐うどん工房 草庵』@養父市八鹿

Posted by Wakky on 15.2018 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :養父市
こんばんは

但馬シリーズ第2弾です(笑)
前エントリーの『芒種』さんからさらに北上すること小一時間、
今回お邪魔したのは

IMG20180515001.jpg

IMG20180515012.jpg
公立八鹿病院の裏にある『草庵』さん♪
本場讃岐とはあまり近いとは言えない距離ながら本格的なうどんを提供するお店として個人的に好きなお店です \(^O^)/

IMG20180515003.jpg
知らなかったのですが、普段通りの営業ができてなかったようです
けど、もう大丈夫なようです (^^)

IMG20180515006.jpg
オーダーを済ますと店員さんがごまが入った可愛いすり鉢を持ってきてくれます
これでごまをすって待っていると…

IMG20180515011.jpg
私がオーダーした「野菜天うどん」(¥790)がきました (^^)
表面を野菜の天ぷらが覆いつくしています (゚o゚)
もちろんこれらは通し揚げなので熱々…
ですがダシに浸っていますのでサクサクではないのですが
言えば別盛にしてくれるかな?
個人的にはこっち(ダシに浸っている)の方が好みですが (^^)
麺も少し引っ張り出してみましたが、もちもちのつるつる♪


(゚Д゚)ウマー!


やたら固いだけのコシを称賛する意見もありますが、個人的には食べてて疲れない麺が好き♪
(麺のコシ=麺の固さ ではないと考えていますので)
コシがあるのに食べやすい麺というのは理想的であり、
毎日食べる身(主に讃岐の人)にとっては、食べてて疲れるのであればそのうち敬遠していくもんだとも思う

IMG20180515009.jpg
「野菜天ザルうどん」(¥890)
嫁とは野菜天がカブッてしまいましたが、それほど美味しいと思っているからです (^^)
麺は真っ白で美しい☆
ちなみにこのザルうどんは麺の量が多いらしく、400gとのこと (゚o゚)
麺はやはりモチモチ♪
そして冷たい麺だけにコシはより感じられ、シコシコだ♪
ちなみにこちらの天ぷらは別盛なのでサクサク \(^O^)/
衣がカラッとしているのが好みの人は、ザルの方が良いかもしれませんね
(冬なら釜揚げか)


(゚Д゚)ウマー!


野菜天ぷらの種類も多かったし天ツユも美味しかったぞ \(^O^)/
私のも含めてこれらがこの値段なのは嬉しい限り♪
夏なら日本海側への海水浴、冬ならカニ旅行の行き帰りにぜひお立ち寄りを (^^)



『讃岐うどん工房 草庵』
養父市八鹿町八鹿1853-3
079-662-7101
11:00~15:00
17:00~20:00(LOはそれぞれ15分前)
月曜定休(祝日の場合は営業)

『丸石食堂』@中央市場

Posted by Wakky on 25.2018 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市兵庫区
こんばんは

方言ではなく、その地方独特の言い回しというか
表現の方法があることはご存知だと思います
例えば方角を伝える時に、「〇〇の山っ側(かわ)」とか「△△の浜側」と言うことがあります
これは山側といえば北のことを言い
浜側は南の方角のことを言うのですが
私ら神戸で育った人間は北に山があり、南に海があることが浸透しており
道に迷って方向がわからなくなった時でも景色を見れば
「山があっちにあるから」とだいたい方角がわかることが多いのです
したがって山が見えない大阪の街の真ん中とか、三方を山に囲まれた京都なんかでは
方向感覚が失われ(笑)、一体自分がどっちにむかって進んでいるのかサッパリわからないことが多々あります
私が大阪を苦手な理由の最も大きな部分でもあります

さて、その地方特有の言い方の話ですが
とある地方で「雀のヒナ殺し」という言葉を聞いたことがあります
ちょっと物騒な言葉ですが、これは決して殺生をするということではなく
春らしく日差しが柔らかく気温も上がってきた早春に生まれた雀のヒナ…
そんなヒナが死んでしまうような、一度暖かくなってから再び来る寒波のことを言うんだそうです

その雀のヒナ殺しの寒さが再び神戸にやってきたとある日のこと
こんなけ寒いとやっぱり温かい物が食べたいなということになって

IMG20180424001.jpg
中央卸売市場にある『丸石食堂』さんへやってきました (^^)
暖簾がめくれ上がっていることからも風の強さがおわかりいただけるでしょうか?

IMG20180424002.jpg
こちらでは冷たいうどんを食べた記憶がないのですが
こんだけ寒いとやっぱり温かいものが欲しいですね
ということで

IMG20180424003.jpg
神戸っ子らしく「ぼっかけうどん」
それに天かすをトッピングしてもらいました (^^)
麺は細麺と太麺があるようなのですが、今回も細麺♪
牛スジ肉は柔らかくなるまで煮込まれていますし
何といっても天かすが入ったダシが秀逸 \(^O^)/


(゚Д゚)ウマー!



IMG20180424007.jpg
「割り込み」という玉子かけごはんもオーダーしてみました (^^)
この「割り込み」というネーミングも同店だけの表現かな?
食べ方はオーソドックスに醤油をかけ、かきまぜていただきました (^^)

IMG20180424008.jpg
嫁は「けいらんうどん」
「鴨肉入れる?」と尋ねられたので入れてもらいました (^^)
やはり寒い日にはあんかけのうどんが温まりますね
ショウガも体内から温めてくれますし、本当に寒い日には…


て、いつまで寒いねん!

もう4月でっせ… (+_+)



『丸石食堂』
神戸市兵庫区中之島2-1-2 2F
078-651-3738
早朝~昼すぎ(14:00頃?)
水曜と日祝定休と思う

『お食事処 美華』@湊川

Posted by Wakky on 03.2018 うどん   2 comments   0 trackback
Tag :神戸市兵庫区
こんばんは

ある日の夕方のことです
買いたい物があって湊川へ立ち寄った帰り道のことです
これから帰って食事の用意をしてたら遅くなるなーと嫁と相談した結果、
『美華』さんで食事をして帰ることにいたしました (^^)

IMG20180403004.jpg
夕方に来るのは初めてで
夜に営業されているのか不安でしたが
「8時までやってる」(おじさん談)らしいです
あんまりガッツリ気分ではありませんでしたので
私は「木の葉丼」をオーダーしてみました
オーダーを受けたおじさんは、やはり切り終えた材料を丁寧に並べてから調理にとりかかります
そして

IMG20180403003.jpg
ここで丼物は初めてだと思うのですが
玉子の半熟具合がベストに近い!
若干のりが多くて玉子に勝っちゃってますが
どこか懐かしい味で


(゚Д゚)ウマー!



ごはんの量も具材に対してちょうど良いバランス♪
これがなかなか難しく
ごはんが多いと味が全体に行き渡らないし
少ないと味が濃くなりすぎる場合もあります
でも絶妙のバランスだったなぁ♪

IMG20180403001.jpg
嫁は「鍋焼きうどん」
年季が入ったアルマイト製の容器が昭和世代を泣かせるじゃありませんか
涙のせいかピントもボケている(笑)

IMG20180403002.jpg
内容だって無意味な豪華さはなく
本当にシンプルの極みで好感が持てます
本来うどんというものは…という講釈は年寄りじみているので言いませんが(笑)
これは私の好みだ
ただ麺は鍋で煮られたにもかかわらずしっかりしていましたし
何といってもダシをきちんと取っていますので


(゚Д゚)ウマー!



これ、下町のお食事処とは思えないほど美味い♪
次はカレー系を試してみたいです


『お食事処 美華』
神戸市兵庫区荒田町2丁目18-20
電話、営業時間不明(~20時というのは判明)
月曜定休

『讃岐麺房 すずめ』@三宮

Posted by Wakky on 31.2018 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

3月も今日で終わり、明日からは4月…新しい年度となります
卒業や就職等で、人生が大きく変わる人もいれば
何も変わらずにそのままという方もいらっしゃると思います
そんな私が、変わりばえしないある日の食事ですが…

嫁と夕方に所要があった後のことです
当然のように腹はへっている
何か食べて帰ろうということになって

IMG20180331006.jpg
『すずめ』さんへやってきました (^^)
毎回思うのですが、あの角(どの角やねん)を曲がって
「道の看板が出てなかったり消灯してたらどうしよう?」
と不安になりながら来ることが多いのですが
多くの場合は杞憂に終わり、ちゃんと営業されています♪

IMG20180331001.jpg
セルフでおでんを取ります
もう大根は季節はずれなのか、この日はありませんでした
しかし大好物のじゃがいもがあって、すかさずGETです♪
でもその間にうどんを茹でてもらう作戦(けっこう時間がかかる)で、
ビールの前にうどんのオーダーは済ませておきました (^^)

IMG20180331002.jpg
オーダーは2人とも一番安い「かけうどん」  ○| ̄|_
なんかこの日はダシのうどんが食べたかったのよね~
だったらきつねうどんとかもあるじゃないかという意見には
「ごもっとも」としか答えようがない(笑)

IMG20180331005.jpg
しかし天かシストの私には、アゲは不要で
多くの天かすがあったらそれで幸せなのです (^^)
上の写真は天かすがダシを吸って、しな~っとなってきた状態で
私にとっては理想的なうどんなのです♪


(゚Д゚)ウマー!


最近、同店では定食系メニューが人気のようなのですが
私、頼んだことないなぁ
一回試そうかなぁ?と思いながらも毎回「かけ」
年度も変わることですし、次はオーダーも変えて定食系にチャレンジしてみようかな? (^^)



『讃岐麺房 すずめ』
神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮1F
(078)251-1319
11:00~14:00  
17:00~20:00
土曜定休


  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Calendar


We are Tigers


西宮市の税理士事務所と阪神

Access Counter

 TOTAL


現在の閲覧者数
:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Clock(NHK)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

秘密のケンミンSHOW

 

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Flash リバーシ

ボケ防止にどうぞ(苦笑)

number place

たまには頭使おうゼィ!(笑)

Mobile

QR