fc2ブログ
Loading…

『とんまる』@センタープラザ西館地下

Posted by Wakky on 06.2022 和食   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

今回も新たに発見したお店です
って言ってもOPENはずいぶん前で、私が行ってなかっただけなんですが…

IMG20220706 (1)
やってきたのは、『とんまる』さんという豚汁のお店です
仕事中に豚汁だけというのは少し物足らないのではないか?と思って敬遠気味だったのですが

IMG20220706 (7)
とん汁と玉子かけごはんのセットがある!
これならきっとお腹も満足できることでしょう

IMG20220706 (8)
使用している玉子が「蘭王」や「夢王」というブランド玉子らしく(私は知らなかった)、玉子が美味しけりゃええか…
さらにお米はたつの市の契約農家さんから仕入れているらしく、玉子とごはんがしっかり美味しいのなら間違いないかなと考えたのです
ということで店内の自販機で食券を購入し、席で券を出して出来上がりを待ちます

IMG20220706 (4)
玉子かけごはんようの醤油が3種類もあります
うち2つには「牡蠣」の文字が見えますので、牡蠣が苦手な私は必然的にかける醤油が決定いたします

IMG20220706 (3)
「とん汁と卵かけご飯」(¥760)
ごはんは大・中・小から選べる(値段は同じ)のですが、最初ということで中にでお願いいたしました
とん汁ですが、仕上げに豚肉をあぶってからの提供ということで表面に少し焦げ目があります
これが香ばしさを演出しているようです
他の具も大根をはじめ、にんじん、サトイモ、その他たくさん入ってて具沢山です



(゚Д゚)ウマー!



卵かけごはんも美味しい♪
これなら大が食べられる!
けど大にしたら卵がもうひとつ欲しくなるなぁ
追加料金払えば卵2個とかできるんだろうか?
そしたらとん汁の存在が霞んでしまうかw



『とんまる』
神戸市中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館B1
電話番号不明
11:00~16:00
木曜定休

スポンサーサイト



『肉の館 羅生門 本店』@垂水

Posted by Wakky on 04.2022   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市垂水区
こんばんは

関西も梅雨が明けて、連日熱い日が続いています
夏になると食欲が減退気味になる私ですが、少しバテ気味であります
ここらでいっちょ、焼肉でも食べて元気つけるか!となって

IMG20220604 (1)
訪れたのは垂水郵便局前にある『羅生門 本店』さんです
毎回ランチのクオリティの高さに大満足です♪

IMG20220604 (2)
この「和牛焼肉定食」が好きで毎回オーダーするのですが、今回もこれ♪

IMG20220604 (5)
ただし今回は「塩タン」を1人前だけ追加いたしました (^^)

IMG20220604 (14)
「和牛焼肉定食」(¥1,630)
肉は2種類くらいが混ざってたような気もしますが、前回は1種類のみだったように思います
ここらへんは在庫によって変わるのかもしれません

IMG20220604 (6)
ではさっそく焼いていきます
肉が熱々の鉄板の上に乗った時の「ジュ~」という音って、なんて素敵なんでしょう
これを書いている今もヨダレが出てきます
まずはタンで助走をつけて、次に肉を焼いていきます
食べるのに夢中で「焼肉オンザライス」の写真の写真を撮り忘れたのですが、それほどこのお肉が美味しかったということなんです



(゚Д゚)ウマー!



やっぱり焼肉食べると元気でるなぁ
これからの季節には必需品だな…と思います(私だけ?)
今週は台風も来るようですし、その後は暑くなることでしょう
焼肉食べて乗り切ろう!



『肉の館 羅生門 本店』
神戸市垂水区星が丘1-4-44
078-705-0001
11:00~22:30
第3月曜日定休

諏訪旅行 2 〜なぜ私は諏訪を目指したのか?〜

Posted by Wakky on 02.2022 旅行   0 comments   0 trackback
こんばんは

快適な宿のベッドで朝を迎えました

IMG20220702 (1)
建物の周囲をウロウロしてみると夜のうちに雨が降ったのか、建物の横を流れる川の水量が増えていたような気がします
そんなことをしているうちに朝食の時間となりましたので、会場へ向かいました

IMG20220702 (9)
昨夜と同じくバイキングです♪
あちこちのコーナーでお客の要望を受けて、忙しく対応してくださっています

IMG20220702 (8)
こちらではおにぎりを担当されています
具材も4種類ほどあって、好みのものを好きなだけ注文できました

IMG20220702 (10)
こちらではオムレツを焼いてくれていました

IMG20220702 (7)
ということで朝食です (^^)
かなり控えめに取ったつもりなんですが、それでも私の普段の朝食の数倍のボリュームです
やっぱり信州は野沢菜のはじめとするお漬物が美味しかったんですよ
それと昨夜も少し飲んだのですが、みそ汁!味噌!
美味しかったんです
ですから朝食はごはん(おにぎり)を中心とした和食をチョイスすることになったのでした

IMG20220702 (11)
順序的にどうか?と思ったのですが、時間の都合で朝食後に温泉へ向かいます
これで三湯すべてに入れたことになります
個人的には渓流露天風呂が広いしきれいし渓流のそばで眺めも良くて気に入りました
この宿は大浴場が3か所(うち2か所は男女入れ替え制)に分散されていましたのでお客の数の割にはそれほど混雑せず、どこもゆったりと入れたのが好印象です

IMG20220702 (3)
本当ならもう一泊くらいして、館内や周辺をゆっくり観光できれば良かったのですが宿を発つ時がやってきました
名残惜しかったです
これだけ満足できて宿泊料もけっこうリーズナブルだったことには驚きました
(一番安いプランでしたけど)

この日の天気予報は、15時ころから雨の予報…
屋根の無い場所から先に観光を始めることにいたします
宿を出て約30分、やってきたのは「星くずの里たかやま 黒耀石体験ミュージアム」という場所です

IMG20220702 (14)
「星くそ」って何?
こんな疑問を持たれた方もいらっしゃることでしょう
星くそは見た目から「星糞(=星の排泄物)」とも言われるらしく、正式名は「黒耀石(こくようせき)」と言われる岩石の一種で、縄文時代にこの地方で盛んに掘られたらしいのです
採取した黒曜石は鋭利な割れ方をするようで、ナイフや矢などに加工されて生活に欠かせないものだったようなのです
そんな石がブラタモリの番組では普通に道に散らばってるのが放映され、どうしても一度見てみたかったのでした
(別に岩石マニアとかではありませんけど)

受付で入園料(たしか¥300)を支払うと、星くそ峠まで行くか尋ねられました
行きたい旨を伝えると、熊除けの鈴(!)を貸してもらえます
カランコロンと鈴を鳴らしながら、片道3~40分ほど歩くのでトイレはここで済ますように言われます
また水分もここで自販機などで買って行くのもお勧めと注意を受け、くれぐれも熊に注意するように言われて出発いたします
(注意せよと言われてもなぁ…笑)

IMG20220702 (16)
ここから出発いたします
ヒールを履いていた嫁は、早々にリタイヤ宣言いたしました

IMG20220702 (17)
こんな山道をカランコロンと鈴を鳴らしながら歩きます
熊が出ませんように…

IMG20220702 (19)
途中から階段になります
酸素が薄いのと日頃の運動不足で息が苦しいです
汗もたっぷりかきました
ここで注目してほしいのは、所々の「土が黒い」ことです
この土が固まって黒曜石ができたのかな?と勝手に想像します

IMG20220702 (20)
落ちている黒曜石は持って帰ったらダメらしいです
その他注意書きを読んでさらに峠を上っていくと

IMG20220702 (21)
何かの建物が見えてきました♪
けどこれは学校の課外授業などで使う、屋根があるだけの建物でして冷たいアイスコーヒーやソフトクリームを売っているわけではありませんでした
入口では徒歩3~40分かかると説明を受けましたが、20分くらいで着いたように思います
この辺りから黒曜石が散見できるようになるらしいのです

IMG20220702 (22)
看板だけじゃぁな…と思っていると

IMG20220702 (23)
「残り105ヤードかぁ…」って、ゴルフ場で見かけるような番号の杭があちこちに刺さっているのを見つけましたが、これが掘った後?

IMG20220702 (25)
ぱっと見、掘った跡なんてわかりませんけど、なんしかそういうことらしいのです(違う?)

IMG20220702 (26)
ふ~んと納得したような、してないような感想でしたが、ふと足元をみてみると

IMG20220702 (27)

あ、これが星くそ?!

鋭く欠けた黒い石がそこらじゅうに散らばっていたのです
今でこそ小さな石ころくらいの大きさですが、かつてはもっと大きな石が採れたのかもしれません
でも石炭みたいだな…

IMG20220702 (29)
きらきら輝いててきれいです
ただし持って帰ったらダメなんです
ふもとの売店でストラップとかに加工されたものを売っていましたので、それを買い求めました

IMG20220702 (30)
建物がありました
一人では心細かったのですが、思い切って入ってみます
中に熊がいたらどうしよう…

IMG20220702 (32)
内部は地層を再現したような模型が展示してありました

IMG20220702 (34)
こんなに大きな黒曜石がゴロゴロ埋まっていたようで

IMG20220702 (35)
昔の人は鹿の角などを使って掘ったということを言いたかったようです
なるほど

IMG20220702 (37)
建物の周囲の土をよく見てみると

IMG20220702 (38)
星くそが無数に転がっていました
土が黒いからこういう石ができるのかしら?
この旅で第2のミッションを無事に終えた満足感…
熊に会わなくて良かった (^^)

IMG20220702 (40)
けっこう標高高いんだなぁ…
お天気はもう少しもってほしい…と願いながら星くそ峠を後にして次なる観光地へ

IMG20220702 (61)
諏訪大社へとやってきました
今年は数年に一度の御柱祭の年でもあるらしく、あちこちのお店でポスターを拝見いたしましたがごめんなさい、あまり興味がありませんでした
この諏訪大社も四社あるらしく、正式には参拝する順序があるようなんですが、時間の都合で私たちは本宮だけのお参りとさせていただきました

IMG20220702 (54)
これが御柱かぁ…
坂の上から木を落とすお祭りをテレビで見たことはありますが、あれは危ない(笑)ケガする

IMG20220702 (48)
この辺りは温泉がいたるところから湧いているのか、手を清める水も温泉だったのにはビックリ!
思わず「熱っ!」と叫んでしまったのでした

IMG20220702 (53)
背後の山自体がご神体ということで、大きなお社があるわけでもなく意外とこじんまりまとまっている印象です
私たちもお参りを済ませ、御朱印帳に記入していただけました (^^)

IMG20220702 (41)
でもなんとなく「神様がいらっしゃる」オーラが出ているような気がする、由緒正しき神社だったと思います
(旧諏訪国の一宮ですから当然っちゃぁ当然)

神社へと続く道を参道と言います
参道にはお土産物屋さんがつきものです(笑)

IMG20220702 (57)
ちょいとお土産物屋さんをのぞいて見れば…

IMG20220702 (56)
「おやき!」
大好きです
信州といえばおやき!ですよね
時間はちょうどお昼頃…
この後食事の予定はありますが、もう少し時間がかかりそうですので、ここでおやきだけいただくことにいたします

IMG20220702 (55)


(゚Д゚)ウマー!


途中のドライブインなどでも冷凍は売っていたのですが、帰宅時間が読めなかったのであきらめていたのです
食べられて良かったです (^^)

IMG20220702 (71)
続いてやって来たのは、タケヤ味噌会館という場所です
タケヤ味噌といえば有名な味噌メーカーですよね

IMG20220702 (69)
土曜日ですので工場はお休みでしたが、売店は開いてるようです

IMG20220702 (65)

IMG20220702 (64)
ここでしか売っていないお味噌もあるとかで買い求めました (^^)
一口に「味噌」といってもいろんな味があるんだなと再認識いたしました

IMG20220702 (67)

IMG20220702 (68)

IMG20220702 (66)
各種グッズや味噌を使ったおせんべいなども販売されていました (^^)

IMG20220702 (73)
その向かいにもある「諏訪湖間欠泉センター」という所へも来てみました
間欠泉とは、一定の時間毎に温水や蒸気を噴き上げる温泉です
が、コロナウィルスの影響で間欠を止めていますとのこと

「止められるんかーい!」

とツッコミを入れて去ることにいたします

IMG20220702 (76)
なるほど、水道管のようなものが見えるぞ(笑)

IMG20220702 (74)
でも諏訪湖ってなんか良いな…
ここらへんは温泉もあるし山(高原)もある
東京(新宿)へはJRの特急あずさがあり、名古屋へも容易に行けます
諏訪出身の人は諏訪に愛着があるんだろうな…と思いました
そんな諏訪湖をもう少し高い場所から見てみようと

IMG20220702 (79)
立石公園へとやってきました
諏訪湖が一望できます
地元のアベック(死語)には格好のデートスポットなんでしょう

この頃からいよいよ雨が降ってきました
私たちも北上し、少し遅めの昼食(もうおやつの時間ですが)をいただくことといたします

IMG20220702 (81)
JR塩尻駅へとやってきました♪
この駅は東京からの線路と名古屋からの線路が合流して松本や長野方面へつながる、重要な駅なのです

IMG20220702 (82)
駅には当然のように待合室があって

IMG20220702 (89)
その中には立ち食いそばのお店があります

IMG20220702 (90)
ダシが関東風の醤油が勝った感じなのですが、駅そばとは思えないくらいレベルの高いそばなのにはビックリ!
しかし驚きはそれだけではありません
わざわざ入場券を買って改札内へ入り、お店の裏側へまわると

IMG20220702 (83)
そこには(たぶん)日本一狭い駅そば屋さんが!

IMG20220702 (88)
店内全景です
どちらが表でどちらが裏なのかわかりませんが、改札外では普通の立ち食いそば屋さんですが、改札内ではこのように狭いお店となっていてその道では有名なお店なんです
再び食券を買い求めてそばをいただきます
が、たとえ夫婦でもコロナの関係で入店は一人だけだと説明を受けます

IMG20220702 (86)
やっぱり美味しいんですよね
お店の方いわく
「こっち(改札外」だったらご夫婦でゆっくり食べられるのに」
「いや、どうしてもこっち(改札内の狭い方)で食べたかったので・・・」
「あらそう、アハハ…」
おそらく麺は製麺屋さんからゆで麺を仕入れてると思うんですが、なぜこの後に地元のスーパーへ行って蕎麦を買わなかったんだろう?
気が付いたのは高速に乗ってから…(汗)
まぁそのうち来ることもあると信じてその時の宿題といたしましょう
ちなみにこの狭さの原因ですが、以前はもっと広かったらしいのですがエレベーターを設置しなくてはならなくなってこれだけの狭さになったんだそうです
これにて今回の旅の3つのミッションはすべてクリアできました
ではそろそろ帰路につくことにいたしましょう
なんしか約400kmあって、高速が渋滞しているかもしれません

IMG20220702 (92)
インターへ向かう途中、雲海(霧?)が見えました
本当に良い場所でした
また来たいと思います

IMG20220702 (93)
途中のサービスエリアで休憩しながら帰ることといたします
情報によると渋滞はないか、あってもわずかなようです

IMG20220702 (97)
山上にまだ雪が残っていますね
あれは駒ヶ岳かな?
この辺に千畳敷カールとかいうのもあって、いつの日か来てみたい場所です

IMG20220702 (98)
わりとスムーズに滋賀まで帰ってこれました (^^)
ここから家まではもう一息です
安全運転で帰りましょう♪

諏訪旅行 1 〜なぜ私は諏訪を目指したのか?〜

Posted by Wakky on 30.2022 旅行   4 comments   0 trackback
こんばんは

とある金曜日に有給休暇をいただいてかねてより懸案だった諏訪地方を旅行してきましたので、その様子をお伝えしようと思います
今回私が諏訪を目指した理由は、おおまかに3つありました
1 諏訪への道中にある店で蕎麦を食べること
2 ブラタモリ(NHKの番組)で見た「星糞(ほしくそ)」を見たい
3 塩尻駅で日本一(?)狭い駅そばを食べること
というものです
このエントリーのタイトルもブラタモリのをパクらさせていただきました(すんません)
長野県南部への旅行の計画はずいぶん前から温めていましたが、いかんせん雪が多いであろうと思われる場所ですので冬はパス…
梅雨の合間をぬって出かけることにいたしました

諏訪湖がある長野県南部へは、神戸空港から松本空港へ飛行機の便もありますが(2022年6月現在)、今回は途中で蕎麦店へ立ち寄るということもあり、片道約400Kmのロングドライブとなりますがクルマで行くことを決意したのです
めざす蕎麦店は途中の木曽福島駅が最寄り駅(と言っても駅から遠い)なのですがご主人の体調の関係で土日は営業されていないらしく、営業時間も短いようなのです
ということで金曜日に休暇をもらって出かけることになったのですが、到着が遅くなって食べられなかったら身も蓋もありませんので、余裕をもって朝6時過ぎに自宅を出発したのでした

余裕をもって出かけたはずですが、名神高速集中工事とかで愛知岐阜県境あたりで激しく渋滞しているようでした(滝汗)
そこで新名神でいったん四日市(三重県)方面を目指し、いったん名古屋市を南の方から通過して名古屋市東から中央高速道に合流するという遠回りを強いられたのです

IMG20220630 (3)
ということで恵那峡サービスエリアで何度目かの休憩をしてから木曽福島を目指すことにいたします

IMG20220630 (2)
恵那峡という渓谷も一度見てみたいし、馬籠宿や妻籠宿という旧中山道の宿場も見たいのでもう一度来ねばなりません(いつになることやら)

IMG20220630 (5)
高速道を中津川インターで降りて、あとは地道で木曽福島を目指します
鉄道地図を見慣れている私は、木曽福島といえば木曽川に沿って走る中央本線沿いと認識していましたが、中央高速道は中津川から長いトンネルで山脈をくぐってひとつ東を流れる天竜川に沿う(JR身延線に沿う)ようです
ということで中津川から約70キロ、お店の営業時間を気にしながら地道で向かいました
ただ距離は長いですが信号が少ない道でしたので、ナビが表示する到着予想時刻よりは早く着いたのでした (^^)

IMG20220630 (40)
やってきたのは「時香忘」さんという蕎麦店です
何年か前にテレビで、黒い蕎麦と白い蕎麦が一本になった麺を見て、「これは死ぬまでに一度食べてみたい」と強く思ったのです
その後ご主人の体調が思わしくないという情報もあってなかなか行けないでいたところ、この方この方が行かれたことを知ります
いても立ってもいられなくなっていたところにブラタモリの番組があって、「これはもう行くしかない」となったのでした
ただ遠方ですので営業時間に十分注意をし、絶対食べられるように出発したんですが、余裕がない到着となってしまいました

IMG20220630 (6)
これが入口?

IMG20220630 (8)
この長い廊下を通って

IMG20220630 (30)
クネッと曲がって

IMG20220630 (31)
さらに進むと

IMG20220630 (32)
ようやくお店の玄関にたどり着きます

IMG20220630 (14)
森の中に佇むお店ですが店内は近代的で、木曽にあるお店らしく木をふんだんに使った内装は清潔感もあってきれいでした (^^)
空席へ案内していただいてメニューを見ます

IMG20220630 (10)
お店の方いわく「限定の夜明け蕎麦は残り一食分しかございません」とのこと

IMG20220630 (13)

それやがな!

はるばるここへ来たのはそれを食べるためやがな!


残り一食だけ!
しかも「毎日は打ちません」とは危なかった~
何しに木曽くんだりまで来たのか根底から崩れるところでした
ということで夜明け蕎麦はマスト
残りは…

IMG20220630 (11)
もり蕎麦をおお盛り(このお店では大盛という表記ではなかった)でお願いすることにいたしました

IMG20220630 (17)
まず生ワサビがサメ皮のおろしと共に出てきます
ツン!と来るような辛さではなく、ほんのりマイルドに香るという感じでした
そばツユが2つあるのは、もり蕎麦のおお盛りに対応していただいたからです(多分)

IMG20220630 (18)
「夜明け蕎麦」(¥1,650)

IMG20220630 (20)
こんな蕎麦、見たことねえ!

IMG20220630 (21)
どうやって打ってるんだろう?
黒い蕎麦を白い蕎麦の生地の時に重ねて麺を切るとこうなるのでしょうか?
食感は異なる食感(片方がコシがあってもう一方はそれほど感じない)がとても楽しく、蕎麦の香りも強いんです
これヤバいです



(゚Д゚)ウマー!




IMG20220630 (22)
「もり蕎麦 おお盛り」(¥1,550)

IMG20220630 (23)
このテの蕎麦店ではお上品な量の場合が多いのですが、こちらはしっかりとした量でした(嬉)

IMG20220630 (24)
一本の麺の中に蕎麦粉が見えます
夜明け蕎麦に比べるとコシが強い印象です

サラッとしたインプレッションですが、どちらも今まで食べてきた蕎麦の中では一番ではないか?!と思えるほどの美味しさだったのです
蕎麦の香り、コシの強さ、そばツユ、ワサビのどれをとっても一級品!
これを超える蕎麦を食べることは生涯ないかもしれないと思えたのです
香川でしっぽくうどんを食べて涙された方を知っていますが、遠路はるばるということもあってこの蕎麦は本当に涙ぐむほど美味しかったのでした

IMG20220630 (27)
ポタージュ系のそば湯は何度か経験していますが、蕎麦の実がそのまま入ったそば湯は初体験です
これはもう「そば湯」ではなく、蕎麦の雑炊のような食べ物ではないか?と思ったのです
これは人生でダントツのナンバーワン!


『時香忘』
長野県木曽郡木曽町新開芝原8990
0264-27-6428
11:00~13:00
不定休(※食べログに記載してますからそれをご参照くださいと言われました)


高速の渋滞で、時香忘で蕎麦を食べられるか心配だったのですが、無事に食べられて後は余裕です(笑)

IMG20220630 (42)
ただ木曽の山中の道はガゲ崩れしている場所が多く、いたる所で工事をしていました
昨年の台風の影響なのかもしれません

IMG20220630 (46)
再び中央道に乗って諏訪湖サービスエリアで休憩いたします

IMG20220630 (44)
諏訪湖が見えて景色が良かったです (^^)
この後は翌日の天気をにらみながら臨機応変に行程を組むことにいたします
幸いまだ雨は降りそうにないように思えましたので、霧ヶ峰方面へ行くことにいたしました

IMG20220630 (52)
快晴ではありませんでしたが、まずまずの天気でした
たしかここは2回目か3回目…

IMG20220630 (55)
コロナの影響なのか、残念ながら「霧の駅」は営業を終えられてしまったみたいです

IMG20220630 (60)
それにしてもここは本当に景色がきれいですよね

IMG20220630 (69)
この日は残念ながら雲が多くて見えませんでしたが、条件が良ければ富士山も見えるようです

IMG20220630 (64)
そんな場所にある売店で「ただ物ではない」ソフトクリーム、買いました(笑)

IMG20220630 (67)
うん、美味しい!
しっかり牛乳の味がする!
しかも無料ではない!
ただ物ではないのは本当でした(笑)

IMG20220630 (73)
ここは車山高原というんだそうですが、本当に景色も空気もきれいで多くの方が訪れるのがわかるような気がします
キャンピングカーで来て車中泊しながらトレッキングの方も多かったのでした
六甲山系より雄大な感じがして、温泉もあってリゾート気分を満喫できたのでした (^^)

IMG20220630 (72)
ただ霧ヶ峰というだけあって霧は多かったです
ちなみに我が家のエアコンは霧ヶ峰だ(笑)
今夜の宿もこの近くで取りました
少し早めですが、温泉で汗を流すことにいたします

IMG20220630 (74)

IMG20220630 (75)
この日は「蓼科グランドホテル 滝の湯」さんにお世話になることにいたしました
温泉が充実してそうなのと、偏食の私には朝夕ともビュッフェがありがたかったのです
着いてみるといかにも昭和の宿って感じですが、内部はかなりリニューアルされており

IMG20220630 (94)
エントランスをはじめ

IMG20220630 (114)
カウンターや

IMG20220630 (115)
ロビーなどはかなりきれいでした
私たちもさっそく手続きをしてお部屋に向かいました

IMG20220630 (77)
お!きれいやん!

IMG20220630 (78)
洋服をかける押し入れのようなものは無く、このようなオープンスペースにかけるようです
また大型の壁掛けテレビなども珍しいです
なんでもリニューアルしたてのほやほやのようで、私たちが予約していた部屋よりアップグレードしていただいたとのことです(ありがとうございます)

IMG20220630 (83)
実は洋室って落ち着いて座る場所がないホテルが多いのですが、大きなソファーもありがたかったですし、クッションも固めで疲れなかったです
私たちは着替えてさっそく温泉へと向かいました

IMG20220630 (112)
順番が前後しましたが、部屋へ向かうエレベーターホールもきれいでした
温泉もこのフロアから向かいます

IMG20220630 (92)
温泉は建物が別棟になるようで、廊下を歩いて向かいます
このような渓流の上を渡って向かいました

IMG20220630 (107)
まだ日が明るいですので、渓流露天風呂へ入ることにいたします
残念ながら温泉を撮影することはできませんでしたが、詳細は公式HPをご覧ください
このお宿の自慢の温泉だと思いますが、川の流れる音を聞きながらのんびり湯につかって最高のひと時を味わいました
またこの温泉を含めて3か所大浴場がありますので混雑することなくゆったりと堪能できたのが嬉しかったです

IMG20220630 (108)
夕食後にはまた違う温泉に行きました (^^)
たくさんあって楽しかったです

温泉を堪能した後は夕食です
何度かお話したことがありますが、偏食の私たちにとって懐石料理は苦手なものを残すのも気が引けますし、最近では食べきれないことが多くなってきました
好きなものを少量だけ取って…の方が気が楽なんです

IMG20220630 (105)
ということでバイキング会場へとやってきました (^^)
とにかく会場が広くてライブキッチンが多くて臨場感があって活気がありました♪

IMG20220630 (101)
ローストビーフをカットしてくれたり

IMG20220630 (102)
お寿司があったり

IMG20220630 (103)
ピザに中華に、本当になんでもあるぞ
こんなに種類が多いバイキングは初めてかもしれませn
ということはよく見てから食べるものを取らないと、「あれも!これも!」と取っていたらエライことになるということです

IMG20220630 (98)

IMG20220630 (100)
ビールも頼んでお腹パンパンやん!
ご当地の旬の食材味覚で楽しむということはできないかもしれませんが、私たちにはこれで良いのです

IMG20220630 (109)
お腹パンパンになって散歩していたら、雨が降ったようでした
これも山の天気なのかもしれませんね
食事の後はもう一度温泉を堪能して、早めにやすみました (^^)



『そば処 たつ乃』@湊川

Posted by Wakky on 28.2022 そば   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市兵庫区
こんばんは

今回も湊川市場へ買い物に出た時の昼食です
だんだんと気温が上がって来てるこの季節…
私は熱さに弱いのか、気温が高いとめっきり食欲が落ちてしまうのです
ということでサラサラと食べられるものが希望…ということで

IMG20220628 (1)
『たつ乃』さんへとやってきました (^^)
うどん・そば・丼物があり、気取らない普段使いできるお店で、しかも美味しくて安いんですから重宝いたします

IMG20220628 (6)
私は「おにぎり定食」(¥670)
大好きなハイカラそば(うどん)+おにぎりでお腹的にも満足できる内容なんです
麺ももちろん美味しいのですが、なんと言ってもダシが好きなんです
おそらくちゃんと取られているのでしょう



(゚Д゚)ウマー!



お値段以上(ニトリか!)の内容に大満足♪
しかもお腹一杯です (^^)

IMG20220628 (8)
嫁は「田舎そば」
なんやそれ?と思って見たら、具だくさんのぶっかけそばのような感じでした
たまご、かつおぶし、だいこんおろし、ねぎ…
嫁の好きなものばかりです♪
しかも麺の素性が良いのでしょう、これまた美味しいダシと相まってぶっかけスタイルでいただくのですが、これまた旨い!

夫婦そろって好きなメニューがあって、しかもリーズナブルで美味しい♪
私たちにとって、また市場で働く人だちやご近所にお住まいの方たちにも重宝されているお店のようでした
きっと私たちもまた来るでしょう



『そば処 たつ乃』
神戸市兵庫区東山町3-7-12
078-511-3314
11:30~19:30
金曜定休

『洋食のエース』@センタープラザ西館地下

Posted by Wakky on 26.2022 洋食   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市中央区
こんばんは

仕事の日の昼食のことです
かつて在籍していた上司なんかは「食べるのが面倒くさい」という理由で、出勤時にコンビニでパンを買ってきてお昼になると自席でもぐもぐ食べるという食事をされていた人もいましたが、あれは「食べるのが面倒」ではなくて「忙しくて食べに出る時間が惜しい」からではないか?と思うのです
私は、そこまで仕事に入れこまれへんなぁ
どっちかといえば食事優先だ(笑)
だからあの方は出世されたんだろう…と思っています

ということである日のお昼です
昼食優先の私ですが、そんなに時間もかけられませんのでサササッと食べられるものを…と厳選したのは

IMG20220626 (2)
センタープラザ西館地下にある『エース』さんへとやってきました (^^)
前回食べてみて、美味しいという印象が強かったのです
しかもオープンカウンターで食べるというスタイルが、時間をかけずにサササッと食べたい時にはピッタリのように思えたのです

IMG20220517 (3)
メニューはこんな感じです
エビフライがそれほど得意でない私がチョイスできるのは、ハンバーグととんかつの「Aランチ」か「チキンカツ」「ローストンカツ」と限られてしまいます
たまにはサーモンフライとかも食べないとあかんやろな…と思いながらも口から出た言葉は「Aランチ」

またかい!

だって好物が2つの組み合わせってなかなか捨てきれないんだもん
けど次は違う物を試してみようと思っています

IMG20220626 (1)
忘れてましたけど、こちらは「キャッシュオンデリバリー」制…
食べ終えてからお会計ではなく、先に代金をお支払いするシステムでした
最近このシステムを散見するようになりましたが昭和世代におっさんにはまだまだ馴染みがなくて、言われてから慌てて財布をごそごそするという情けなさ…(脇汗)
そこを何とか乗り越えてようやくオーダーしたものが目の前にやってきました♪
ハンバーグはコロッと丸く、とんかつはカラッと揚がっています
こちらのハンバーグはふわふわとした食感が特徴で私の好みなんです
そして泣けるのが水分少な目に仕上げられたナポリタンスパゲティです
個人的には盆と正月が同時に来たようなメニューで、しかもデミソースも美味しいのですから最高です♪



(゚Д゚)ウマー!



こういうのを食べられる幸せ…
私は「食べるのが面倒」だなんて、この幸せを知ってしまっていますから一生言えそうもないな(苦笑)
次は別のものを、サーモンフライを試してみたいと思います(覚えてたら)



『洋食のエース』
神戸市中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館B1
11:00~20:00
不定休

『うどん処 かわせみ』@西鈴蘭台

Posted by Wakky on 24.2022 うどん   0 comments   0 trackback
Tag :神戸市北区
こんばんは

あろ休日の午前、あることが原因で多量の汗をかいたのです
水分を補給して体力回復に努めたのですが、疲れが取れません
そんな中迎えたランチタイム…
まだ体温が高く感じて身体中が熱い…
こんな日はざるうどんくらいしかのどを通りません(ピンポイントでメニュー指定してるやん!)
そこで久しぶりに西鈴蘭台の『かわせみ』さんへ行くことにしたのです

IMG20220622 (9)
ということでやってきました 
客層は地元の方が多いようで、お店の方と顔なじみの人が多かった印象です

IMG20220622 (1)
うどん単品の他にもセットメニューも数種類あるみたいですが、私はざるうどん!
熱くてあまり食欲がなかったのですが、やはり大盛にしておくべきでしょう(だから太るねん)

IMG20220622 (8)
「ざるうどん 大」
ピカピカでシュッとした麺が特徴です
特に讃岐うどんのお店と名乗っていないように思うのですが、麺のコシは強いのです



(゚Д゚)ウマー!



薬味にショウガを使われていますし、讃岐の香りがプンプンする美味しいうどんでしたので、私の疲れも吹き飛んだのでした

IMG20220622 (6)
嫁は「はいからうどん」をオーダーしていました
注文に際して「いつもならきざみうどんとか頼むのに珍しいな」と思っていたのです
しかし出てきたはいからうどんは、私のハイカラうどん感」という常識を覆すようなネギの大きさ…、かまぼこ…
ハイカラうどん=素うどんに天かすを入れただけの質素なうどんという概念を覆されたのです
立派やん!

IMG20220622 (4)
さらに別におでんを頼んでいて、この中からすじ肉をうどんに入れて「ぼっかけはいからうどん」にしようという作戦だったようです
なるほど、きざみうどんを頼むとアゲが被るので「はいからうどん」にした作戦だったのか…
おでんの大根が素晴らしい色をしていて見るからに美味しそう♪
これをアテにビールを飲んだら美味しいんだろうな…
熱かったから特にそう感じたのかもしれませんが、あいにくクルマなので飲めません
けど一度はためしてみたいなぁ(一日潰す覚悟で)
さてはいからうどんですが、やはり麺は強いのですが温かいダシですので良い具合にモチモチになったのは発見でした
これ、旨いやん!
ダシもちゃんと取ってらっしゃるんでしょうというのが伝わる美味しさ♪
大手チェーン店の手軽さも良いですが、こういうちゃんと仕事されているのが伝わる町のうどん屋さんも良いですね



『うどん処 かわせみ』
神戸市北区北五葉1-5-8
078-594-5138
11:00~14:30
17:30~20:30
火曜日定休じゃなかったかなぁ?

  

Profile

Wakky

  • Author:Wakky
  • 神戸在住の私の日常の食べ歩き。
    平日は三宮近辺、休みの日は郊外に足を伸ばしたりしてします。
    ただし味覚音痴&ボキャブラリー不足なので、ウマーとしか書けませんが(^^)
    いろいろとご意見ご希望等おありかと思いますが、こんな文章しか書けませんのでヨロシク☆
You need to upgrade your Flash Player.

Access Counter

現在の閲覧者数:

Search(In This Blog)

無料ブログパーツ

Tigers News

Archives

Knight Rider

■■■■■■■■■■■■■

これ、あんまり意味ねーじゃん(笑)

Mobile

QR